田中良和の名言|成長の陰には、社員一人一人の継続的な努力がある

企業というのは、たまたま1年うまくいくことはあっても、10年も20年も偶然は続きません。成長の陰には、社員一人一人の継続的な努力がある。

田中良和(GREE) の経歴

田中良和、たなか・よしかず。日本の経営者。GREE創業者。東京出身。日本大学法学部政治学科卒業後、ソニーコミュニケーションネットワーク(のちのソネットエンタテインメント)に新卒第一期生として入社。経営戦略、サービス企画、海外事業支援や交渉などの実務を経験。その後楽天に移り、楽天オークション、ブログ、アフィリエイトプログラム、プロダクトレビューなどの企画・開発に貢献した。同社勤務中、趣味としてSNSのGREEを開設。GREE開設から約2年後楽天を退社し、同社の経営に集中した。同社はマザーズに上場したのち、東証一部上場を果たした。当時東証一部上場創業者の最年少記録を更新した。フォーブス日本版の日本の富豪の40人中24位にランクインを果たした。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

急速に普及したSNS(交流サイト)などを通じて、これまでいろんな会社が隠すことのできたビジネス上の嘘や無理が、消費者に簡単にバレてしまう時代になっている。

心に音楽を持たず、美しい音の調和に心動かされない者は反逆、暴動、略奪にこそ向いてはいるが、その精神の動きは夜のように鈍い、その情愛は暗闇の冥界のようだ。そういう人を信用してはならない。

人と関わるうえで一番大切なのは、義理、人情、恩返し。頭文字をとって僕はGNOといっている。

いままでコストという認識であった物流を、価値を生み出す手段に変える「バリュー・ネットワーキング」構想に取り組んでいます。国内では、羽田のほかに、関東の厚木と中部、関西にそれぞれ新しいコンセプトの物流拠点を築き、それらを結ぶことによって、より迅速で効率的なサービスを実現します。グローバルも、沖縄国際物流ハブを軸に海外と日本との距離をさらに近づけていきます。今後は、ヤマトグループのネットワークに新たな価値を載せていくことで、時間の短縮やコストの削減、品質の向上につなげていきたいと思っています。

自分のことを覚えてくれているのは、誰でも嬉しいものです。お客様との距離はぐっと縮まり、それがほかの会話にもつながっていきます。

自分は子供の頃からプロを目指して野球をやってきて、新卒でベースボール・マガジン社に入社しました。最近になって、当時の思いがふと蘇るときがあります。自分の原点は「スポーツに関わることで、スポーツを通じて世の中の人たちに夢や希望を与えたい」という思いです。そこで、新たにスポーツビジネスへ挑戦したいと考えるようになりました。今までにないスポーツのインターネットメディアをつくりたいと、切にそう思っています。

人間こそ人間にとって最も興味あるものであり、おそらく人間のみが人間に興味を感じさせるものであろう。

多くの人は名刺を名前や会社名の五十音順で整理しているでしょうが、デジタル時代の今、その整理法にはあまり意味がないと思います。名前や会社名を覚えている人の名刺は、デジタルデータ化してしまえば、検索機能を使ってすぐに見つけられるからです。問題は、「名前や会社名を思い出せない相手の名刺をどう探し出すか」です。そのために、私の場合、名刺をもらったら、その日のうちに日付のスタンプを押しています。使っているのはシヤチハタ「Xスタンパー」の回転日付印。ポンポン押すだけなので、手書きで日付を書き込むより簡単でスピーディーです。なぜ日付を入れるのかというと、一番思い出しやすいのが「いつ会ったか」という情報だからです。

古い話になりますが、私が終戦を迎えたのが中学3年生でした。東京で育って、東京で空襲を受けたわけですから、東京は何もない。住居もなければ食べ物もない。仕事もないし、教育も何もないということで、とにかく国民が前を向いて必死に生きるしかなかった。終戦から72年が経ち、世の中はガラリと変わってしまいましたけれども、全てがゼロからの出発だった。それを忘れてはいけませんよね。

ビジネスのルールは変わりました。男性目線だけではもう限界。今や女性目線が欠かせません。大量消費の時代は、市場をリサーチしてマスに向かって宣伝すればモノがどんどん売れました。これは論理的に正解にアプローチする男性的なやり方です。しかし、近年は消費者の好みが多様化して、はっきりした正解がありません。今求められているのは、一つの正解を前提とする男性的な思考より、「これが素敵」「あれもいい」と多様な共感を示す女性的な感性です。

ページの先頭へ