スコット・キャロンの名言|責任を他人のせいにしないことが大切

リーマンショックの時にお客様のとても大切な財産を減らしてしまった。本当に申し訳なかったと思っています。言い訳はしません。「100年に一度の危機だから」などとは一切申し上げない。私が先読みできなかったのは事実ですから。全責任は私にあります。

スコット・キャロン の経歴

スコット・キャロン。米国人経営者。独立系投資顧問会社「いちごアセットマネジメント」社長。米国プリンストン大学ウッドロー・ウィルソン・スクール (公共政策・国際関係学部) 卒業、スタンフォード大学大学院政治学博士課程修了。来日し日本開発銀行設備投資研究所客員研究員、バンカース・トラスト・アジア証券会社東京支店、モルガン・スタンレー証券会社、米系証券会社勤務を経ていちごアセットマネジメントを設立。社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

事業を始めれば何かしらの問題が必ず発生しますし、失敗することもしょっちゅうです。それなのに、ひとつ失敗したからといってすぐに泣きごとを口にしたり、自分を否定するようなことを言ったりしていたら、とても事業なんて継続できません。

澤田秀雄の名言|事業では失敗することもしょっちゅう


「クリエイティブだ」とか「アイデアマンだ」と評価される人は、共通して同じことを言います。降ってきたアイデアを絶対に書き留める。どんなことをしても書き留めるのです。

出雲充の名言|アイデアマンの特徴


約束のなかでも、とくに大切なのが時間の約束。時間にルーズな人は信用されません。意外に大切なのがお尻の時間。たとえば14時までという約束をしたのに、15時まで引き延ばしてしまう。これも約束破りなんです。打ち合わせなんかでも、開始時間を守る人は多いけど、終了時間を守る人は意外と少ない。相手にしてみれば約束を破っているという感覚がない。無意識の約束破り、これは怖い。

佐藤優の名言|開始時間だけでなく終了時間を守ることも大事


新しいビジネスといっても、基本的にお客さんに支持されるジャンルというのは、昔から変わりません。仕事、学習、恋愛、健康、マネー、その次に食です。そこを踏まえたうえで、人と人をつなげる今までにない仕組みを考え出せるか、そこが重要。

新井一の名言|お客さんに支持されるジャンルというのは、昔から変わらない


ライフスタイルの変化は、新しい需要となる。市場の変化、需要に対応していかなければならない。

水野和也の名言|ライフスタイルの変化は、新しい需要となる


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ