渋沢栄一の名言・格言|リーダーの資質

このエントリーをはてなブックマークに追加

男はいかに丸くとも、角(かど)を持たねばならぬ。金はボロに包んでも金だが、石は錦に包んでも石。


渋沢栄一 の経歴

渋沢栄一、しぶさわ・えいいち。日本資本主義の父と称えられている幕末から昭和の実業家、武士。武蔵国(現:埼玉県)出身。藍玉と養蚕を家業とする半農半商の家庭に生まれ、幼少より商売と論語をはじめとする中国古典を学ぶ。横浜の外国人居住地焼き討ちなどを計画するも実行直前で説得され取りやめる。幕府に目を付けられ故郷を離れ京都に向かう。平岡円四郎の推挙により徳川慶喜の家臣となり、慶喜の弟昭武の付き人としてヨーロッパに留学。帰国後は、大蔵省に入省。度量衡、国立銀行条例などの制定に尽力。退官し、サッポロビール、王子製紙、日本郵船など数多くの企業設立に携わる。日本の株式制度設立に尽力。初の民間銀行第一銀行創設者。渋沢財閥設立者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

金貸しが努力してきた点は認めよう。しかし、その努力も古臭い伝統の枠から抜け出るものではなかった。信用の破たんに直面して、金貸しはもっと貸し出しを増やそうと提案するのみであった。偽りの指導に従うよう国民を誘導していた利益の誘惑が通用しなくなった時、金貸しは口先でごまかそうと信用を回復するよう涙ながらに訴えた。利己主義者の世代のルールしか知らない人たちなのだ。ビジョンはなく、ビジョンがなければ国民は滅ぶしかない。
【上記は大統領就任演説より。ブラックサーズデーからはじまる株式大暴落後の経済不況中に大統領就任した。上記金貸しは株式大暴落を起こした投機家、機関投資家たちのことを指している】

我々が生きている世界は、○か×かのデジタルな世界ではない。どちらでもない部分のほうが多いのです。例えばある研究者が一生かけて何かを探求し ようとしたとします。結局、彼の人生は一生かけても欲しいものを手に入れることはできないかもしれない。でも彼は盲目的に探していくわけではないですよね。どこかで欲しいものに近づいていると思うからこそ彼は生きていくのではないでしょうか。

パワフルであるということは女性であるということと同じようなものです。もし、自分で自分がそうだって言わなくてはならないようなら、そうではないということです。

アートは私の精神生活を満たし、どの分野でも年齢に関係なく観察し、理解し、楽しみ、健全な考え方を持たせてくれる私の暮らしの源になっています。

栄誉とは実際に闘技場にいた人々のものである。価値ある人とは批評家ではない。強い者がいかにつまずいたか、あるいはもっとうまくできたかを指摘する者でもない。

企業経営の心は現場で支える従業員の苦労を知ること。

少子化に歯止めを掛けるためには、家庭を築いて、子供を育てていくという責任ある喜びや楽しさを若い世代に教えるべきだ。

ページの先頭へ