鈴木敏文の名言|真の競争相手は同業他社ではなく、絶えず変化する顧客ニーズ

このエントリーをはてなブックマークに追加

顧客に本当に満足してもらおうと思ったら、競争相手に勝つのでなく、既存の常識を打ち破らなければならない。なぜなら、真の競争相手は同業他社ではなく、絶えず変化する顧客ニーズだからです。


鈴木敏文 の経歴

鈴木敏文、すずき・としふみ。日本の経営者。セブン&アイホールディングス会長。中央大学経済学部卒業後、書籍取次大手のトーハンに入社。その後、イトーヨーカ堂へ移り、創業者伊藤雅俊の右腕として活躍し、セブン-イレブン・ジャパンを設立。コンビニエンスストアという形態を全国に広め小売業界を激変させた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

多くの人に愛されるには、コンセプトがブレないことが大事。

どんなこともデスクの上でなく、現場にある。

自分の思い込みではなく、他者の声や市場の実情に耳を傾けないといけない。

歴史はどんな時代においても、若者が創っていくものである。

現代人は「目分のやりたいことができる立場になれ」とか、「会社の歯車になってはいけない」などと、洗脳されすぎているように感じます。出世できなくとも、会社の歯車になっても、それで平穏に生きるのが幸せな人もいるのです。自分の与えられた立場をまっとうすることが大事です。

幸せだと思われたことが不幸に結びついたり、不幸だと思われていたことが幸せに結びついたり、どちらに転ぶかわからない。しかし、目標や夢を持ち続けることで、人間は後者を導けるようになる。

一家の生計を立てるのも学問です。商売をするのも学問です。時代の動きを察知するのもまた学問なのです。和漢洋の書物を読むことだけが学問であるという考え方は正しくありません。

ページの先頭へ