津賀一宏の名言|リスクを取らずに、利益だけを取りにいくと顧客からソッポを向かれる

かつて私がオートモーティブのビジネスを担当していたときには、カーナビやカーオーディオといった部分はパナソニックの領域だが、走行性や安全性に関わる部分には手を出してはいけないという不文律がありました。しかし、これは失礼な話です。我々がお付き合いしている相手は自動車メーカーであり、自動車メーカーは、走行性や安全性というところでリスクを冒しているわけです。しかし、パートナーであるべき我々がリスクを冒さないのはどうか。自動車メーカーを相手に、我々はリスクを取らずに、利益だけを取りにいくのか。それでは、自動車メーカーからソッポを向かれますよ。

津賀一宏 の経歴

津賀一宏、つが・かずひろ。日本の経営者。パナソニック社長。大阪出身。大阪大学基礎工学部生物工学科卒業後、松下電器産業(のちのパナソニック)に入社。カリフォルニア大学サンタバーバラ校コンピュータサイエンス学科修士課程修了。松下電器マルチメディア開発センター所次長・所長、パナソニックAVC社AVネットワーク事業グループAVCモバイル・サーバ開発センター所長、役員デジタルネットワーク・ソフトウェア技術担当、海外研究所担当、デジタルネットワーク事業戦略室担当、常務役員、オートモーティブシステムズ社社長、パナソニック専務などを経て社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

どうすれば自分が一所懸命やらなくても達成できるか、そういった仕組みを作るのが君の仕事だ。(覚書き|中間管理職に言った言葉)

僕はもう折れません。「もっと頑張れたはずなのに」って思うのが一番嫌だから。稽古段階から全力投球していくつもりです。

僕はこれからどうしたいという目的意識よりも、この手帳(ほぼ日手帳)がどんなふうにいいのかをきちんと伝える方が大事だと思っています。使っている人が喜ぶシーンを想像しながら一生懸命に努力して作り、それを伝えていければ、この商品を使い続けてくれる人は必ずいると。そんな人々をがっかりさせない努力を継続していきたいですね。

私にとってスキマ時間は、TODO仕分けの時間です。スキマ時間を使い、それぞれのTODOをいつ処理するかを整理しています。

私の中で自伝はビジネス書の位置づけ。私の専門は組織開発や人材育成なので、とてつもないことを成し遂げた人が何を考え、自らのキャリアをどう切り開いてきたのかということが仕事のヒントになるのです。

フットワークを軽くしておくことも大切だ。家を買ってしまうと、家庭環境の変化に臨機応変に対応できなくなるケースも出てくるだろう。その点、賃貸であれば子供の通学に便利なところに住み、親の介護が必要になればバリアフリーの物件に住み替え、子供が巣立ったら郊外の閑静な住宅地に移ることもできる。収入が減ったら家賃の安いところに引っ越せばいい。

大人の話し方を身につけたいなら、面白おかしく話すことなど考えない方がいいと思います。むしろ大切なのは、面白味はなくとも、話を正確に伝える話し方を身につけることです。テレビでいえば「ニュース番組の話し方」です。つまらない話し方かもしれませんが、これを身につければ、発言に信頼性や重み、責任感などを醸し出すことができます。流暢に話せなくても、相手の信頼を勝ち取ることができます。

調子がいいときに挑戦してこそ、世間の話題にもなります。ブランドそのものが盛り上がっていきますから。

ブリティッシュ・エアウェイズを辞めるときは、「バカだな」とも言われましたし、「(いすみ鉄道)社長の任期は1期2年なのだから、休職すればいいじゃないか」とも言われました。でも、退路は断つべきだと考えました。

好都合と不都合とがあったとき、重要なのは好都合が正しく、不都合は正しくないと決めつけないことです。そもそも、本質的にどうあらねばならないのかという判断ができないから間違うのです。ときに不都合だけれども正しいことがあるものです。

ページの先頭へ