大前研一の名言|他国のエリートビジネスマンの生活に触れることは非常に意味がある

アメリカやドイツなどのエリートビジネスマンほど非常に意識が高い。彼らが普段、どのような努力をしていて、時間の使い方はどんな工夫をして、家庭とはどう向き合っているのか――。リンクトインなどを通してそうしたことに触れるのはビジネスマンにとって非常に意味があるだろう。

大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

勉強する目的は、一生分のお金を稼いでセミリタイアしたいでも、外資系企業のカッコイイオフィスで働きたいでも何でも構いません。大切なのは、そうなりたいと心の底から思えるものであることです。

自分を分析して、辛い時ほど力が出るようなところがあります。ただ、火事場は逃げずに乗り越えられても、平時に前進するのは難しいと実感しました。

ビジネスセミナーのテープを聞きながら走っていると、時間対効果も高まるので、忙しい現役のビジネスマンにもお勧めです。

当社は市場も現場も9割が海外なので、ともかく海外に行ってみないことには話になりません。そこで、大卒社員の場合、入社4年目までに必ず全員が海外に行く機会を持てるようにしています。

わが国のEC市場では、欧米に比べてまだまだ特定の分野に特化した専門サイトが少ないので、アマゾンや楽天ではできない専門サイトならではのきめ細かいサービスを提供しながら、まずは3年後に売上高10億円を目指したい。

夫婦の時間を大切にすることも、習慣といえば習慣です。奥さんとご飯に行く予定があるときは、何を食べに行くか、どこに行けば話が盛り上がるか、お互いにちゃんと考え、話します。奥さんとの間では交換日記を長い間続けています。日々あったことやお互いの嬉しかったこと、不満などを綴っていきます。現在、10冊目に達しました。

最初の2年はベンチャー企業の立ち上げのような激務で常にイライラしていた。経費のムダを見つけると大声で怒鳴るようなありさまで社員も辞めていった。そんな精神状態で思いつくアイデアなどひどいもの。考えるほど固定概念が邪魔をして浮かばなくなった。

寝る時間が不規則になるのは、仕事の都合もありますので仕方がないんですが、ただ、起きる時間を常に一定にしていれば、自分のペースが保てます。それに、朝4時に起きて1日過ごせば、絶対に眠くなりますから、寝付けないということがないんですね。僕は俗にいうB型の人間なんです。だから、自分のペースでものごとを進めたほうが調子がいい。

どんなに計画を立てても、大小様々な予想外のことが起こり、予定通りに事は運ばない。その都度、対処するしかない。つまり、「日々一所懸命に、超お客様第一主義で頑張り続ける」姿勢こそが経営には求められます。

自分がやれるのは、次の世代に造船技術を伝えることです。財産は残せなかったけど、考え方なら息子をはじめ生き残った気仙沼の人に伝えられる。それも仕事と思っています。

ページの先頭へ