渋沢栄一の名言|社会の恩恵に報いることが大切

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分が手にする富が増えれば増えるほど、社会の助力を受けているのだから、その恩恵に報いるため、できるかぎり社会のために助力しなければならない。


渋沢栄一 の経歴

渋沢栄一、しぶさわ・えいいち。日本資本主義の父と称えられている幕末から昭和の実業家、武士。武蔵国(現:埼玉県)出身。藍玉と養蚕を家業とする半農半商の家庭に生まれ、幼少より商売と論語をはじめとする中国古典を学ぶ。横浜の外国人居住地焼き討ちなどを計画するも実行直前で説得され取りやめる。幕府に目を付けられ故郷を離れ京都に向かう。平岡円四郎の推挙により徳川慶喜の家臣となり、慶喜の弟昭武の付き人としてヨーロッパに留学。帰国後は、大蔵省に入省。度量衡、国立銀行条例などの制定に尽力。退官し、サッポロビール、王子製紙、日本郵船など数多くの企業設立に携わる。日本の株式制度設立に尽力。初の民間銀行第一銀行創設者。渋沢財閥設立者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

まず期限を見極め、そこから逆算して、成果につながる仕事に集中しましょう。

『論語』は食べ物みたいなものです。同じ食べ物でも、若いころと年を取ってからでは味が違う。美味しいときもあれば、まずいときもある。でも、命をつなぐためには、美味しくてもまずくても食べねばならない。食べたら儲かるとか、何か得をするという理由で食べている人はいません。『論語』も同じです。

一見小さなイノベーションの積み重ねが顧客満足度を高め、この電車に乗ってみたいな、あの沿線に住んでみたいなという魅力づくりにつながっていくのです。企業競争力の源泉と言っても過言ではないでしょう。

大企業から小企業へ転職して、給料は一時的には下がったし、大企業に比べて知名度のない会社で営業面で苦労しました。でも「将来起業する」という目的があったから乗り越えられた。皆さんも働く目的を再確認してみて下さい。

コミュニケーション下手な人、仕事がうまくいかない人は、自分のことしか言わない。自分を主語にして考え、それを絶対と思ってしまいがち。

主張を通すためには説得力が必要です。関係者全員の意見までを一致させる必要はないけど、意図や機能については理解してもらえるよう、言葉をつくして納得や合意に漕ぎつけるのも、デザイナーとしての大切な仕事なのではないでしょうか。

これまで私は様々な事業に携わってきました。その結果を通じて私が実感しているのは、経営においてリーダーとスタッフの責任は8:2くらいでリーダーの方が重いということです。スタッフが自分の仕事に100%の力を発揮できないのは、そのような環境をつくれないリーダーに責任があります。

ページの先頭へ