鈴木敏文の名言|新しいものを生み出すには

このエントリーをはてなブックマークに追加

新しいものを生み出すには、過去の経験から離れ、未来から現在を考えることが大切です。


鈴木敏文 の経歴

鈴木敏文、すずき・としふみ。日本の経営者。セブン&アイホールディングス会長。中央大学経済学部卒業後、書籍取次大手のトーハンに入社。その後、イトーヨーカ堂へ移り、創業者伊藤雅俊の右腕として活躍し、セブン-イレブン・ジャパンを設立。コンビニエンスストアという形態を全国に広め小売業界を激変させた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

つかんだ情報から生まれた知見やアイデアをビジネス展開していくときには、果断な決断力と最後までやり抜く行動力が必要となります。

身はたとひ 武蔵の野辺に朽ぬとも 留置きまし大和魂

太っている人は自分が太るための行動をとっていることを自覚していないんです。そういう現実を直視しないと、本気でダイエットする決心がつかないのです。

会社の中での会議や他社との交渉事で話がかみ合わない時には、「ここで議論したいことは、これですよね」と、論点をきっちりとすり合わせることが基本中の基本。

我々は、お客さまがご要望されることに応えていくことが第一の使命だと考えております。ですからいろいろな分野に挑戦しています。

我々は決して、株価が下がったから株を手放すという「損切り」はしませんが、その企業が変わってしまったという理由から「縁切り」することはあります。

「ゴーイングコンサーン(継続企業の前提)」という前提に立つ以上、あまり一喜一憂せずに、やるべきことを普通にやっていくことが大切なのではないか。

ページの先頭へ