大前研一の名言|デジタル化した世界で現在生き残っている日本企業のほとんどが「部品屋」ないし「素材屋」

セイコーよりもシチズンの営業利益が多いのは、主として時計よりもモジュールが強いからだ。デジタル化した世界で現在生き残っている日本企業のほとんどが「部品屋」ないし「素材屋」である。今やデジタルの王者であるサムスンといえども、日本の部品、素材を使わなければ成り立たないが、この領域では日本は圧倒的な強さを誇っている。

大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

問題は、失敗と判断したときに「すぐに撤退」できるかどうかだ。

柳井正の名言|問題は、失敗と判断したときに「すぐに撤退」できるかどうかだ


事業の要はスピードです。私だけでなく、全社を挙げて事業のスピードにこだわりを持ち、仕事に取り組んでいます。

加藤久統の名言|事業スピードにこだわることの重要性


大学生の頃は、ベンチャー経営者はあこがれの職業ではありませんでした。豪邸や高級外車を自慢している怪しげな経営者が多かったし、メディアも面白がってそういう人を扱っていた時代。それより電通やリクルートのような会社がカッコイイ存在であり、大学生の目には経営者はただのおじさんにしか見えなかった。そこで、みんなの憧れの存在になる会社をつくるという方向に頭を切り替えました。

藤田晋の名言|みんなの憧れの存在になる会社をつくる


順繰りなんですよ、プロレス界は。新陳代謝がよくないと、どんどん廃れていく。だから棚橋も、いつまでもスターでいてはいけない……すごく残酷な話ですけれど。新しくプロレスファンになってくれた人の中には、既に棚橋のチャンピオン時代を見たことのない人もいるんですよ。猪木・馬場のチャンピオン時代を知らない人がいるのと同じ。時代は、移り変わっていく。

棚橋弘至の名言|新陳代謝がよくないと、どんどん廃れていく


実際に実験したことがありますが、いくら素晴らしいタイトル・内容でも、多くの人に同じメールを一斉送信するより、一人ひとりに合わせて少しずつ変えた文面にして少数の人に送る方が、反応は圧倒的に大きい。

高橋フミアキの名言|一人ひとりに合わせて変えた文面にして少数の人に送る方が、反応は圧倒的に大きい


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ