大前研一の名言|疑い深く考えることが大切

「人が気づかないことになぜ気づくのか」と問われても答えようもないのだが、ひとつの理由らしきものを挙げるとすれば、私には極めて疑り深い点があるということだ。知っているとか覚えている、ということはなく、「すべてゼロから考えたらいいさ」と開き直って、自分なりの問題定義と問題解決をその都度やっているのである。だから、人の話を鵜呑みにしない。他人の言うことを、そのまま正しいとは思わない癖をつける。そして「おかしい」と特別に違和感を覚えたら、徹底的にその瞬間に考え、調べ上げるのだ。

大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

あなたがたの中で幸せになれるのは、どうしたら人類に奉仕できるかを模索し、ついにそれを発見した人々だけである。

知性や感性を豊かにすることに、即効性を求めるべきではないと私は思います。あてどない散策や迂回の中で得たものこそ、その人の知識や人となりに深みを与えるのではないでしょうか。

上司の方針が間違っているときもあるでしょう。でも、正しい方針のときは誰がやっても成果が出るんです。逆に悪い方針のときは部下次第で成果に大きな差が出る。だから上の方針が間違っているときこそ、すぐとりかかって成果を出さないといけません。そうやって頑張っていれば、直属の上司には評価されなくても、ほかの部署の上司が放っておくわけがありません。

自分の価値を高めるには、自主練を終えて本業の時間が始まったら、それに全精力を注ぐことが大切だ。

経営者は何をすべきかわからないといって立ち止まるわけにはいきません。

経営でも、政治でも、経営学とか政治学は教えることができるし、習うこともできる。しかし、生きた政治、生きた経営、これは自問自答して、あるいは体験を積んで体得するしかない。

ひらめきは問題解決に有効とされているロジカルシンキング(論理思考)のような意識的な理詰めではなく、無意識領域の働きによって、神の啓示のごとくに政界や解決策がもたらされるものと考えられている。しかし、無意識領域から浮かんでくる思考の多くは無意味だったり、ときには反社会的だったりする妄想にすぎない。妄想とひらめきを分けるものは、現実世界とのつながりである。ひらめきは現実の問題を解決する発送であって、事実に基づくリアリティがあり、社会活動とつながりを有し、社会的に還元され得る。

イライラしたときに即効性が高いのは、深呼吸です。イライラした気持ちを吐き切るイメージを持って行うといいでしょう。「いち、に、さん……」と6秒間、数を数えるのも効果的です。冷たい飲み物を飲んでクールダウンする方法もあります。氷を食べてもいいですね。歯で氷をガリガリ砕くと、ストレス発散にもなります。「自分をしっかりコントロールする」という意識を強く持つことがコツです。

よく「起業したい」という相談を受けますが、起業以降の具体的な目標や計画の有無で、起業自体が成功するかどうかも変わる。

話をするときに緊張してしまうのは、大きく分けて2つ原因があると思っています。ひとつは準備不足。もうひとつの原因は、場数が足りないことです。

ページの先頭へ