大前研一の名言|他国のエリートビジネスマンの生活に触れることは非常に意味がある

このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカやドイツなどのエリートビジネスマンほど非常に意識が高い。彼らが普段、どのような努力をしていて、時間の使い方はどんな工夫をして、家庭とはどう向き合っているのか――。リンクトインなどを通してそうしたことに触れるのはビジネスマンにとって非常に意味があるだろう。


大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

生物学を学ぶとわかるのが、世界のあらゆるものが「流れている」ということなのです。私たちを構成する分子はやがて空気中に流れ出していって、次には海の一部になるかもしれないし、岩の一部になるかもしれない。生物とは、そうした流れの中にできた一瞬の淀みのようなものです。

独自性などそれほど明確に確立できるものではないのです。流用、真似が創作の基本と考えても良いくらいです。しかし「表面づらをそのまま真似するな」ということです。「見たままをコピーするな」ということです。

現在、我が社の関連会社はいろいろの業種も含めて50社を超える。またそれらは今後さらに巨大化する方向が予想されるので、私はこれらの企業運営にリモートコントロールする必要を感じている。それには適材を適所に配置して常に最高の資料を持ち、全部をくるめた共存共栄の大きな一体=電化コンツェルンにまとめ上げたい。

滋賀県高島市で環境共生型のお米作りをプロデュースしています。化学肥料、化学農薬を使わず、ビオトープや魚道といった共生策を実施するなどの取り組みにより、多くの生きものが育つ田んぼになりました。その「物語」と「品質」に共感、支持くださる消費者が増え、毎年、あっという間に完売します。

現在当社の事業は「機械」「検査用試薬」「サービス」の3つです。今、粗利益率を見ると、試薬とサービスが7~8割、機械が3割ぐらいです。これが我々のモデルの特徴です。医療機関が困るのはどういう時か。決して機械を買う時ではありません。買ってから動かして、それがダウンした時です。検査機器からのデータが入ってこないと、医療そのものが止まってしまうわけですから。ですから我々のコンセプトは、サービスによってダウン時間をいかに短くするかなんです。

僕の人生のモットーは、「その時間をいかに楽しく過ごすか」というひと言に尽きる。僕はいつも、そのためにどうするかを考えながら生きている。

「無常観」とは、どんな災害が起ころうと、すべて「想定内」と受けとめて対処する、そういう心の持ちよう。

ページの先頭へ