スコット・キャロンの名言|ミスをしてしまったときの対処法

謝罪の言葉だけでは何の意味もありません。謝罪し、許していただいたあとで、お客様のために行動することが大事です。まずは失敗の原因を解析し、お客様に情報を開示しながら再発防止を図ります。そのうえで、挽回するためのプランを練り、実現のために努力を重ねるのです。

スコット・キャロン の経歴

スコット・キャロン。米国人経営者。独立系投資顧問会社「いちごアセットマネジメント」社長。米国プリンストン大学ウッドロー・ウィルソン・スクール (公共政策・国際関係学部) 卒業、スタンフォード大学大学院政治学博士課程修了。来日し日本開発銀行設備投資研究所客員研究員、バンカース・トラスト・アジア証券会社東京支店、モルガン・スタンレー証券会社、米系証券会社勤務を経ていちごアセットマネジメントを設立。社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私自身、経済を勉強したことは一度もありません。その代わり、新卒で証券会社に入ったときに、「スプレッド・シート」を書くことを日課にしていました。複雑なものではなく、大学ノートに「日経平均」「NYダウ」「ドル/円」などの指標を書き込み、それぞれの終値と前日比の数字を毎日記入するだけです。これを繰り返すと、いつもと違う数字の動きがあったときに、その理由を考える習慣が身につきます。

僕はラジオのアナウンサーなので、毎日人と会って話をしなくてはいけない。だから、どうすればいいかを必死に考え続け、いろいろな方法を試した結果、「コミュ障はテクニックで克服できる」という結論にたどり着いた。人間関係がうまくいかずメンタルの悩みを抱えている人も、コミュニケーションの技術を身につけることで改善できます。

話し方のスキルは、良くも悪くも周りへの影響が大きい。話下手な上司を手本にし、部下がそれを踏襲すれば、部署ぐるみで「話下手文化」が醸成され、さらに危機感が薄れます。まずは、個人単位で自らの話し方を客観視することが必要。

「本当にわがままではないのか、唯我独尊ではないのか、独りよがりではないのか」と自分の胸を三度叩いて、本当にアサヒビールのためになるのなら、相手が社長であろうとも、もの怖じせず、もの申すということを自分に言い聞かせました。その心情はいまだに変わっていません。

働くことが楽しいと感じる。楽しいと思えば、社員の生産性も上がる。そういう会社でありたい。

最近思うんですが、欲って大事ですよね。生きる活力ですよ。

この世に難関などない。難関というのは、あくまでも本人の主観の問題なのである。難関だと思っている自分があるだけだ。

スピーチは聞いてもらえなければ意味がありません。成否を分けるのは、「自分の話を伝えたいという意志」の有無です。意志があれば、おのずと話し方に工夫も生まれます。草稿を練るのも大切ですが、話す技術と意志を高めていきたいですね。

仕事の期限を守るとか、部屋を片付けるというようなシンプルなタスクの場合、そもそも理屈に目を向けるのが間違い。掃除するかしないかというようなことは理屈じゃないですから。

前向きに物事に取り組み、積極的に発言のできるエンジニアには、中途入社であっても門戸を開放しています。長い歴史に裏打ちされた、どこに出ても恥ずかしくない技術力と総合力が自慢の当社で是非力を発揮してほしい。

ページの先頭へ