坂本孝の名言|成功するまでやり抜くだけの話

失敗したらどうしようとか、失敗した場合の引き際をどうしよう、などと心配する必要はありません。成功するまでやり抜くだけの話です。初心を貫徹する覚悟で臨むことが大切です。

坂本孝 の経歴

坂本孝、さかもと・たかし。日本の経営者。「俺のイタリアン」などを展開する「俺の株式会社」、古書店チェーン「ブックオフ」創業者。山梨県出身。慶應義塾大学法学部卒業後、父が経営する精麦会社に入社。その後独立し、オーディオショップを設立するも失敗。中古ピアノ販売、化粧品販売などを経て、50歳でブックオフを設立。同社を大きく成長させた後、会長を辞しバリュークリエイト(のちの俺の株式会社)を設立。未経験の外食産業に参入し「俺のイタリアン」「俺のフレンチ」などの繁盛店をつくった。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

サラリーマンの余興だけは「負けるが勝ち」が適用されると思う。決してあんなもので勝っちゃいけませんよ。

スタッフも成長し、モチベーションを高めなければお店は成り立たないと思ったときに実感しました。「これは子育てと一緒かな」と。悪い点があれば怒ったり、たまにはおだててみたり、主婦だからこそできる育て方があるのではないかと気づいたんです。

「忘れ物」を防ぐなら、まずは持ちもの自体を減らすことが必要。品数が少ないほど管理が簡単で、注意力も行き届くからです。「ないと絶対に困るもの」だけに絞り込んで持ち歩くのがコツです。それでも忘れてしまう場合は、「持っていかざるを得ない」状況を作ること。たとえば私は、その日絶対に忘れてはならないものを「靴の上」に置く、ときには「靴の中」に入れておくようにしています。

ショックから立ち直るのに一番手っ取り早いのが、行動です。簡単なのが新聞紙を丸めて、椅子の座面などを思いっきり叩きます。このとき「この野郎!」「バカヤロー!」と大声で叫ぶとよりスッキリします。泣きたいときは、声を出して思いっきり泣いてください。良識のある大人ほど、感情を抑えがちですが、そうするとショックが尾を引くので要注意です。感情は何かにぶつけて発散させた方がいいのです。

株式投資は、リターンが大きい反面、リスクも高く投資資金が半分になることも珍しくありません。長者番付上位の常連で世界的に有名な投資家であるウォーレン・バフェットですら、これまでに自分の資産を半減させたことが4回もあるそうです。みなさんもそういう目に遭う可能性は十分にあります。日常生活に支障を来さないように、半分になっても生活に影響のない余剰資金で株式投資を行うようにしましょう。

20~30代は、専門性を身につけ、自分の強みとなる領域を作ることが大切です。1つのことを深く理解することで洞察力が身につくだけでなく、深く理解した領域との比較によって、他の領域を理解しやすくなる。

人は誰でも自分の頑張りを評価してもらいたいと思っている。短所よりも長所を見ることを大事にすると、まわりの人との関係はかなりいい方向に変わる。

この世で一番不幸な人とは、自分の仕事に満足していない人だ。

現地法人のトップを見ていると、本社を含めた関係者と密に情報共有している人は、的確な意思決定をして業績を伸ばしています。そういう人材を私は「ブリッジパーソン」と呼び、育成に特に力を入れています。

名刺で仕事をするな。

ページの先頭へ