ピーター・ドラッカーの名言|業績を上げる最大のカギは責任感

業績を上げる最大のカギは責任感である。権威や権限ではない。

ピーター・ドラッカー の経歴

ピーター・ドラッカー。米国の経営学者。マネジメント研究の第一人者。日本では死後もなお、経営者に高い人気を誇っている。オーストリア・ウィーン生まれのユダヤ系で、ナチスからの迫害を恐れイギリスを経てアメリカへ移住。イギリス時代にケインズの講義を直接受けている。父はウィーン大学教授のアドルフ・ドラッカー

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

今は高学歴社会になりましたが、学校教育だけでなく、家庭教育もやはり大切ですね。「三つ子の魂百まで」という言葉もあるように、幼い頃の教えも大事です。昔は子だくさんで、兄弟、姉妹間で、もまれながら育ちました。いじめられたり、反対にかばってもらったり。父親や母親に叱られても、おばあちゃんが慰めてくれたりもしました。でも今は、一人っ子が多いし、核家族も多い。環境はずいぶん変わりました。


資格を取得しても、会社の仕事に直接役立つことはほとんどありません。向上心から勉強がしたいのなら止めませんが、「資格を取れば専門性が高まる」などと期待をしてはいけません。それよりも、目の前の仕事に真面目に取り組み、成果を出すよう努力していれば、心配しなくても、必要な程度の専門性は得られるはずです。


大使というのは、わりと注目してもらえるので、積極的に相手国の催し物に顔を出して、シンポジウムで発言をして、いろんなレベルの人たちと知り合いになれるのです。問題が起きなければ、最終的に使わない人脈かもしれませんが、それはそれでいいのです。でも何か起きた時に、機敏に動けることが重要です。


どの企業も過去にうまくいったから、将来もうまくいくと思ってしまうリスクがある。そうならないような努力が必要だ。


一番モチベーションが上がるのは、達成確率が五分五分のときだとポジティブ心理学の研究でも判明しています。


当社は人事業務部門のITコンサルティングに強みを持つ会社です。政府が「働き方改革」を進めていますが、実現のために企業の人事部の知恵が求められています。その業務に注力できるように、定型的な業務を人間に代わって処理するソリューション「HRRobo」など、テクノロジーの活用を提案しています。これが「働き方改革」実現に向けての第一歩になるのではないかと考えています。


読者の反応などどうでもいいと思っていると、ますます売れなくなる。それに、買ってくれた誰かに、読み終えて「面白かった」と思わせることができなかったら、次回作はもっと売れないでしょう。


親を大事にしない人が大成したためしはありません。会社で親といえば、創業者。だから創業者である石橋信夫の言葉や教えを伝統的に活かしていきたいと考えてきました。ただ、それだけです。


最新鋭の医療機器導入に積極的な理由は2つあります。ひとつは地域医療の拠点として最高水準の医療を行うためで、もうひとつは優秀な医師を集めるためです。最先端の医療機器を導入することで優秀な医師が全国から集まります。


自分がしゃべることより人と会話を滞りなくつなげて、場を和やかに保っていくということが重要。


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ