松村厚久の名言|コミュニケーションにアナログツールを活用する

このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookなどのツールを生かす一方で、アナログなコミュニケーションも大切にしています。そのいい例が、年賀状です。知り合って時間の浅い人でも、年賀状は「新年のごあいさつ」という大義名分のもと、不審がられずに受け取ってもらえます。何より「わざわざ出してくれたんだ」と思うとうれしいじゃないですか。そこからまた新しいつながりが生まれたりします。


松村厚久 の経歴

松村厚久、まつむら・あつひさ。日本の経営者。「ダイヤモンドダイニング」創業者。高知県出身。日本大学理工学部卒業後、日拓エンタープライズに入社。その後独立し、大学時代から興味を持っていた飲食業に参入。東京を中心に多業態のレストランを展開した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ガバナンスは経営の透明性を高め、資本生産性を改善し、稼ぐ力を高めるためにある。既に自ら律する経営ができているのなら、独自のやり方があってもいい。ただし、重要なのは形ではなく、経営トップ層が社外の意見にどれだけ傾聴の姿勢を持っているかだ。

日清食品が「チキンラーメン」のキャラクターデザインを変える決断をしたとき、社内は騒然となりました。「創業者が創ったキャラクターを変えるのか」と大議論になったという。しかし当時のチキンラーメンのブランドマネジャーが「新しいキャラクターでいくべきだ」と腹をくくり、反対する人々を説得してリニューアルを進めた。この時の判断は吉と出た。新しいひよこちやんになってからは、ブランドグッズの売上や認知度が飛躍的に向上した。

どんな勉強でも、力をつけるには、学習の継続が何よりも重要です。英語の勉強を続けるうえでは、重要なポイントが2つあります。1つ目は、中学英語レベルの基礎が身についたら、「好きな教材・学習法を選ぶ」こと。もう1つは、英語力の伸び方の仕組みを知っておくこと。英語力は、右肩上がりには伸びません。必ず「横ばい」の時期がある。そしてある時、急に伸びる。その繰り返しです。

長丁場の取り組みになって苦しくなった時、諦めた方が必ず負けます。でも、「自分が苦しい時は相手もきっと苦しいはずだ。もしかしたら、自分よりも苦しいのかもしれない」と想像できれば踏ん張れる。

私は研究所で20人以上の部下がいても、部下の指導というのは仕事の半分ぐらいにしておいて、極力、部下には自由に仕事をやらせ、あとの半分ぐらいで個人としての研究をやっていました。蚊帳もそんな研究のひとつだったんです。

短期的な業績への効果はありませんが、原料メーカーや広告代理店といったパートナー企業との関係を強化しています。担当者との打ち合わせに私が出席してその場で意思決定したり、誕生日にプレゼントを贈ったりして、絆を大切にしています。そうした努力をしていると、ノウハウや情報を積極的に提供してくれるなど、当社を大切にしてくれるようになります。

苦しいと感じることは、つまりその時点での能力の限界、言い換えれば新たな壁にぶつかっている証拠。ようやくたどり着いた壁だから、そこから逃げずに乗り越える。そうすれば大きく伸びるチャンスになるはず。

ページの先頭へ