津賀一宏の名言|現場に行く利点

現場に行って話をすると、この事業部は明るいな、あるいは暗いな、なにか課題があるなということを直接感じます。

津賀一宏 の経歴

津賀一宏、つが・かずひろ。日本の経営者。パナソニック社長。大阪出身。大阪大学基礎工学部生物工学科卒業後、松下電器産業(のちのパナソニック)に入社。カリフォルニア大学サンタバーバラ校コンピュータサイエンス学科修士課程修了。松下電器マルチメディア開発センター所次長・所長、パナソニックAVC社AVネットワーク事業グループAVCモバイル・サーバ開発センター所長、役員デジタルネットワーク・ソフトウェア技術担当、海外研究所担当、デジタルネットワーク事業戦略室担当、常務役員、オートモーティブシステムズ社社長、パナソニック専務などを経て社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

基幹商材以外で売上を補完し、全社的な業績の向上に貢献する新商品の開発を目的に、様々な商品を矢継ぎ早にトライアル販売しています。最近では、30~40代の男女が中心顧客であるゲオショップで、意外にもシニア向けの商品が売れています。従来の常識とは異なる発想でアプローチすることが大切だという好例の一つです。新商品の一坪あたり営業利益が基準をクリアし、オペレーションもある程度確立されたところを見計らい、「全店で一斉にやりましょう」と水平展開できるフットワークの軽さが、当グループの強みです。

遠藤結蔵の名言|従来の常識とは異なる発想でアプローチすることが大切


政治ニュースに接するうえで重要なのは、余計な知識を持たずに、素直に見ることです。すると、「なぜ?」と疑問に思うことが出てくるはず。

田原総一朗の名言|政治ニュースに接する上で重要なこと


15年ほど前にワシントンポストの東京支局長の取材を受けたのですが、その支局長は東京に赴任するまで、キッコーマンはアメリカの企業だと思っていたそうです。それを聞いてうれしくなりました。ワシントンポストで働くエリートまで、キッコーマンをアメリカ企業だと思いこんでいた。日本に本社があるけれど、それぞれの国で受け入れられてきたと実感できました。

茂木友三郎の名言|「キッコーマンはアメリカの企業だと思っていた」と聞いて嬉しくなった


最近始めたラジオ番組では、疲れて体調が悪いときでも、いざ本番を迎えると頭も体もシャキッとする。好きなことは集中できて、パワーにつながる。

和田秀樹の名言|好きなことは集中できて、パワーにつながる


トラック運転士にとって、交通事故は最も辛く、苦しく、しかし絶対に目を背けてはいけない問題です。安全のために様々な取り組みを続けていますが、どうしても限界があります。運転士の心に「ゆとり」や「優しい気持ち」がなければ事故はなくならない。

宮田博文の名言|運転士の心に「ゆとり」や「優しい気持ち」がなければ事故はなくならない


「会議に納得は必要ない」というのが私の考えです。なぜなら、組織が利益相反する人たちの集まりである以上、全員が納得する決定はあり得ないからです。会議において大事なことは、「メンバーが意見を出し合ったうえで、意思決定者が決定すること」「その決定に、メンバーが合意すること」。これしかありません。そのためには、会議での意思決定者が誰なのかをはっきりさせておくことが大切です。

大橋禅太郎の名言|会議において大事な2つのこと


交渉は「虫の目」ではなく「烏の目」で行いましょう。「虫の目」での交渉は得てして感情的になりがち。継続的な関係で取引するなら「烏の目」で、ときにはあえて損をしても次の取引でそれを埋め合わせるとか、「損して得取る」という交渉が可能になります。

藤沢晃治の名言|交渉は「虫の目」ではなく「烏の目」で


天下のことをなすは、天下有志の士と志を通ずるにあらざれば得ず。

吉田松陰の名言|天下のことをなすは、天下有志の士と志を通ずるにあらざれば得ず。


仕事って、フラットな気持ちで臨んだほうがいい結果を生みますね。収録前に構えないほうがいいんです。

内村光良の名言|フラットな気持ちで臨んだほうがいい結果を生む


今後も、ニーズを深く掘り下げ、エッジの利いたかゆいところに手が届くソフトウェアを開発することで、業務効率化という側面から日本企業の成長を支え、当社も一緒に成長していきたいと考えています。

中村崇則の名言|かゆいところに手が届くソフトウェアを


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ