竹内一正の名言|どんな商品も、世に出した瞬間が価格が最も高く、時間とともに下落する

このエントリーをはてなブックマークに追加

どんな商品も、世に出した瞬間が価格が最も高く、時間とともに下落する。ピークを過ぎれば過剰設備となり、経営を圧迫してしまいます。


竹内一正 の経歴

竹内一正、たけうち・かずまさ。日本のビジネスコンサルタント。岡山県出身。徳島大学大学院工学研究科修了。米国ノースウェスタン大学客員研究員、松下電器産業(のちのパナソニック)、アップルコンピュータ、日本ゲートウェイなどを経てメディアリング社長を務めた。その後、ビジネスコンサルタントとして執筆などを行った。著書に『スティーブ・ジョブズ 神の交渉力』『心に火を付ける名経営者の言葉』ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

怒りは悪。怒りは生産性を下げ、人間関係を壊し、不合理である。怒らない経営で実際に結果が出ていることは、うちの業績を見てもらえば分かる。

大慌て予防にもリスト化は効果を発揮します。何から手を付けるか決断できずに呆然とするくらいなら、頭の中を整理し、リストの上から順番に仕事を片付けていけばよいのです。

今の時代において何を善とし何を悪とするかと尋ねられれば、人に対して、その人の好まないことを仕向けないのが善であり、それと反対の行為が悪であると答えよう。

会議などで自分が一生懸命考えてきたアイデアを上司や同僚から否定されたときほど、「いままでの俺の苦労はなんだったんだ……」と思う瞬間はないでしょう。しかし有能なビジネス・エリートはそんなときでも、ムキになって論争したり、批判、中傷、攻撃などで相手を傷つけることはありません。反対意見を出されて攻撃されても、サラリとかわす、味のある説得術を心得ています。

他社のやっていることをしっかり観察し、反面教師からも幅広く学び、自社でも経験を多く積んで深く学べば、それがイノベーションの実現につながります。

まずは作業を細分化して、はじめだけでも手をつけるといい。これをスモールステップの原則と言います。「家を全部片付ける」というような大きな目標を立てると、いつまでもできません。「この部屋だけ」とか「机の上だけ」とか、確実にできる小さな目標を決めて実行することです。

武器の用法を習得せず、それぞれの武器の利点をも知らないというのは、武士としては少々嗜みの浅いことではないか。

ページの先頭へ