大前研一の名言|問題解決のための論理的思考を血肉化することが大切

このエントリーをはてなブックマークに追加

「大前さんはどうしてそんな新しいアイデアが出てくるんですか」とよく聞かれるが、自分では「新しいものを生み出している」という意識はほとんどない。私の場合、何か閃いて新しい発想を得るわけではない。自分目身に質問を投げかけて、それを解くための具体的なフレームワークを作り、それに沿って端的かつしつこく、頭の中で問題解決法を構成して出てくるものにすぎない。問題解決のための論理的思考を血肉になるまでとことん鍛練した結果、どんな物事や現象を見ても、すぐに解決方法が見つかるようになった。これは後天的なものである。


大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

教育はバラエティーがあったほうがいいんですよ。文部省管轄下の学校だけが教育するというシステムは変えていきたい。

誰かに相談できれば客観的な意見に触れることができますが、人に相談するというのは簡単なようで実はハードルが高いもの。あまりに悩みが深ければ相手も受け止めきれないからです。そこで、書き出すことによって自分の気持ちや考えを客観的に見る「もう一人の自分」をつくることができれば、他人ではなく自分に相談できるようになる。

お金があっても、私は幸せではなかった。幸せを求めるためにお金を稼いだわけでもない。きつい仕事ばかりやってきて、これ以上やると不幸になるから辞めました。

今でこそ世界に誇る新幹線ですが、車両、線路、駅務などの地道な総合力で成り立っているのです。

時間は有限ですから「やらないことを決める」。これが成果をあげるコツ。

マンスリータイプの手帳は、1日のスケジュールを書くスペースが狭いと心配されますが、私の場合、1日のアポイントは多くて4件なので十分。手帳は書くことより見ることの方が多いので、書見台を使って手帳の定位置を決めたことが効きました。

商品はその魅力が伝わらないと買っていただけません。従って常にどう伝えるかを考え、実践してきました。

ページの先頭へ