津賀一宏の名言|個人のスピードを上げることで、組織のスピードが上がる

組織のスピードを上げるには、もっと「個人プレー」を重視しなくてはいけない。組織がスピードを上げるのは難しいが、個人がスピードを上げることで、ほかの個人のスピードにも影響を与え、組織のスピードが上がることになる。スピード感を実現するためには大切な要素だと思っています。

津賀一宏 の経歴

津賀一宏、つが・かずひろ。日本の経営者。パナソニック社長。大阪出身。大阪大学基礎工学部生物工学科卒業後、松下電器産業(のちのパナソニック)に入社。カリフォルニア大学サンタバーバラ校コンピュータサイエンス学科修士課程修了。松下電器マルチメディア開発センター所次長・所長、パナソニックAVC社AVネットワーク事業グループAVCモバイル・サーバ開発センター所長、役員デジタルネットワーク・ソフトウェア技術担当、海外研究所担当、デジタルネットワーク事業戦略室担当、常務役員、オートモーティブシステムズ社社長、パナソニック専務などを経て社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ホールディングスを相当研究したことがあるのですが、自主独立がなくなることと、ホールディングスと事業会社のどちらに経営責任があるのか、よくわからなくなるということでやめました。文句を言うだけのホールディング会社では意味がないですし、アメリカからシステムを持ってきただけのものだと思ったので、私は日本の経営にはそぐわないと判断しました。

岡田裕介の名言|研究してから判断する


お客に対して料理など出す場合があったなら、人に差し出す分よりも、自分に多くするようなことがあってはならない。だからといって、ことさらに少なくするのもわるく、程々にしなければならない。

北条重時の名言|自分より相手を立てることの大切さ


日本はメーカーが価格を決めるので、品質・機能が良いと価格を上げざるを得ません。しかし、本来はお客様が求めている、買いやすい価格にすべきなのです。

似鳥昭雄の名言|お客様が求めている、買いやすい価格にすべき


サラリーマンでも漫画家でも芸能人でも、一番大事なものは信用だと思います。

蛭子能収の名言|一番大事なものは信用


美人であろうが、そうじゃなかろうが、関係ない。どんな女の子であれ、おのれの現実を見極め、常に仕切り直さないことには、次の出目はない。大事なのは、自分の幸せを人任せにしないこと。そのためには、ちゃんと自分で稼げるようになること。追い込まれて、次の一手が打てなくなる前に、生き抜くための戦略を必ず立ててください。

西原理恵子の名言|大事なのは、自分の幸せを人任せにしないこと


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ