外尾悦郎の名言|ガウディの意図

このエントリーをはてなブックマークに追加

どんな時代にも職人たちの現場には、技術やその伝統を守らなければ自分たちの価値がなくなってしまうのではないかという不安が存在します。しかし、なぜガウディはサクラダ・ファミリア教会の仔細な設計図を残さなかったのかを考えると、伝統を守ることや技術の伝承が大切なのではなく、時代ごとに人々への深い愛情を表現していくことが、この壮大な建築物をつくり続ける目的なのだということが理解できます。


外尾悦郎 の経歴

外尾悦郎、そとお・えつろう。日本人彫刻家。バルセロナのサグラダ・ファミリア教会主任彫刻家。福岡県出身。京都市立芸術大学美術学部彫刻科を卒業。同大学非常勤講師を経て、バルセロナに渡りガウディの建築、サグラダ・ファミリアの彫刻に携わる。バルセロナのサグラダ・ファミリア主任彫刻家となった。著書に『バルセロナ石彫り修行』『バルセロナにおいでよ』『ガウディの伝言』ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

人間をつくるということは、仕事を任せるということ。

若い人たちは、自分の持っている可能性になかなか気づかないことが多いものです。たまたま日本しか知らなかった。たまたまこの社会しか知らなかった。そのせいで、自分の可能性を限定してしまいがちです。視野を広げ、世界に目を向けて欲しい。

習慣を継続するには周囲を巻き込みつつ行なうのも良い方法です。中間管理職の人なら、部下の健康管理も仕事の一部と考え、始業時間前に体操の時間を入れたり、飲み会の席で「揚げ物よりまずは野菜から注文しよう」と提案したり、といった方法がお勧め。自分の意識が高まるのはもちろん、職場全体の健康状態の向上や仕事の効率アップも図れます。

知識をつけることは、行動の始まり。
行動することは、知識を完成させること。
行わなければ、知っているとは言えない。
知っていても、行わなければ、知らないのと同じである。

1円を粗末に扱わないことも大切でしょうが、そこに注力するくらいならもっと効果のある節約手段を考えるか、もしくはもっとお金を稼ぐ方法を考える方が合理的。

構造改革とは、組織に内向きのものですので、縮小均衡に傾きがちです。大規模な構造改革に一応の目途がたった現在、次の成長戦略へ向けて、社内の意識を変えていく段階に入っています。

経営者は、単に新たな施策を自社に導入することに注力するのではなく、その新たな枠組み(パラダイム)をまず構築し、その中で新たな試みや施策を導入することが必要になる。経営者の仕事の重要な部分が、自社の社員がものごとを解釈するパラダイムの管理と変革ともいえよう。

「投資」そのものが危険なのではない。危険なのは、ろくにファイナンシャル教育も受けずに投資に手を出す「投資家」だ。常識的に言って、免許も保険もなしに車を運転する人はいないのに、お金の運用となると、無免許・無保険に近い無謀な行動に出る人が多い。

新事業でうまくいくのは10のうち3つくらいだろう。だが、不振だからといってやめてしまえば、何十年か後に会社を支える柱がなくなってしまう。目先の収益のために投資や研究開発を絞らざるを得ないとすれば、それはメーカーにとっては危険な兆候だ。

経営人材はいまの日本に限らず、どの国のいつの時代でも、最も希少な経営資源なのです。その理由もシンプルで、育てられないから。

ページの先頭へ