外尾悦郎の名言|ガウディの意図

このエントリーをはてなブックマークに追加

どんな時代にも職人たちの現場には、技術やその伝統を守らなければ自分たちの価値がなくなってしまうのではないかという不安が存在します。しかし、なぜガウディはサクラダ・ファミリア教会の仔細な設計図を残さなかったのかを考えると、伝統を守ることや技術の伝承が大切なのではなく、時代ごとに人々への深い愛情を表現していくことが、この壮大な建築物をつくり続ける目的なのだということが理解できます。


外尾悦郎 の経歴

外尾悦郎、そとお・えつろう。日本人彫刻家。バルセロナのサグラダ・ファミリア教会主任彫刻家。福岡県出身。京都市立芸術大学美術学部彫刻科を卒業。同大学非常勤講師を経て、バルセロナに渡りガウディの建築、サグラダ・ファミリアの彫刻に携わる。バルセロナのサグラダ・ファミリア主任彫刻家となった。著書に『バルセロナ石彫り修行』『バルセロナにおいでよ』『ガウディの伝言』ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

モチベーションアップのセオリーは「個人の達成願望×コミットメント」です。「自分はこれを成し遂げたい」という願望と、どれだけ自分が関与するかの掛け算によって、その人のモチベーションの高さが決まる。ですから上司は、「チームでこんな夢を実現しよう」とビジョンを語り、そのために自分は何ができるかを部下一人ひとりに考えさせることが必要です。

メールを読みにくくする要因として、堅苦しい挨拶や格式ばった文章に、肝心の内容が埋もれてしまっていることがあります。ビジネスメールにおいては「結論は先に書く」のが基本原則。なるべく冒頭で、メールの一番の目的である伝えたい用件から書くように心がけましょう。

当社の製品は、月額料金制のためお客様に末永く使っていただく必要があります。買いきりではないからこそ、顧客満足を高めなくてはなりません。顧客の声を聞き、使い勝手の改善や機能追加などのバージョンアップを繰り返し、サポートに注力する理由も、すべては顧客満足を高めるためです。

頭がいい人や技術的な能力が高い人、才能が旺盛な人はいくらでもいる。しかし、そこで勝ち残っているのは、間違いなく肉体が強い人だ。

アメリカに居れば、圧倒的多数を占める現地メンバーや取引先の協力が不可欠であり、それには、自らアメリカ的な発想や、行動をとれることが何よりも大切です。どこへ行っても、現地の人々との関係を結びながら、目標達成のための物語を描ける。それがグローバル人材です。

すべての人から学ぶという姿勢でいます。

最終的には、その人が本気かどうか、全力で走り続けているかどうか。そこに尽きると思います。

ページの先頭へ