スコット・キャロンの名言|何かあったときに率先して謝ることがお客様からの信頼につながる

投資家への報告書で小さな計算ミスをしてしまったとき、私たちのほうから失敗を持ち出してお客様に謝りました。先方に指摘される前に謝るのです。世の中にはプライドを気にして謝りたがらない人も多いですね。しかし、早く謝ってしまえば先方と信頼関係を築けるかもしれません。「この人は問題があれば率先して謝って改善してくれるんだ」というサプライズと安心感につながるからです。いかにお客様からの信頼を得るか。資産運用業とは信頼業だと私は思っています。

スコット・キャロン の経歴

スコット・キャロン。米国人経営者。独立系投資顧問会社「いちごアセットマネジメント」社長。米国プリンストン大学ウッドロー・ウィルソン・スクール (公共政策・国際関係学部) 卒業、スタンフォード大学大学院政治学博士課程修了。来日し日本開発銀行設備投資研究所客員研究員、バンカース・トラスト・アジア証券会社東京支店、モルガン・スタンレー証券会社、米系証券会社勤務を経ていちごアセットマネジメントを設立。社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

思いを語れば、それの実現に向けて周囲が知恵を出したり、協力してくれたりするものです。

経営学の理論では、市場が完全競争下では経営学上の企業の利潤はゼロに近づきます。ここから抜け出すためには、独占的な要素を持ち込む必要があります。決定的に競争的な現在の市場では、イノベーションによる差別化が大切です。

起業した理由のひとつは、「会社の看板は抜きにして、秋元さんにお願いしたい」といってくれるお客様や、いつも応援してくれる仲間がいたからです。

飲食業に本格的に参入すると決めたとき、不況の中でも利益をあげている店舗に注目し、その共通点を話し合いました。すると「ミシュランの星を取っていること」か「立ち飲みのスタイルであること」、この2点が共通点としてあげられました。一流の腕と立ち飲みを組み合わせたら流行すると予感がしました。

他人に対して強欲であれば、他人からそれに見合った仕打ちを受けることになるだろう。強欲が原因でお金の問題で苦労していると思われる人に出会うと、私は、例えば慈善事業など自分が応援したい団体に、少額でいいからお金を寄付する習慣を身に付けてみてはどうかと助言している。本気で金持ちになりたいなら、「まず与える」ことができるようになろう。

小さいことでくよくよしているときにアートのことを考えると、悩みも吹き飛ぶんです。人類史には戦争、疫病、天変地異など、とてつもないことがたくさんありました。でも、何があろうとアートが途絶えたことは一度もありません。そう考えると、何があっても大丈夫と思えてきませんか?

「これいいなぁ、やってみよう」とパッと考えただけで行動に移しても、成功する確率はすごく低いと思いますね。ビジネスって、そんなに簡単なものではないでしょう。僕は、あらゆる側面から精査したうえで事業を興しているので、すぐに結果が出なくても不安はありません。

人と会った時にたとえ腹が立つことがあっても、晴ればれとした心持ちで丁寧にあしらってほしい。

部下が上司より優秀な場合、上司風を吹かせ、持論を無理に押し付けたりすれば、部下はどんどん距離を置きはじめ、報連相を忌避するようになります。逆に優秀な部下を生かすスタンスで、上司の立場でしかできない組織的なサポートをすれば、部下は進んで報連相をしてきます。

私がビジネスのときに心がけているのは、利益を求めないこと。ビジネスにおける自分の目標は、お客様にとって自分が最高のパフォーマンスをすること。それが唯一の仕事。

ページの先頭へ