スコット・キャロンの名言|ミスをしてしまったときの対処法

謝罪の言葉だけでは何の意味もありません。謝罪し、許していただいたあとで、お客様のために行動することが大事です。まずは失敗の原因を解析し、お客様に情報を開示しながら再発防止を図ります。そのうえで、挽回するためのプランを練り、実現のために努力を重ねるのです。

スコット・キャロン の経歴

スコット・キャロン。米国人経営者。独立系投資顧問会社「いちごアセットマネジメント」社長。米国プリンストン大学ウッドロー・ウィルソン・スクール (公共政策・国際関係学部) 卒業、スタンフォード大学大学院政治学博士課程修了。来日し日本開発銀行設備投資研究所客員研究員、バンカース・トラスト・アジア証券会社東京支店、モルガン・スタンレー証券会社、米系証券会社勤務を経ていちごアセットマネジメントを設立。社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

この前は笑顔だったのに、今回は不機嫌そうだった。そんな些細なことでと思われるかもしれませんが、この不機嫌そうな顔を理由にお客様は離れていくのです。お客様は私たちにできないことは要求しません。笑顔や明るい挨拶など、私たちがやらなければならないことを求めているだけなのです。

相澤賢二の名言|笑顔の大切さ


この会社が一番すごいと思ったのは、178年もの間、創業の理念と公正・公平の原則を守り抜いてきたことでした。1828年といえば、ペリー来航の25年も前です。その時代から、顧客リスクを低減するという発想を持ち、それを徹底的に具現化してきたんです。
【覚書き|大手エンジニアリング会社から、ビューローベリタスに入ったときの印象を語った言葉】

野口敏の名言・格言|178年経っても創業の理念を守る会社


自分は無意識なのに、人から「いいことあった?」と言われることがあります。実はこれ、口もとを見て相手が勝手に判断したこと。ほんの一瞬の口角の表情が人の印象をよくも悪くもするのです。

上田彩子の名言|ほんの一瞬の口角の表情が人の印象を良くも悪くもする


フロンティアスピリットにあふれた人材こそが国の再生の源になる。

永瀬昭幸の名言|フロンティアスピリットにあふれた人材こそが国の再生の源になる


イメージトレーニングというと、ポジティブなことだけを考える人が多いかもしれませんが、僕の場合はそんなこともありません。悪いイメージが浮かんできても、それはそれで大事にして、思いどおりにならない場面への対応を準備するようにしています。

川島永嗣の名言|イメージトレーニングでネガティブなイメージが浮かんだら


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ