外尾悦郎の名言|異邦人だからできること

このエントリーをはてなブックマークに追加

ガウディはサクラダ・ファミリア教会の仔細な設計図を残しておらず、模型や弟子たちが作成した資料などもほとんどスペイン内戦で消失し、わずかな資料を頼りにガウディの設計構想を推測するといった形で建設が進められています。構想のヒントを探るために誰もがガウディばかりを見ている中で、異邦人である私はもがき苦しみながら1つの答えを見出しました。それは「ガウディが見ていた方向を見よう」とすることです。彼が見ていた方向とは、自然への深い志向です。日本人が厳しい自然との共生の中で長い年月をかけて手に入れた知恵や心構えを、彼は一生のうちに理解し、その大切な教えをサグラダ・ファミリア教会という教会建築を通して人々に伝えようとした。それを感じ取ることができたことが、私の仕事の質やレベルを一気に高め、評価されたのだと思います。


外尾悦郎 の経歴

外尾悦郎、そとお・えつろう。日本人彫刻家。バルセロナのサグラダ・ファミリア教会主任彫刻家。福岡県出身。京都市立芸術大学美術学部彫刻科を卒業。同大学非常勤講師を経て、バルセロナに渡りガウディの建築、サグラダ・ファミリアの彫刻に携わる。バルセロナのサグラダ・ファミリア主任彫刻家となった。著書に『バルセロナ石彫り修行』『バルセロナにおいでよ』『ガウディの伝言』ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

問題を解決するだけの提案なら誰でもできる。競合に真似されない提案をしたければ、問題をさらに掘り下げて、顧客自身もまだ気づいていない課題をつかみ、それを解決する提案を練る必要がある。これが本当のソリューション営業ではないだろうか。

経営者は1人でもやり抜かないといけない。一番厳しい決断は自分以外にできない。そこから逃げている経営者は大半が退場しています。

私がいままで出会った億万長者は、キレたり、語気を強めたりする人がほとんどいなかった。感情がしっかりコントロールできているのでしょうね。だから、ビジネスでも冷静な判断が下せるのでしょう。

二足のわらじを履いている以上、「負け」は自分だけの問題で終わらない。女流棋士は弱い、と批判されることにまでつながってしまうことも考えられるので、予想以上にプレッシャーになっていました。
【覚書き|女流プロ棋士でありながら奨励会に加入していた時期を振り返っての発言。】

無心でひたすら成すべきことを一生懸命やっていると、「それっていいよれ」と思う人が集まってくる。一方、「こう言えば、相手が喜んで近寄ってくる」などの作為が見えると、人は用心して構えてしまう。

企業には必ずクレド(信条)がある。経営理念や行動指針、ミッションと呼ばれることもあり、その企業が大切にしている信条を言葉にまとめたものだ。マクドナルドのマニュアルには、あらゆる仕事に関して「何を、どんな手順でやればいいのか」だけでなく「なぜそのやり方が最善なのか」という行動の背景や理念も説明されている。その結果、マクドナルドが大切にしているルールをクルーが自然に会得していく。

上司から「あの件、どうなった?」と質問されるようでは黄色信号です。イライラが相当溜まっているかもしれません。そんな上司を安心させて仕事をスムーズに運ぶためには、うるさいくらいに報告するくらいでちょうどいいのです。

フリーは最も低いコストで最も多くの人に作品を届けられる方法であり、試し読みが役目を果たすと、「上級」版を購入する人が出てくるだろう。本をアトム(物質)の形で持ちたいと望み続ける限り、読者は紙の本に代金を支払い続けるのだ。

メンタルを強くしたいなら、中長期的に目指すものを真剣に探すべきだと思います。自分なりの大義があれば、どんな仕事でも頑張れる。

何事もスピードを大事にし、即断・即決・即実行。間違いがあれば躊躇せず「朝令朝改」。

ページの先頭へ