鈴木敏文の名言|常に頭の中にあるテーマ

このエントリーをはてなブックマークに追加

顧客に新しいものを提供する。私の頭のなかにあるのは常にそのテーマです。


鈴木敏文 の経歴

鈴木敏文、すずき・としふみ。日本の経営者。セブン&アイホールディングス会長。中央大学経済学部卒業後、書籍取次大手のトーハンに入社。その後、イトーヨーカ堂へ移り、創業者伊藤雅俊の右腕として活躍し、セブン-イレブン・ジャパンを設立。コンビニエンスストアという形態を全国に広め小売業界を激変させた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ビジネスプランの三大要件は、「顧客ニーズをつかむ」「ニーズに合った商品を提供する」「競合他社を想定する」です。前二者はできたとしても、競合を想定することはなかなか難しいことです。

ものの言い方一つで、その人の知性や教養のレベルがわかってしまう。言葉を理解し、使いこなす「語彙力」は、社会人としての評価を左右する重要なスキル。

手帳を有効活用するには、「なんのために使うのか」という目的を明確にすることが重要です。私のように「スケジュール管理用」「プロジェクトベースの情報整理用」「メモ用」などと役割を決め、「いつ、何を、どう書くか」を決めておかないと、いくら立派な手帳を買っても使いこなせません。

独身時代と、結婚して子供が生まれるまでの時期は「貯蓄の黄金期」。

接待は日常の仕事の枠を越えた場で「ともにいい時間を過ごす」ことに意義があります。それによって相手と心を通わせて、仕事を円滑に進めるための地ならしができるのです。

寝つきを良くするために最も効果的なのは、肉体を疲労させること。頭脳労働が多いビジネスマンは肉体疲労よりも精神疲労が強く、「疲れているのに眠れない」という状態になりがちなので、意識的に日中の運動量を期やしたいところ。歩く量を多くするだけで十分な運動になります。目安は、一日およそ7千歩。

社長としての仕事しながら毎日の読書も欠かさなかった。一番忙しかった年でも、年間三百冊以上は読んでいた。睡眠時間はだいたい3時間ほどだったと思う。

ページの先頭へ