津賀一宏の名言|個人のスピードを上げることで、組織のスピードが上がる

組織のスピードを上げるには、もっと「個人プレー」を重視しなくてはいけない。組織がスピードを上げるのは難しいが、個人がスピードを上げることで、ほかの個人のスピードにも影響を与え、組織のスピードが上がることになる。スピード感を実現するためには大切な要素だと思っています。

津賀一宏 の経歴

津賀一宏、つが・かずひろ。日本の経営者。パナソニック社長。大阪出身。大阪大学基礎工学部生物工学科卒業後、松下電器産業(のちのパナソニック)に入社。カリフォルニア大学サンタバーバラ校コンピュータサイエンス学科修士課程修了。松下電器マルチメディア開発センター所次長・所長、パナソニックAVC社AVネットワーク事業グループAVCモバイル・サーバ開発センター所長、役員デジタルネットワーク・ソフトウェア技術担当、海外研究所担当、デジタルネットワーク事業戦略室担当、常務役員、オートモーティブシステムズ社社長、パナソニック専務などを経て社長に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

「リスクに対して覚悟を決める」ことが大切です。たとえ想像力を働かせて顧客のことを考えても、潜在ニーズを捉えることができず、失敗してしまう可能性はあります。あるいは潜在ニーズを捉えていたとしても、先進的すぎて顧客から受け入れられない、という場合もあるでしょう。そうした場合に、勇気をもって撤退するか、あるいは、絶対に売れると信じて成果が出るまで踏み留まる覚悟を決めることが必要です。

米ディジタル・イクイップメントの日本法人の再建を任されたとき、今後の事業計画のプレゼンテーションをやらせると「絶対に売ります。売れなかったら死ぬ覚悟です」なんて言うのです。そうではない。マーケットはどこにあって、その中の具体的にどこを攻めるべきか、販売を拡大するためにどういう手順でどういう準備をすべきか、そういうことが聞きたいわけです。

すべて成功するわけはないし、撤退する路線もあるでしょう。ただ仮にダメでも、「また別のところに飛べばいい」と思えるくらいの冒険心があっていいんじゃないか。

自分の番で、いったいどんな経営をやるべきかを知るために、帝人の過去を勉強する必要があると考えたのです。過去の経営者がやってきたことを学ぶことで、自分は何をやるべきかが見えてくるのではないかと。自分のボジショニングを知るために、歴史を学ぶことはとても有効だと思います。帝人の過去を学ぶことから、CSR経営や環境経営という発想が出てきました。
【覚書き|社長就任時に自社の歴史について学んだ理由を語った言葉】

若いころから自分の心にかなった事業を興してこれを育て上げ、年老いてその成果を楽しむことのできる実業界に比較すれば、いかにもつまらないものだ。これが十年近い官吏生活を経験した私の結論であった。

つらいときに助けてくれるのも、迷ったときに背中を押してくれるのも、やっぱり自分以外の誰かなんやと思います。そういう仲間は、いればいるほどいい。

社長の任期に関してとくに不文律があるというわけではなく、結果として長くなっただけです。ただ、長期的な展望に立てて、目の前の利益より研究開発への投資を優先できたというメリットはあります。
【覚書き|富士フィルムが創業以来78年間で7人しか社長がいないことについて語った言葉】

政治もビジネスも同じで、本人の資質はもちろんですが、その資質をさらに伸ばすためのエリート教育は非常に大切です。日本はそういう面が弱くて、金太郎飴のような均質な人材を生み出しがちですから、早急に改めないといけません。

日清食品は今年で創業57年目を迎えます。「チキンラーメン」が57歳、「カップヌードル」は44歳、「どん兵衛」「UFO」も39歳になる。いずれも大きな収益源になっている「稼ぎ柱の商品」です。こうした商品の高齢化が進んでいる。ブランドサイクル的に、かなり危うい時期に来ています。

仕事の作業を簡単かつ効率的に進めるには、余計なモノがなくてキチンと整った状態が理想。

ページの先頭へ