津賀一宏の名言|我々にとって大切なのは、どの領域を伸ばすのかということを明確にすることです

我々にとって大切なのは、どの領域を伸ばすのかということを明確にすることです。

津賀一宏 の経歴

津賀一宏、つが・かずひろ。日本の経営者。パナソニック社長。大阪出身。大阪大学基礎工学部生物工学科卒業後、松下電器産業(のちのパナソニック)に入社。カリフォルニア大学サンタバーバラ校コンピュータサイエンス学科修士課程修了。松下電器マルチメディア開発センター所次長・所長、パナソニックAVC社AVネットワーク事業グループAVCモバイル・サーバ開発センター所長、役員デジタルネットワーク・ソフトウェア技術担当、海外研究所担当、デジタルネットワーク事業戦略室担当、常務役員、オートモーティブシステムズ社社長、パナソニック専務などを経て社長に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

バイオベンチャーは基本的にお金がかかり、社会人経験なくいきなり起業するのは本当に大変なのでおすすめしません。もしバイオベンチャーを創業したい学生の方がいれば、少なくとも一度自己資金で起業して失敗して経験してからチャレンジした方がいいと個人的には思います。

プロになるとあまり変わったことをやる人はいないので、基本は正攻法の応酬になる。

説明書や申請書などで、よく難解な表現にぶつかることがありますね。最後まで読んでも、何を言っているのか分からない。社内はもとより、お客様へお届けするメッセージも、分かりやすさを心がけることが肝要です。

自分一人が売ったところで、何の意味もないと思ってしまっては駄目です。社員全員が売ろうという気持ちで一丸になれば、目標をしっかりと達成することができるのです。

物事を客観視するには、まず自分の思い込みを捨てることが重要です。先入観を捨てるコツは、仕事に直接的な関係のない第三者になったつもりで物事を考えること。たとえば親戚のおばさんや学生時代の友人ならどう考えるのか、と想像することで、先入観は消え去ります。

人は自分の言いたいことを言い切った時、初めて相手の言い分を本当に聞ける準備が整う。

幹部クラスの転職相談に乗る際、私は「外部のコンサルタントとして解決策を売りにいく意識で転職活動をしてみてください」とアドバイスしています。もしあなたが営業部門の経験者なら、相手の質問が一段落した頃に「御社は営業で何をお悩みですか」と逆に聞いてみるのです。悩みに応じて解決策を提案する。内容が的を射ていたら、ぜひうちに来てそれを実行してください、と三顧の礼で迎えられるはずです。

会社の経営理念に根ざすものは変わらないが、上に咲かせる花は、会社の規模や入ってくる人材によって変わってくる。

昨年社長に就任してから強く意識してきたのは、コミュニケーションです。現場で働く一人ひとりに、会社の現状を正しく理解してもらい、自ら考え行動してほしい。それと同時に、私が知っていることも限られているので、現場の話をよく聞いて吸収していきたい。

人は同じ自分をずっと生きているのではなく、瞬間ごとに生まれ変わります。明日の自分は今日の自分ではありません。にもかかわらず、現時点の根拠に乏しい推測で、未来の自分を縛るのはもったいない。5年先のことは未来の自分に決めさせればいい。そのとき自分はいまより飛躍的に成長しているはずだからです。

ページの先頭へ