細谷功の名言|大事な場面でもプレッシャーを感じないようになるには

このエントリーをはてなブックマークに追加

プレッシャーというのは、「失敗したらどうしよう」という心理とほぼ同一です。ですから、上位目的が明確で、「今回のプレゼンが失敗しても、また別の手段があるさ」と考えられる人は、大事な場面でもそれほどプレッシャーを感じないでしょう。


細谷功 の経歴

細谷功、ほそや・いさお。日本のコンサルタント。神奈川県出身。東京大学工学部卒業後、東芝を経て、アーンスト&ヤング・コンサルティングに入社。製造業を中心に、製品開発、マーケティング、営業、生産等の領域の戦略策定、業務改革プランの策定・実行・定着化、プロジェクト管理、ERP等のシステム導入などを行っている。主な著書に『地頭力を鍛える』『いま、すぐはじめる地頭力』『「WHY型思考」が仕事を変える』『象の鼻としっぽ』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

上司と反りが合わなくても、「苦手に思う感情」にふたをして、上司に合わせる努力をすべき。「上司が期待していること」を正しくつかみ、的確に応える。「部下力」の見せどころです。

私は従業員の上司ではありません。我々の上司、それはお客様です。

小物の心境では、また人間力に乏しくては、快適な人生が送れないから、小物になるなかれと呼びかけるのである。

株価ばかり上がっても仕方ない。自分の強い思いを一緒に実現できる仲間を作っていくことが素晴らしく、そういう仕事こそ面白い。

お客様のことを考えて商売をすれば、お客様はきちんと応えてくれる。

古語に「三年の蓄えなければ国にあらず」といっている。外敵が来たとき、兵隊だけあっても、武器や軍用金の準備がなければどうしようもない。国ばかりでなく、家でも同じことで、万事ゆとりがなければ必ずさしつかえができて、家が立ちゆかなくなる。国家天下ならなおさらのことだ。

20代30代のうちはどんな仕事にも積極的に取り組むことをお勧めします。しんどいと思う仕事も、しんどい部分は8割程度で2割は自分のアピールに利用できたり、人との信頼関係を築くのに役立つ部分があります。そうした仕事の副産物を積み上げていくと、次第に周りから「あの人はこの分野が得意だ」と評価されるようになって、40代になると、自分に向いている仕事ややりたい仕事を振られる機会が増えていきます。

ページの先頭へ