本田宗一郎の名言|日本一になるなどと思うな。世界一になるんだ

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本一になるなどと思うな。世界一になるんだ。
【覚書き|ホンダが東京に進出したとき社員に向かって言った言葉】


本田宗一郎 の経歴

本田宗一郎、ほんだ・そういちろう。日本の経営者。自動車メーカーホンダの創業者。高等小学校卒業後、自動車修理工場のアート商会に丁稚奉公として入り、6年の勤務ののちのれん分けを受け、故郷の浜松で独立。その後、本田技研工業株式会社を設立し二輪車の研究をスタートさせる。ホンダを世界的企業へと育て上げた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

「疾風に勁草(けいそう)を知る」という言葉がありますが、困難なときに、初めて本当の強さが分かる。

私は人生の時間は三等分したほうがいいと考えています。「仕事をする時間」「睡眠や食事、休息の時間」「遊ぶ時間」です。一般的には仕事と休息、オンとオフというように二分して考えがちですが、「遊び」と「休息」を区別して、仕事も含めそれぞれ3分の1ずつがいいと考えています。

企業の経営統合で何より怖いのは、ひとつの企業の下に2つの企業文化が根づくことです。いびつな環境が統合後の社風となれば、それこそ改革は難しい。

商談のときに上司の決裁が降りなかったと断られたら、その担当の方に、「部長は何とおっしゃっているのですか?」と尋ねてみましょう。「部長は値段が高いといっていました」という答えなら、それはそのまま、その方の本心を表わしています。「部長」というフィルターを通すことで、言いづらい内容もこちらに話しやすくなるのです。こうして気づかないふりをして相手の本音がわかれば、それに対して解決策を探ることも可能になります。

勉強会などに参加すると、世の中には、優秀な人がたくさんいることを痛感させられます。上には上がいる、怠けてはいられないぞ、とアドレナリンが体内を駆け巡ります。

稼いでいる人たちの多くは、お金を擬人化して、あたかも自分のパートナーであるかのように語ります。彼らにとって、お金は単なる交換の手段ではなく、人生を豊かにしてくれるよきパートナーなのです。

需要があるから、それに対してモノを供給するのではなく、需要がなくても需要を創り出す。

ページの先頭へ