津賀一宏の名言|売上を維持するために製品を出すということはしない

売上を維持するために製品を出すということはしない。お客様が、「本当にこれが欲しい」「これを使って仕事や暮らしぶりが変わった」と思ってもらえるものを作りたい。

津賀一宏 の経歴

津賀一宏、つが・かずひろ。日本の経営者。パナソニック社長。大阪出身。大阪大学基礎工学部生物工学科卒業後、松下電器産業(のちのパナソニック)に入社。カリフォルニア大学サンタバーバラ校コンピュータサイエンス学科修士課程修了。松下電器マルチメディア開発センター所次長・所長、パナソニックAVC社AVネットワーク事業グループAVCモバイル・サーバ開発センター所長、役員デジタルネットワーク・ソフトウェア技術担当、海外研究所担当、デジタルネットワーク事業戦略室担当、常務役員、オートモーティブシステムズ社社長、パナソニック専務などを経て社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

失敗はいくらでもありましたが、その時に自分で抱え込まないということを意識しました。抱え込むと傷口が広がってしまいますから、それが一番大事なのではないかと思います。

原典之の名言|失敗を自分で抱え込まないことが大事


見る人にいかに気持ちよく見てもらえるか、を考え続ける。大事なのは、いつも視聴者目線に立ち返ること。

関根勤の名言|大事なのは、いつも視聴者目線に立ち返ること


SEOだけではなく、会社経営においても一時的な利益追求などせず、長期に継続していくことを大切にしています。

小林学の名言|一時的な利益追求などせず、長期に継続していくことを大切に


同じような人ばかりが集まると、攻勢の場面では勢いに乗って、守りに転じた途端、停滞するといったことが起こりがちです。全体の力を組み合わせて、攻めても守っても効率が落ちない強いチームをつくるには、多様性が大切です。

安渕聖司の名言|強いチームには多様性が大切


振り返って思うのは、やはり最も重要なのは情報の質ということ。それと同時に、量が詰まってなくてはいけない。店舗ごとの特長や魅力といった情報を、いかにきちんと提供できるかが決め手になってくる。

久保征一郎の名言|最も重要なのは情報の質


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ