津賀一宏の名言|現場に行く利点

現場に行って話をすると、この事業部は明るいな、あるいは暗いな、なにか課題があるなということを直接感じます。

津賀一宏 の経歴

津賀一宏、つが・かずひろ。日本の経営者。パナソニック社長。大阪出身。大阪大学基礎工学部生物工学科卒業後、松下電器産業(のちのパナソニック)に入社。カリフォルニア大学サンタバーバラ校コンピュータサイエンス学科修士課程修了。松下電器マルチメディア開発センター所次長・所長、パナソニックAVC社AVネットワーク事業グループAVCモバイル・サーバ開発センター所長、役員デジタルネットワーク・ソフトウェア技術担当、海外研究所担当、デジタルネットワーク事業戦略室担当、常務役員、オートモーティブシステムズ社社長、パナソニック専務などを経て社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

非常に厳しいことですが、勉強し続けないと、生き残ることはできない。

大川隆法の名言|勉強し続けないと、生き残ることはできない


経営環境が変わって具体的に取り組むことは変わります。でも、「みんなと暮らすマチを幸せにする」という基本は変わりません。

玉塚元一の名言|やることは変わっても基本理念は変わらない


当社は売れたら投資するというのが基本的な考え方で、需要を先取りする工場の新設はおろか、建屋の増設といった大型投資も、できる限り控えます。その代わりに、ボトルネックとなっているラインだけに集中的に手を入れることで、工場が持つ能力を最大限引き出そうとするのです。そうすることによって、投資の負担を抑え、余力を持つことなく生産能力を増やしてきました。

吉永泰之の名言|余力を持つことなく工場の生産能力を増やすには


試合中は2000本安打記録達成の実感はなく、完全に次のプレーに集中していました。自分としては、毎試合勝つために戦い、毎打席ヒットを打ちたいと打席に入っていますから。個人記録は後からついてくるものです。

和田一浩の名言|個人記録は後からついてくるもの


将来の希望は持っていた方がいいけれど、自分の希望と周囲が考える適性は違うことも多い。だから私は、入社から3~4年間は好き嫌いを言わず、何でも自分の中に取り込んでいく修業期間だと考えていました。その過程で自分の特徴、会社や業界の仕組みなどが分かり、やっとスタートラインに立てる。

菊間千乃の名言|入社から3~4年間は好き嫌いを言わず、何でも自分の中に取り込んでいく修業期間


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ