大前研一の名言|問題解決のための論理的思考を血肉化することが大切

「大前さんはどうしてそんな新しいアイデアが出てくるんですか」とよく聞かれるが、自分では「新しいものを生み出している」という意識はほとんどない。私の場合、何か閃いて新しい発想を得るわけではない。自分目身に質問を投げかけて、それを解くための具体的なフレームワークを作り、それに沿って端的かつしつこく、頭の中で問題解決法を構成して出てくるものにすぎない。問題解決のための論理的思考を血肉になるまでとことん鍛練した結果、どんな物事や現象を見ても、すぐに解決方法が見つかるようになった。これは後天的なものである。

大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

加勢が来ると敵が予測しているところに加勢を出さずに敵に骨を折らせ、加勢が来ないと考えているところに軽く加勢を出すことで戦いを有利に進めることができる。

織田信長の名言|相手の裏をかく


今はトランスミッションが売れて忙しいから誰も危機感なんてない。だが、私から見ると怖くてしょうがない。将来、車が完全に電動化すると、アイシンの売上高は今の3.5兆円から1兆円ぐらいまで減る。そのインパクトは大きい。だからこそ好調な今のうちに手を打たないといけない。

伊原保守の名言|好調な今のうちに手を打たないといけない


正直、ダチョウ倶楽部には「これ」という方向性はないんです。結成して1年目、2年目はテレビの仕事もなく、ショーパブ芸人だったんですけど。1日3回ステージでね。当時、やっていたネタとか、ノリが見事にね、今と変わらない。ホント、何も変わっていないなぁ。熱々おでんはやってないけど、リアクションはやっていたし。言えることは、あの頃から目先の笑いばっかりなんだな。

肥後克広の名言|結成当時から変わっていない


お客様を深く知り、お客様自身さえ明確に意識していないニーズをとらえた商品を世に出すことが求められています。

小泉光臣の名言|お客様自身さえ明確に意識していないニーズをとらえる重要性


取材依頼も正攻法でやっています。大物でブッキングが大変だから、とヘンに策を練ることもなく、きっちり正面から門を叩いて、それで開けてくれるところに話を聞きに行くだけです。もちろん叩いても開かない扉はありますけど、僕は「この門は開くはずがない」と思いながら門を叩くようなことはしません。

渋谷陽一の名言|ダメだと思わず正面からアプローチすることの大切さ


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ