中原淳の名言|一度きりの人生を充実したものにするためにも、仕事を楽しむことを諦めないことが大切

このエントリーをはてなブックマークに追加

もともと仕事は面白いものでも、つまらないものでもないのかもしれません。ですが、一度きりの人生を充実したものにするためにも、楽しむことを諦めず、時折、自分の仕事の意味を見つめ直してみてはいかがでしょうか。


中原淳 の経歴

中原淳、なかはら・じゅん。日本の教育学者。北海道出身。東京大学教育学部卒業、大阪大学大学院人間科学研究科博士課程修了。文部科学省大学共同利用機関メディア教育開発センター助手、東京大学大学総合教育研究センター講師、同助教授、同准教授、東京大学大学院学際情報学府准教授。主な著書に『企業内人材育成入門』『ダイアローグ 対話する組織』『ここからはじまる人材育成』『リフレクティブマネジャー』など。専門は職場学習論、人材発達支援論。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

若いころは無駄に思える仕事も積極的に引き受けていました。一見無駄でも、実際にやってみると自分の幅を広げてくれることが多いからです。

最初から言葉を発しなくても伝わると考えたら、何も始まりません。欧米人は自分の意見をどんどん言いますが、日本人も伝えたいことをしっかり言葉にして、しっかり伝えることが重要だと思います。

スピード感は我々ベンチャー企業の強み。現地に直接トップが交渉に赴くことで、その場で意思決定ができる。

現場の第一線のことまでも何らかの形で耳に入ってくるようにしておかなければ裸の王様になってしまいます。裸の王様になったら現実がわからなくなってきますからね。

稼いでいる人たちの多くは、お金を擬人化して、あたかも自分のパートナーであるかのように語ります。彼らにとって、お金は単なる交換の手段ではなく、人生を豊かにしてくれるよきパートナーなのです。

伊勢丹ではハンドバッグや靴のバイヤーから、まったく未経験の婦人服のバイヤーになったり、熊本のデパート岩田屋に出向したりと、いろんな仕事をしてきました。もちろん、すべてが華やかな仕事だったわけではないし、過酷な時期もありました。でも、そのおかげで、ファッションをトータルで考えられるようになり、多様な人脈もできた。それが、いまの仕事にもすごく役立っています。もし、自分の運のいいところを挙げるなら、自分から望まないでもそういう経験ができたことでしょうね。

プロジェクトが成功するかどうかは、こちらの情熱や思いを相手の担当者とシェアできるか否かでしょう。その意味では「どの会社とやるか」より「誰とやるか」が重要です。同じ会社でも「あそこの部署に行ったらダメだ」ということがあります。相手企業の中で、誰がプロジェクトを動かす力を持っているのか。そこを見極める必要があります。

大事なのは、お客さんのところに頻繁に通うことです。お客さんのところに足を運び続けていると、「平時はだいたいこんなものか」という状態がつかめるようになります。すると、お客さんの変化に、すぐに気づくことができるんです。お客さんの気になる商品が新たにわかったりして、商売につながることもあります。

イノベーションを生み出す上で重要なのは、自分たちが現在直面している様々な問題を解決する方向でのイノベーションを目指すことです。

新工場をつくったとき、私は新天地でのものづくりに胸を弾ませていましたが、「どうして富士宮まで引っ越すのか」と小田原工場からの移転を喜ばない人も多かった。特に家族持ちの部課長クラスは行きたがらなかったですね。そこで私は、人事部と交渉し、異動者のためのアメを用意しました。富士宮に家族と暮らせる社宅を用意し、独身者が多い社員寮には当時はやりの「カラオケルーム」や「ビリヤード部屋」を作りました。人事部はしかめっ面でしたが、おかげで100人近くが富士宮についてきてくれることになりました。

ページの先頭へ