三品和広の名言|思い切ってリスクを取る経営を

リスクを冷静に計りながら、思い切ってリスクを取る経営ができなければ、強さを再び手にすることも難しい。

三品和広 の経歴

三品和広、みしな・かずひろ。日本の経営学者(経営戦略・経営者論)。一橋大学商学部卒業、一橋大学大学院商学研究科修士課程修了、ハーバード大学文理大学院博士課程修了。ハーバード大学ビジネススクール助教授、北陸先端科学技術大学院大学先端科学技術調査センター助教授、同大学院知識科学研究科助教授、神戸大学大学院経営学研究科助教授・教授などを歴任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

優れた経営者、企業リーダーは、強い意志とそれを支える哲学と行動力をもっておられるが、その所以はとぎれることのない闘志と研鑽の積み重ねにある。

最初は耳を疑いました。まさか自分が支配人に選ばれるとは、夢にも思いませんでしたから。私が選ばれたからには、それなりの理由があるはずだと思ったんです。一晩あれこれ考えてみて、私の使命は、私と同世代の女性を劇場に連れてくることではないか、と思い至りました。

事業で一番大切なのは、信用できる人物を得て取り締まりの手を省くという事にある。番頭や手代が商売しながら取り締まりの事も兼ねるのは、大工と普請奉行と二役を勤めるのと同じことなのだから、たとえ給料を高くしても主人にとってはるかに得であり、結局、双方共に利益となるであろう。

最近の若者は競争を好まないと言われていますが、当社には逆に競うことが大好きな人材が集まっています。そんな会社になることができたというのが結果的には良かった。悪い意味での安定志向の人材が入ってくると、会社は弱くなります。

お客様が無理な値引きを要求してきたときは、「これ以上予算を削ると、アフターフォローが十分にできません。すると御社との良い関係が築けません」と言い、「私はそれは望みません。お客様とは末永くお付き合いしたいです」と真摯な姿勢で伝えましょう。

師匠や先人から学ぶことも有益だろう。しかし、操り人形であってはならない。あくまで助言として参考にして、自分の信念を持たないと、先人やコーチ以上に強くはなれない。

最近の研究によると、思いやり/共感型リーダーシップは、より強く、よりモチベーションの高い集団を作り、さらにリーダー自身の「燃え尽き症候群」を防げることが明らかになっています。

いまの上司が嫌だと、同僚に愚痴をこぼし横の関係にばかり依存しても問題は解決しません。上司との関係に悩む部下は、たまには昔の上司と飲みに行って、相談してみてはどうでしょう。いまの部署の上司や先輩と、インフォーマルな関係を築いておくのも将来、役に立つことかもしれません。

怖い、不安だと言っていても何の対策にもならないし、だからと言って見ないふりをしていると、いざ何かが起きたとき、真っ逆さまに下流に転落してしまいます。今、何の問題もないとしても、「自分は大丈夫」という慢心は捨ててください。高収入家庭の落とし穴は「油断」なのです。

福祉活動は人に認められようと思ってすることでもないし、自慢することでもない。だいたい、自分でもやった端から忘れていきます。先だっても、以前ぼくがグランドピアノを寄付したという養護施設の園長先生がいらしたんです。ぼくにはそんな記憶がいっさいなくて、「それは人違いだ」と言ったのですが、贈呈式の写真を見せられたら、写っていたのは紛れもなくぼくだった(笑)。

ページの先頭へ