スコット・キャロンの名言|何かあったときに率先して謝ることがお客様からの信頼につながる

投資家への報告書で小さな計算ミスをしてしまったとき、私たちのほうから失敗を持ち出してお客様に謝りました。先方に指摘される前に謝るのです。世の中にはプライドを気にして謝りたがらない人も多いですね。しかし、早く謝ってしまえば先方と信頼関係を築けるかもしれません。「この人は問題があれば率先して謝って改善してくれるんだ」というサプライズと安心感につながるからです。いかにお客様からの信頼を得るか。資産運用業とは信頼業だと私は思っています。

スコット・キャロン の経歴

スコット・キャロン。米国人経営者。独立系投資顧問会社「いちごアセットマネジメント」社長。米国プリンストン大学ウッドロー・ウィルソン・スクール (公共政策・国際関係学部) 卒業、スタンフォード大学大学院政治学博士課程修了。来日し日本開発銀行設備投資研究所客員研究員、バンカース・トラスト・アジア証券会社東京支店、モルガン・スタンレー証券会社、米系証券会社勤務を経ていちごアセットマネジメントを設立。社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

目先のことだけ考えていても、うまくいきません。いま、シンガポールの店舗が好調ですが、僕が仕込んだ案件ではありません。古くは玉川高島屋だって、実際に花開くずっと前の経営者の英断があったわけです。

鈴木弘治の名言|目先のことだけではない経営判断を


もしも英語に直訳して意味不明になるような文章ならば、どこかで誰かが責任逃れをしていて、その結果起きたことについては誰も責任を取らないという事態が発生する。だからビジネスの場では、ちゃんと主語と述語を明示し、「ひとつよろしく」は言わない方が賢明。

佐藤綾子の名言|英語に直訳して意味不明になる文章に注意する


フローとストックの両輪がバランス良く成長しているからこそ、企業として順調に成長できる。

大谷義武の名言|フローとストックの両輪がバランス良く成長しているからこそ、企業として順調に成長できる


営業先の基本的な情報、商品の売れ行きや評判などの情報を商談に織り込めば、顧客も「よく勉強しているな」と感じてくれます。そういう営業には、初対面の相手も好感を持ってくれるはずです。

渡瀬謙の名言|相手を良く調べて商談に臨めば好感を持ってもらえる


静岡支店に配属されて17年ほど経ったある日、当時の上司で取締役特建事業部長だった樋口武男現会長から電話をいただいた。転勤の内示でした。転勤したくないみたいなことも言ったんですけど、サラリーマンですから通るはずがない。転勤先は新潟。調べてみたら、当時の新潟支店は伸び悩んでいた。「これから大変だなぁ」って思いながら支店長として赴任したんです。でも新潟の地場の皆さん、企業さんとお付き合いさせていただくと、予想外に楽しいことがいっぱいあった。おかげさまで4年と8か月、すごく楽しい時間を過ごさせていただきました。後から感じたのは、新潟転勤は会社が私のためにやってくれたことだったということ。「あいつも静岡が随分長くなったから、この辺でもうちょっと活躍の場を与えてやろう」という配慮だったんですね。

大野直竹の名言|思い切って転勤してみる


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ