津賀一宏の名言|リスクを取らずに、利益だけを取りにいくと顧客からソッポを向かれる

かつて私がオートモーティブのビジネスを担当していたときには、カーナビやカーオーディオといった部分はパナソニックの領域だが、走行性や安全性に関わる部分には手を出してはいけないという不文律がありました。しかし、これは失礼な話です。我々がお付き合いしている相手は自動車メーカーであり、自動車メーカーは、走行性や安全性というところでリスクを冒しているわけです。しかし、パートナーであるべき我々がリスクを冒さないのはどうか。自動車メーカーを相手に、我々はリスクを取らずに、利益だけを取りにいくのか。それでは、自動車メーカーからソッポを向かれますよ。

津賀一宏 の経歴

津賀一宏、つが・かずひろ。日本の経営者。パナソニック社長。大阪出身。大阪大学基礎工学部生物工学科卒業後、松下電器産業(のちのパナソニック)に入社。カリフォルニア大学サンタバーバラ校コンピュータサイエンス学科修士課程修了。松下電器マルチメディア開発センター所次長・所長、パナソニックAVC社AVネットワーク事業グループAVCモバイル・サーバ開発センター所長、役員デジタルネットワーク・ソフトウェア技術担当、海外研究所担当、デジタルネットワーク事業戦略室担当、常務役員、オートモーティブシステムズ社社長、パナソニック専務などを経て社長に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

1日の時間が足りないので、一度にふたつのことをやってみたくなる。いまはエアロバイクで運動しながら新聞を読むという芸を極めているところだ。マルチタスク(複数のことを同時に行うこと)としては、非常に実用的だと思うよ。

新しい事業を創っていくのはすごいパワーが要る。普通に業務をこなしているのでは、とてもできない。そういう意味で、まず私を含めた社員みんなが、強い心を持たなければいけない。

単純にハードだけを数万円で売っていたって儲かりません。ハードを使った新しいビジネスができないかと色々と考えています。

「安物の時計では恥ずかしいから」といった、いわゆる「見栄消費」をする人も、その場の雰囲気や周囲に流されて要らぬ出費をするタイプ。自分軸をしっかり持てるよう、反省が必要です。

「あらゆる感情には意味がある」という前提で向き合うことで、「ネガティブ」とされる感情が、パフォーマンスを高めるきっかけになるわけです。

営業した相手が価格で渋っている場合、それを把握するのは簡単です。「うちはこの金額しか見積もりで出せませんが、他社の動向はいかがですか?」率直にそう聞けば、たいてい相手は教えてくれます。他社に価格で負けているのなら、さらに値段を下げるか、あるいは他の条件で攻めていくことになります。後者の場合は「価格は下げられませんが、そのかわり」という形で配送や支払い条件などで、他社より有利な条件を提示することを考えるのです。

新しいスポーツを始めようと思ったら、まず何をするだろうか。ほとんどの人が、ルールの勉強からスタートするだろう。どうすれば得点が入り、どうすれば勝ったことになるのか、まずはそのスポーツの「成り立ち」を理解するのが当たり前だ。「給与アップ」という名のスポーツを始めるとしたらどうだろう。やはり最初にやるべきことは、給与がどんなルールで決められているのか、すなわち給与の「成り立ち」を勉強することだろう。それを知らなければ勝ちようがない。

最初の3年は全く先が見えませんでしたが、成功したベンチャーで創業メンバーとして上場を経験した社員が「絶対に成功するから大丈夫」と発破をかけ続けてくれたことが大きかった。苦しい時期を耐え抜いた経験からの発言なので説得力があり、気持ちが折れなかった。しかも彼は営業と広報のスペシャリスト。もともとが技術者で、営業が苦手な私の弱点をカバーしてくれました。

M&Aの場合、相手先企業があっての話になりますので、人と人とのつながりがどうなっているのかがポイントになります。ですから、スキルを勉強するだけでなく、人とのつながりを大切にする人間性も必要。

朝の時間は頭が活性化する貴重な時間なので、ルーティン的な作業に時間を費やすのはもったいない。身支度を前日に済ませておけば、着ていく洋服に迷うこともなく、一番大事な考える時間も確保できます。

ページの先頭へ