ピーター・ドラッカーの名言|業績を上げる最大のカギは責任感

このエントリーをはてなブックマークに追加

業績を上げる最大のカギは責任感である。権威や権限ではない。


ピーター・ドラッカー の経歴

ピーター・ドラッカー。米国の経営学者。マネジメント研究の第一人者。日本では死後もなお、経営者に高い人気を誇っている。オーストリア・ウィーン生まれのユダヤ系で、ナチスからの迫害を恐れイギリスを経てアメリカへ移住。イギリス時代にケインズの講義を直接受けている。父はウィーン大学教授のアドルフ・ドラッカー

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

自分流ばっかりだと、型にハマった考え方しかできなくなる。むしろ、優柔不断になって人に流され、「じゃあ、試してみるか」とフットワークの軽いほうが、新しい出会いに恵まれる。それが自分の中に新たな知識や経験を与えてくれて、仕事にも生きてくるんじゃないかな。

現場で働いている皆の顔が思い浮かぶとき、この大切な日々の現場を守らなければという気持ちが強くなります。カウンセリング1st.にしても、社長が言ったから変わるのではないんです。現場が心底納得し、そうしたほうがいいと思うから変わるのであって、会社を支えているのは最前線にいる一人一人なのです。

僕の場合、学生時代に友人と様々な建築を見に行ったことが、後々役に立ちました。一緒に見に行くと、建築批評を交わしますよね。自分が「この建築ってすっげえ面白い!」って言うと、「え、どこが面白いの?」って聞き返される。そこで「それはね……」と熱く語る。こうやって、言葉を使って自分の考え方を、面白く伝える鍛錬をしていたわけです。この時、先生などではなく、レベルが近い友人と見て回るのが大事です。先生だと一方的に話を聞く形になりがちですが、友人なら知識や経験も近く、双方から意見が出て、議論が生まれます。ビジネスパーソンも、同じだと思いますよ。例えば食品関係に勤めている人なら、一緒に食事に行って、意見を交わせばいい。この鍛錬を積極的にしている人としていない人とでは、最終的にものすごく差がつきます。

試合相手を知らずにテニスの試合に出たりしないように、市場で何が起きているかテストしない、改善しないでは結果が得られるわけがない。

議論を経た先に、最後はリーダーの判断があるわけですが、私は、いまの時代に一人で何でも決めるというリーダーシップが有効なのか疑問があるのです。

違う言語を知ることで、日本語の良さを知り、見直すきっかけにもなった。何事も、一生勉強です。

他の人が使う敬語に違和感を覚えても、いちいち目くじらを立てたり、軽く見たりしないことも大切。その奥にある気持ちを素直に受け取るのが大人のマナー。

ページの先頭へ