外尾悦郎の名言|異邦人だからできること

このエントリーをはてなブックマークに追加

ガウディはサクラダ・ファミリア教会の仔細な設計図を残しておらず、模型や弟子たちが作成した資料などもほとんどスペイン内戦で消失し、わずかな資料を頼りにガウディの設計構想を推測するといった形で建設が進められています。構想のヒントを探るために誰もがガウディばかりを見ている中で、異邦人である私はもがき苦しみながら1つの答えを見出しました。それは「ガウディが見ていた方向を見よう」とすることです。彼が見ていた方向とは、自然への深い志向です。日本人が厳しい自然との共生の中で長い年月をかけて手に入れた知恵や心構えを、彼は一生のうちに理解し、その大切な教えをサグラダ・ファミリア教会という教会建築を通して人々に伝えようとした。それを感じ取ることができたことが、私の仕事の質やレベルを一気に高め、評価されたのだと思います。


外尾悦郎 の経歴

外尾悦郎、そとお・えつろう。日本人彫刻家。バルセロナのサグラダ・ファミリア教会主任彫刻家。福岡県出身。京都市立芸術大学美術学部彫刻科を卒業。同大学非常勤講師を経て、バルセロナに渡りガウディの建築、サグラダ・ファミリアの彫刻に携わる。バルセロナのサグラダ・ファミリア主任彫刻家となった。著書に『バルセロナ石彫り修行』『バルセロナにおいでよ』『ガウディの伝言』ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

すべてのことを一人でできる者は、百人いても一人もいないものだ。主君は、このことを心得ておくべきだ。

今までにないものをつくる企業では、社員一人一人の創造性をつなげていくことが大切です。そこで私は社名に「連合」という意味を持つ「アライド」という言葉を付けました。「テレシス」は、知的にものごとを考えて前に進むというギリシャ語です。一人一人の創造性を連合して前進する、これが社名の意味です。

いまの官庁などは人間が組織に使われているが、我々の方は人間が組織を使うのだから組織は小さくてもいい。では組織は無用かというと無用じゃない。最小限度に使う。法律でも規制でも人間がしっかりしておれば最小限度で済む。私の会社は小さい組織だ。

何かするにしても継続しないとダメ。

私の一生は、そのまま私の仕事履歴であって、華やかな遊びも道楽もなかった。他人からは仕事気違いのようにいわれることもあるが、これは仕方のないことである。気楽なことをしていたのでは、とても今日の成功を見ることはできなかっただろう。

缶コーヒーブランドの「ワンダ」を再生するための調査は、私の着任以前から行われていました。それで明らかになったのは「缶コーヒーの4割以上は朝飲まれている」ということです。皆で知恵を出し合った結果、「だったら、朝飲まれる缶コーヒーをつくろう!」という結論に達しました。4割の市場をつかむために、6割の市場を捨てるということです。なぜそのような決断ができたのかというと、私たちには後がなかったからです。
【覚書き|債務超過寸前のアサヒ飲料経営再建時代を振り返っての発言】

「伝えたい気持ち」を強く持てば、頭で思い出さなくても、話している途中で自然と大事な内容が言葉として出てきます。それが分かってからは、原稿の丸暗記はしていません。

ページの先頭へ