大前研一の名言|デジタル化した世界で現在生き残っている日本企業のほとんどが「部品屋」ないし「素材屋」

セイコーよりもシチズンの営業利益が多いのは、主として時計よりもモジュールが強いからだ。デジタル化した世界で現在生き残っている日本企業のほとんどが「部品屋」ないし「素材屋」である。今やデジタルの王者であるサムスンといえども、日本の部品、素材を使わなければ成り立たないが、この領域では日本は圧倒的な強さを誇っている。

大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

「今」を見つめ、大事にすることは、企業の成長に欠かせません。朝令暮改も恐れず最善を尽くしたい。

先を読むポイントは、個別の変化をつかむだけでなく、大局観を持つことです。それには歴史を勉強し、日頃から知識を積み重ねていくしかありません。事業でも投資でも、これらなくして成功をつかむことは無理でしょう。

社長就任当初、厳しい状況が続いていた。だが常に前を向いて経営にあたり、免税品の販売という競争力あるビジネスモデルを確立できた。

日本の消費者は、商品の新しい面をいつも望んでいる。

「自分はこうなりたい」という夢に固執すると、そうなれなかったときの落ち込みがひどくて、精神衛生上良くありません。「これも運命だ」と引き受けるほうが、ずっと生きやすくなるのではないでしょうか。

「より多くの貢献をする人により多くのチャンスを与える」など、経営理念で掲げていることは世界で共有して守らなければなりません。経営理念に基づく世界共通の土台の上に、柔軟な人事体系を作っていくことが喫緊の課題となっています。

悩みを解決しようと思うと、その悩み用の教科書を探すんです。本屋へ行くと、「これがもしかしたら、今の自分の課題を解決してくれるかもしれない」なんていう理論に出合うことは、よくあるんですよ。

優秀な上級マネジャーは時に部下を厳しく指導する。部下を成長させることは会社の成長につながると分かっているからだ。本当に部下のことを考えているからこその行動で、どうでもよかったら優しいだけの上司になる。

年齢が邪魔して若い人が能力に見合った仕事を得られないのはおかしい。現在の日本は若い人にチャンスを与えなさすぎるとは思います。

座学とは読書をするとか講演会やセミナーに出席して知識や見識を養うことです。そのメリットはものごとの原理原則や本質を体系的に学べることです。私はよく「1日4度の飯を食え。1度は活字の飯を食え」と言いますが、将来会社の経営陣入りを目指すなら、経営学も勉強しておくべきでしょう。

ページの先頭へ