原田泳幸の名言|なるべくトップが決めないことが大切

人材を育成するときに大切なのはなるべくトップが決めないということでしょう。たとえば、私はお金の決済は自分でやらないことを心がけてきました。お金イコール責任であり、権限でもある。もちろん最終的な承認はしますが、お金の使い方はなるべく担当部署が提案してそれを承認するというかたちにしないと人は育ちません。お金を社長が握り締めるのが一番危険です。

原田泳幸 の経歴

原田泳幸、はらだ・えいこう。「日本マクドナルド」社長・会長、「ベネッセ」社長。東海大学工学部卒業後、日本NCR、日本ヒューレットパッカード、油田開発のシュルンベルジェ、アップルの日本法人社長、米国アップルの副社長を経て日本マクドナルドに社長としてヘッドハントされた。またベネッセの社長を務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

企業で働く人々にとって、企業活動が単に生活費を稼ぐ意味でなく、企業を愛し、自らの能力を伸ばし、生きがいになっていくことを私は理想としています。


未来を語ろうとしない経営者は、基本的に投資をしようとは思いません。経営者に投資の意思決定をさせるためには、未来志向に話を転換させなければなりません。


若手の突然の辞職を防ぐには、まず日ごろのコミュニケーションを増やすのが一番大事です。最近では中間管理職がプレーイングマネジャー化していて、なかなかマネジメントに専念するというわけにはいかない。だから部下を見る余裕がない、マネジメントする時間が取れないというのもわかります。しかし、朝出社したときにあいさつもろくにしない、あるいは直接話せるときでも、メールで済ませる社員ばかりという会社が増えているのも事実。それでは部下が仕事にマンネリを感じていても上司は気づくことができないでしょう。


机上の勉強だけでは社会に出てもほとんど役に立たないのではないでしょうか。学校では社会に出て役に立つ実践的な教育をもっとするべきだと思います。高校でもアントレプレナー科もしくはベンチャー科があってもいいのではないでしょうか。


身近にいる料理人達を、奥さんまで含めて幸せにすること。これが僕の夢です。


大企業になることがヤマグチの目的ではありません。小さな会社であっても、小さな会社なりの商売や幸せというものがあるはず。


荒吐ロックフェスやライジングサン、福岡のサンセットなんかも主催者が好きなようにやってる。フェスの原点であるウッドストックなんかもそうでしょう? 結局、主催者が心から楽しんでいるかどうかっていうのはお客さんは察知するし、出ている側のミュージシャンもそこが面白いから出ていることが多い。


社内でしか評価されないキャリアは、安定というよりもリスク。なぜなら今の時代、企業がつぶれなくても、経営者とともに経営方針が180度変わることもありますし、そもそも雇用は約束されていませんから。


多くのビジネスパーソンは、仕事の「結果」を重視しています。しかしそれにとらわれていると、望む結果が出ない場合には著しくモチベーションがダウンします。結果よりもプロセスに目を向けることができれば、たとえ望むような結果が出なくても、高いモチベーションを維持できるはずです。


批判は割と簡単だ。だって完璧なものってこの世にはないから。批判は一瞬で、創造は一日にしてならない。だから、僕は歳を取ることに恐怖心を持っている若い男と批評家を信用していない。


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ