津賀一宏の名言|スピードを出すために必要なこと

スピードを出すにはプライオリティの付け方が適切でなくてはいけない。そのためには、自分たちにとってなにが大事なのか、なにがチャンスにつながるのかといったことを頭のなかで整理しておく必要かある。

津賀一宏 の経歴

津賀一宏、つが・かずひろ。日本の経営者。パナソニック社長。大阪出身。大阪大学基礎工学部生物工学科卒業後、松下電器産業(のちのパナソニック)に入社。カリフォルニア大学サンタバーバラ校コンピュータサイエンス学科修士課程修了。松下電器マルチメディア開発センター所次長・所長、パナソニックAVC社AVネットワーク事業グループAVCモバイル・サーバ開発センター所長、役員デジタルネットワーク・ソフトウェア技術担当、海外研究所担当、デジタルネットワーク事業戦略室担当、常務役員、オートモーティブシステムズ社社長、パナソニック専務などを経て社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

議論で大切なのは、「誰が言ったかではなく、何を言ったか」です。もしも私がおかしなことを言っていると思えば、その時点で遠慮なく「社長は間違っている」と言わなくてはいけない。それが社員の責任です。

当社は価格競争に巻き込まれにくい商品を他社に先駆けて出しているため、後から同様の製品が出てきても十分に競争力を維持できるのです。高付加価値ですが、耐久性も高いため、お客様には割安感を感じていただいています。

日本もこれから労働の流動化が進み、世界基準での普通の社会になりつつあります。普通の社会では専門分野があった方がはるかに転職しやすい。

日本には創業数百年という長寿企業がありますが、そのいずれもが家訓や本業の軸はしっかり持ちながらも、細かい軌道修正を続けながら改善を行ってきました。成功した瞬間にも、「他に方法はなかったか」と自問自答する、この「一瞬たりとも美酒に酔わない」精神が長寿企業には感じられます。

ビール箱に腰を下ろして客待ちをしている間、私は学校に通っていなかったため漢字が読めないので字を覚えるためによく書物を開いて見ていた。一晩一字ずつ覚えることに決めて鉛筆で書いてもみた。いつしか、これが評判になって本を読む夜店小僧と言われるようになった。
【覚書き|丁稚奉公時代露店の番をしていた当時を振り返っての発言】

これまでは東京大学の出身者がリーダーの候補だったかもしれませんが、もはや日本のぬるま湯の環境に漬かった東大の秀才の8割は、リーダーになる資質がありません。とにかく日本の外に出て、厳しい環境に自分の身を置かないと。

当社でいう「お客さま」とは、「自分以外のすべての人」のことを指します。ご成約いただいた新郎新婦だけが「お客さま」ではありません。家族、友人、同僚など、周辺のあらゆる関係者がお客さまであり、またすべての人が将来お客さまになる可能性のある方々です。

今は、大金持ちになりたいから起業する、という時代ではありません。ホンダの創業者である本田宗一郎さんにしても、ソニーの創業者である盛田昭夫さんにしても、お金持ちになりたいという思いではなく、世界一速いオートバイを作りたい、誰でも聞けるトランジスタラジオを使いたい、という純粋な思いから始まりました。

私は、平凡かもしれませんが、社員と徹底してコミュニケーションを取り続けました。「CEOへのメール」をイントラネットに設け、来たものはすべて自ら返信しました。技術者の中には、リストラによって今までの担当を離れ、別の事業に異動して勉強し直してもらった人もたくさんいます。そういう人たちのためにも、私が今、何を考えているか、できる限り発信しなければいけないと思っていました。

私の場合、最も集中でき、頭が冴える午前中を、主に経営課題をじっくり考える時間にあてています。

ページの先頭へ