津賀一宏の名言|バーチカルソリューションという戦い方

域特化や特定市場にフォーカスし、よりお客様に近いところで事業を行うのがバーチカルソリューションであり、規模は小さくても、着実に収益を確保できればいいと考えています。すでに具現化している例が、堅牢型ノートPCのタフブックです。タフブックは、ガス会社や警察、軍隊にフォーカスし、その分野に最適化した商品に仕上げた。一般的なハードメーカーは、そんな発想はしません。しかし、パナソニックでは、お客様にお役立ちするためにはどうしたらいいかということを考えた結果、タフブックが生まれ、お客様との間に信頼関係を築き、次の製品へと進化させています。

津賀一宏 の経歴

津賀一宏、つが・かずひろ。日本の経営者。パナソニック社長。大阪出身。大阪大学基礎工学部生物工学科卒業後、松下電器産業(のちのパナソニック)に入社。カリフォルニア大学サンタバーバラ校コンピュータサイエンス学科修士課程修了。松下電器マルチメディア開発センター所次長・所長、パナソニックAVC社AVネットワーク事業グループAVCモバイル・サーバ開発センター所長、役員デジタルネットワーク・ソフトウェア技術担当、海外研究所担当、デジタルネットワーク事業戦略室担当、常務役員、オートモーティブシステムズ社社長、パナソニック専務などを経て社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私は多くの年収1億円超の方々から、「この人と会ったなら」という「展開」を心に描いて人と会うことが肝要だと教わった。そうした展開を考えないと、プラスの結果をもたらすことにはならないというのである。展開まで考えるとはどのようなことなのか。私流に解釈すると、売り上げの方程式を頭に入れて行動することだ。売り上げの方程式とは、その人によって計上できる売上額が、自分の思い描く売上額と同等かそれ以上であるということだ。

江上治の名言|「展開」を心に描いて人と会うことが肝要


基本的に転職するときは「社長になることに近づけそうか」という理由で判断してきました。

田岡敬の名言|「社長になることに近づけそうか」で判断する


経営理念を共有することが大切。企業の志が社員一人ひとりの志となり、行動に結びつく。

佐久間昇二の名言|経営理念を共有することが大切


私の知るかぎり、低価格路線で継続的に発展した会社はない。安物を売れば売るほど、会社も社員も安物になっていく。安売りをするのではなく、私は千房というブランドを高めたいのだ。

中井政嗣の名言|低価格路線で継続的に発展した会社はない


不幸というものは、いつもいきなり背中から襲ってくるものです。予告なしに訪れるものであるからこそ、日常の気構えが必要なのです。

鍵山秀三郎の名言|日常の気構えが必要


組織イノベーションを研究する中で、わかってきた事実があります。それは、最も成功しているマネージャーは、自分の組織のあらゆる部門に、いつでもアクセスできるというコミュニケーション力を持っている、ということです。何か問題が起こったら、デスクで「どうしよう」と悩むのではなく、すぐに外に出ていろいろな人とコミュニケーションを取り、すばやく答えにたどり着くのです。

ポール・R・シーリィの名言|成功しているマネージャーの特徴


伝統産業の仕事をするときは、歴史の長さが、新しいことを始める足かせとなっている場合があります。企画を成功させるためには、まずはその世界の重鎮やオピニオンリーダーと呼ばれる人たちを説得し、その人たちに一肌脱いでもらうのが有効です。

殿村美樹の名言|まず重鎮やオピニオンリーダーと呼ばれる人たちを説得し、その人たちに一肌脱いでもらうのが有効


意外な接点や組み合わせからイノベーションは起きるものです。そう考えると、机の上がきれいに整理整頓されて、まったく無駄のない状態から創造的な仕事が生まれるかというと、そうではない気がします。

小山龍介の名言|意外な接点や組み合わせからイノベーションは起きる


人生とは、チャンスをどう見つけるかという戦い。

永守重信の名言|人生とは、チャンスをどう見つけるかという戦い。


実は子供の頃、小児マヒを患ったことで右足の筋肉がなく、小学生時代はずっと車いすでした。でも同情されるのが嫌で、自分の力で歩けるようになろうと思い、中学生で新聞配達のアルバイトを始めました。初めは足がいうことをきかないので大変でしたが、一生懸命に新聞配達に取り組んだ結果、次第に右脚の筋力がつき、人並みに歩けるようになったのです。

木村皓一の名言|同情されるのが嫌で、自分の力で歩けるようになろうと思い努力した


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ