津賀一宏の名言|バーチカルソリューションという戦い方

域特化や特定市場にフォーカスし、よりお客様に近いところで事業を行うのがバーチカルソリューションであり、規模は小さくても、着実に収益を確保できればいいと考えています。すでに具現化している例が、堅牢型ノートPCのタフブックです。タフブックは、ガス会社や警察、軍隊にフォーカスし、その分野に最適化した商品に仕上げた。一般的なハードメーカーは、そんな発想はしません。しかし、パナソニックでは、お客様にお役立ちするためにはどうしたらいいかということを考えた結果、タフブックが生まれ、お客様との間に信頼関係を築き、次の製品へと進化させています。

津賀一宏 の経歴

津賀一宏、つが・かずひろ。日本の経営者。パナソニック社長。大阪出身。大阪大学基礎工学部生物工学科卒業後、松下電器産業(のちのパナソニック)に入社。カリフォルニア大学サンタバーバラ校コンピュータサイエンス学科修士課程修了。松下電器マルチメディア開発センター所次長・所長、パナソニックAVC社AVネットワーク事業グループAVCモバイル・サーバ開発センター所長、役員デジタルネットワーク・ソフトウェア技術担当、海外研究所担当、デジタルネットワーク事業戦略室担当、常務役員、オートモーティブシステムズ社社長、パナソニック専務などを経て社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

勝つと脚光を浴び、ちやほやされました。するとつい謙虚さを忘れてしまう。「自分は謙虚だ」と思っていても、周りから見ると横柄な態度を取ってしまっていたりする。その驕りが甘えとなり、自分を追い込んだ稽古ができなくなる。味方になってくれる人も離れ、運も巡ってこなくなる。

舞の海の名言|驕りが甘えとなり、自分を追い込んだ稽古ができなくなる


中小企業ですから、投じることができる経営資源は限られています。だから私たちは、濃醇な酒にこだわるという選択をしました。流行を追っていたら、大きな達成を得ることはできません。また長期的に一つの目標を追うことで、大企業に勝るノウハウや技術を蓄積できると考えたのです。

太田英晴の名言|流行を追っていたら、大きな達成を得ることはできない


新しい企画はつねに募集していて、提案があれば企画者と役員が合宿をして、事業化に向けた話し合いをする場を設けます。合宿というか、むしろ修学旅行のようなイメージですね。オフィスを離れて環境を変えることで、「新しいことを考えるのは楽しい」と感じられる体験をしてもらうことが大きな狙いです。

森田仁基の名言|新しいことに挑戦する風土をつくるには


時間の質を高めるには3つの感覚が必要。

  1. 換金感覚。自分の時間をいくらに換えられるかを把握すること。
  2. 見積もり感覚。1日のスキマ時間になにができるか的確に見積もれる力。
  3. 合格点感覚。仕事も合格点をクリアすればOKの感覚を持つこと。

和田秀樹の名言|時間の質を高めるには3つの感覚が必要


私が入社して間もないころ、外資系のコンサルタントから「いますぐカラー写真フィルムから撤退してレントゲン写真と印刷に特化しなさい」との指摘を受けました。確かにそのとき、カラーフィルムのシェアは低かった。しかし、西村龍介社長は「ノーだ。私が国内初のカラーフィルム『さくら天然色フィルム』を開発した。どうしたら頑張れるかみなで考えてくれ」と、常務会で呼びかけました。そしていまでは、アジア市場で約三割のトップシェアを持つまでになりました。

植松富司の名言・格言|コンサルタントの言うことを聞かなかったので成功できた


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ