外尾悦郎の名言|ガウディの意図

どんな時代にも職人たちの現場には、技術やその伝統を守らなければ自分たちの価値がなくなってしまうのではないかという不安が存在します。しかし、なぜガウディはサクラダ・ファミリア教会の仔細な設計図を残さなかったのかを考えると、伝統を守ることや技術の伝承が大切なのではなく、時代ごとに人々への深い愛情を表現していくことが、この壮大な建築物をつくり続ける目的なのだということが理解できます。

外尾悦郎 の経歴

外尾悦郎、そとお・えつろう。日本人彫刻家。バルセロナのサグラダ・ファミリア教会主任彫刻家。福岡県出身。京都市立芸術大学美術学部彫刻科を卒業。同大学非常勤講師を経て、バルセロナに渡りガウディの建築、サグラダ・ファミリアの彫刻に携わる。バルセロナのサグラダ・ファミリア主任彫刻家となった。著書に『バルセロナ石彫り修行』『バルセロナにおいでよ』『ガウディの伝言』ほか。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

未来の成功している姿をイメージし、その時の資本構成を考えて、そこから逆算してくることが大切。

磯崎哲也の名言|未来の姿から逆算する


これまでは、大学や研究機関、大企業などが中心となって活用されてきました。しかし今後は、SACLAなどの最先端の施設を活用できるようなしくみを作り出し、産業界全体で幅広く製品開発などに活かされるようにしていくべきでしょう。それが日本の産業に新たな活力をもたらすと期待しています。そういう意味で、SACLAも京も、日本の国力だと思っています。
【覚書き|「京」はスーパーコンピューターの名称、「SACLA」はX線自由電子レーザー施設の名称】

山本正已の名言|最先端の施設を産業界全体で活用する


今、私が技術志向でモデルを作り、社長が工場の製造を、設備投資を含め全て見るという形で役割分担をしています。私は技術開発に自分の仕事を特化しており、「他の仕事はやらないよ」とみんなに言っています。

西藤彰の名言|役割分担が重要


僕は自分自身のために登る。僕自身が祖国となり、僕のハンカチが国旗となるからだ。

ラインホルト・メスナーの名言|僕は自分自身のために登る


僕は子供の頃、親と一緒の部屋で寝ていました。するとおふくろとおやじが夜、年末の資金繰りを話し合うんです。うちは大丈夫かと思うことが何度もありました。これが僕の原体験です。今は皆さんサラリーマンで、毎月毎月、同じ額の給料が入ってくる。これは現実のビジネスとは違います。会社はいつ潰れるか分からないし、店だっていつ閉店するか分からない。そういう現実感が希薄になっている。

柳井正の名言|会社はいつ潰れるか分からない


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ