津賀一宏の名言|我々にとって大切なのは、どの領域を伸ばすのかということを明確にすることです

我々にとって大切なのは、どの領域を伸ばすのかということを明確にすることです。

津賀一宏 の経歴

津賀一宏、つが・かずひろ。日本の経営者。パナソニック社長。大阪出身。大阪大学基礎工学部生物工学科卒業後、松下電器産業(のちのパナソニック)に入社。カリフォルニア大学サンタバーバラ校コンピュータサイエンス学科修士課程修了。松下電器マルチメディア開発センター所次長・所長、パナソニックAVC社AVネットワーク事業グループAVCモバイル・サーバ開発センター所長、役員デジタルネットワーク・ソフトウェア技術担当、海外研究所担当、デジタルネットワーク事業戦略室担当、常務役員、オートモーティブシステムズ社社長、パナソニック専務などを経て社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

誰もが当たり前と思っていることを「本当にそうか」と問い直し、本質を見抜くと、そこに問題を解くカギや宝の山が隠されています。これをファクトファインディングと呼び、コマツ社員の行動規範のひとつに入れています。

坂根正弘の名言・格言|常識を問い直すと問題の打開策や、宝の山が見つかる


五輪に挑戦するたびに順位は上がるのに、またメダルには届かない。最初は全く分かりませんでした。「失敗って何だろう」と思ってしまうほど、努力と成果がイコールにならず、頑張れば夢がかなうわけではない現実に落ち込みました。結局私は、「プレッシャー」に負けたんだと思います。

上村愛子の名言|「プレッシャー」に負けた


良い経営方針を作っても、社員が動いてくれなかったら何の意味もない。会社の考えと、社員の思いがひとつになってこそ、能力を発揮しやすい組織になる。そこで大事なのは自分の言葉で社員にメッセージを伝えることです。

菊地哲の名言|能力を発揮しやすい組織にするには


大事なのは、監督がゆとりを持っていること。そして、一緒に話をして、笑って、共感していくこと。一見、無駄に思える時間が、面白いものをつくり出す下地になる。

本広克行の名言|一見、無駄に思える時間が、面白いものをつくり出す下地になる


(三菱レイヨン、三菱化学、三菱樹脂の)統合前は「組織の壁」が立ちはだかっていましたね。私が三菱レイヨンの社長になった時に痛感しました(笑)。炭素繊維の関係で新しいことをやろうとしたら、当時の三菱化学社長の石塚(博昭)さんの所へ、その都度頼みにいかなければならない。そんなことをしているうちに半年なんかあっという間に過ぎてしまう。彼らにしてみれば、三菱化学という収益体の中にいるわけだから、まずそこの成長を第一に考える。炭素繊維という「レイヨンの事業」には直接関係していないのだから、身が入るわけがないんです。3社を統合して三菱ケミカルを作りましたが、社長が私1人になったので、何でもパッと決めてパッと動けるようになりましたね。以前とは雲泥の差ですよ。

越智仁の名言|3社を統合して社長が1人になったので、何でもパッと決めてパッと動けるようになった


成功したければ、努力をコツコツ積み重ねるしかない。皆さんがテレビで見る「登頂に成功して旗を広げている映像」は、山頂に滞在できるたった15分間だけの姿。それまでに長い準備、数年間の努力があるわけです。

野口健の名言|成功したければ、努力をコツコツ積み重ねるしかない


第2世代に経営を委ねると宣言して以来、自分はスギ薬局の役員会だけではなく主要な会議は一切出ないようにした。会社に出社するのも基本、月曜日だけ。半年間くらいは、もう気になってストレスがひどかったね。塗炭の苦しみですわ。でも、この苦しみを経て事業継承があるんでしょうね。

杉浦広一の名言|苦しみを経て事業継承がある


ビジネスセミナーのテープを聞きながら走っていると、時間対効果も高まるので、忙しい現役のビジネスマンにもお勧めです。

井出進一の名言|ビジネスセミナーのテープを聞きながら走る


過去の失敗を考えてもプラスになりません。失敗は失敗です。これからどうするかを考え、いかに実行するかが重要です。

福嶋康博の名言|過去の失敗を考えてもプラスにならない


雑談は巧くなくてもいい。些細な会話にこそ誠意を込めて、相手の言葉をしっかりお腹に落とし、またお腹から言葉を返す。目を見ることや笑顔は大事でしょう。もちろん丁寧な言葉遣いであるに越したことはありません。

村岡恵理の名言|雑談は巧くなくてもいい


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ