大前研一の名言|疑い深く考えることが大切

このエントリーをはてなブックマークに追加

「人が気づかないことになぜ気づくのか」と問われても答えようもないのだが、ひとつの理由らしきものを挙げるとすれば、私には極めて疑り深い点があるということだ。知っているとか覚えている、ということはなく、「すべてゼロから考えたらいいさ」と開き直って、自分なりの問題定義と問題解決をその都度やっているのである。だから、人の話を鵜呑みにしない。他人の言うことを、そのまま正しいとは思わない癖をつける。そして「おかしい」と特別に違和感を覚えたら、徹底的にその瞬間に考え、調べ上げるのだ。


大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ストレスの受け止め方には個人差があります。大きなミスをして上司から叱責されても、あまり気にしない人や一晩眠ればケロッと忘れる人もいれば、深刻にとらえて傷つく人やいつまでもくよくよしている人もいます。同じ刺激でも人によって反応が違うのです。

現在の自分と若い頃を比べ、ギャップの大きさに打ちひしがれる人もいますが、昔の自分と比べる必要はありません。人生は「いま」が大事なんですよ。

はんぱな者どうしでも、お互いに認めあい、補いあって仲よくやっていけば、仕事はやっていけるものだ。

聞き手は、プレゼンの内容が自分にもたらすメリットを考え、納得のいく答えを探します。話し手がシンプルで分かりやすい表現を使うほど、メッセージは正確に伝わるのです。

ストレスの時代では、誰もがパワハラと誤解されるリスクもある。

「才能がないのかな…」とすっかり弱気になっていた時期、恩師から「あなたは経営者に向いている。頑張りなさい」と激励され、また無我夢中で働きました。すると、気が付くと、問題は収束し、事業もうまくまわっていました。

アイデアは料理でいう食材みたいなもの。並べただけでは料理になりません。調理して初めて料理、つまり使える企画になるのです。その一方、食材が揃わなければ、おいしい料理はやはりできない。食材と調理、どちらも大切です。

ページの先頭へ