大前研一の名言|疑い深く考えることが大切

「人が気づかないことになぜ気づくのか」と問われても答えようもないのだが、ひとつの理由らしきものを挙げるとすれば、私には極めて疑り深い点があるということだ。知っているとか覚えている、ということはなく、「すべてゼロから考えたらいいさ」と開き直って、自分なりの問題定義と問題解決をその都度やっているのである。だから、人の話を鵜呑みにしない。他人の言うことを、そのまま正しいとは思わない癖をつける。そして「おかしい」と特別に違和感を覚えたら、徹底的にその瞬間に考え、調べ上げるのだ。

大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

国で定められた法令については、全員が厳しく守ること。並びに規則や既定についても厳守すること。

西川利助の名言|国で定められた法令については、全員が厳しく守ること


お金は重要だと思います。でも、それは自在であるために必要だからです。僕は、競技人生の終盤にスポンサーがすべて離れてしまい苦しい思いをしました。そういう状況では、貧すれば鈍すると言うよりも、「貧すれば屈する」という感じで、心理的にも屈してしまうわけです。それを痛感したので、やはり何かに縛られずに自在であるためには、お金を稼ぐ、もしくはその能力を持つことは重要だと思っています。

為末大の名言|お金を稼ぐのは自在であるために必要だから


何のために仕事をするのかということを突き詰めていくと、それは医療現場に安心をお届けすることであり、ひいては地域社会に貢献することですそのためには知と創造で医療現場の未来を切り拓くことが重要であり「ネクスト・イノベーション」を企業指針に定めました。

木下敦の名言|何のために仕事をするか突き詰める


僕は脚本を書いている段階で、すでにその俳優さんが話しているシーンが見えています。それに今回の映画は、前作から引き続いていることもあり、シナリオ段階からイメージしていた俳優さんに多く登場してもらうことができました。それに僕は、監督の仕事の重心の7割はキャスティングにあると考えています。

青山真治の名言|映画監督の仕事の重心の7割はキャスティングにある


しっかりしたビジョンがあれば、どんな仕事もとても楽になる。決断を迫られた時や悩み事がある時も、ビジョンに立ち戻ればいい。そこから自然と進むべき道が見えてくるはず。だからこそ若いうちに、しっかりとしたビジョンを持ってほしい。

山中伸弥の名言|ビジョンを持つ利点


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ