鈴木敏文の名言|自己評価が高くても、顧客の満足を得られなければ、単なる自己満足にすぎない

このエントリーをはてなブックマークに追加

自己評価が高くても、顧客の満足を得られなければ、単なる自己満足にすぎない。逆に自分たちは負けていると思って差を埋めることばかりに汲々とすると、ものまねに陥ります。いずれも顧客は離れていきます。


鈴木敏文 の経歴

鈴木敏文、すずき・としふみ。日本の経営者。セブン&アイホールディングス会長。中央大学経済学部卒業後、書籍取次大手のトーハンに入社。その後、イトーヨーカ堂へ移り、創業者伊藤雅俊の右腕として活躍し、セブン-イレブン・ジャパンを設立。コンビニエンスストアという形態を全国に広め小売業界を激変させた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私の長い道のりは、まだ終わっていない。

組織の効率化は「それぞれの役割をはっきりさせる」ことに尽きます。会社では私はCEOを演じる役者で、脚本家でもあります。しかし、脚本に書かれていないことはしない。もちろんできることもありますが、それをやってしまうと肝心のCEOの役が疎かになってしまうからです。一人一人が自分の役に専念し余計なことはしない。これが組織を効率化する基本です。

H.I.S.は創業以来、おかげさまで業績を伸ばし続けています。ただ、決して一直線で伸び続けてきたわけではありません。急成長しては踊り場を迎え、そしてまた成長していく、その繰り返しでした。

経営において最も大切だと考えているのは「人は力なり」ということです。会社でも個人でも、日々の成長を意識しなければ、これからの時代に生き残っていくことは難しいでしょう。もちろん弊社としても、事業と社員の成長により一層力を注いでいきたいと考えています。

ありがたいことにお知り合いの方々からお仕事の紹介をいただくケースが多いです。私のデザインや商品に対する想いや姿勢はなかなか伝わりにくいので、実績としてお付き合いいただいているお客様からの紹介は非常に助かります。

入社して最初に配属されたのは、建設機械の耐久実験を担当する部門でした。屋外の現場で、ひたすら試作車を運転し続けるのが仕事です。この経験こそが私の原点です。報道や書類の内容をそのまま信じるのではなく、必ず自分の目で確かめるようになりました。

過去百年続いてきた会社だから、次の百年も安泰というわけではありません。むしろ全く逆です。過去の成功体験にとらわれずに、新しいパナソニックをつくるにはどうすればいいか。ここを考えることで、社員のやりがいにもつながると思います。

ページの先頭へ