中原淳の名言|自分に対して正当な評価を下してくれる人を持つことが大切

このエントリーをはてなブックマークに追加

成功しても上司から褒めてもらえない、失敗したときだけ叱責される、あるいは、失敗したときすら何も言われない、といったことが続くと虚しくなります。残念ながら、直属の上司に期待ができないということであれば、同僚、先輩、他部署の人でもいいので自分に対して正当な評価を下してくれる人を持つことができるといいでしょう。仕事の区切りがいいときに、一緒に仕事をしたメンバーと打ち上げをするなど、振り返る機会をつくるのもいいと思います。


中原淳 の経歴

中原淳、なかはら・じゅん。日本の教育学者。北海道出身。東京大学教育学部卒業、大阪大学大学院人間科学研究科博士課程修了。文部科学省大学共同利用機関メディア教育開発センター助手、東京大学大学総合教育研究センター講師、同助教授、同准教授、東京大学大学院学際情報学府准教授。主な著書に『企業内人材育成入門』『ダイアローグ 対話する組織』『ここからはじまる人材育成』『リフレクティブマネジャー』など。専門は職場学習論、人材発達支援論。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

事業を行う上で大切なのは「人」と「仕組み」。仕組みを変えることは簡単ですが、人は変えられません。だから、我々は辞める理由のない会社を作ろうとしています。

確かに1棟の平均金額は上がりました。価値ある住宅、安全・安心に対する需要はますます高まっています。安さで勝負する価格営業ではなく、やはり価値営業が大切です。価値にはいろいろあります。住宅自体もそうですが、営業や現場監督、設計に関わる人がいかに大切か、それを訴えていきたい。

そもそも芸能というのは、人々の心を和らげ、楽しませ、身分の上下なくあらゆる人の心も動かすものであり、幸福を増進し寿命を延ばす基となるべきものだ。さらに突きつめて考えてみれば、人間社会の営みというものは、いかなる道も幸せにしてゆくためにあるものだ。

休日に店に行って、名刺を出して、売れているかどうか店長に聞く。それで「ダメです」という言葉を5~6軒聞けば、ダメだなと思ってやめます。早いものだと1週間くらい。売れないとCMもすぐ止めます。そうしないと損が膨れ上がる。「頑張ります」「あともうちょっと」といって、うまくいったためしはありません。

幸か不幸か、日本語が読めませんので、ニュースを目にすることがないのはいいことかな、と思っています。イタリアにいたときは、担当記者であったり、評論家であったり、日常的に関わらないといけない人がいました。日本の場合は、日常的な記者との関係をつくらなくてもいいし、一度に記者会見で発表すれば事足りるので逆にストレスは小さいかもしれません。そういう意味で、自分の仕事に集中できています。

コミュニケーションが難しそうなときは、挫けないことが大事。

私は管理職に登用する際の選択基準を、一にも二にも人格に置いています。もちろん、人格が優れていて実績も高ければ文句はありませんが、人格と実績のどちらを優先するかといえば、圧倒的に人格の方です。

お金持ちの人生もいいと思うんですよ。でも、僕は親父に言われたことがあるんです。「金持ちよりも、夢持ち、人持ちの生き方をしろ」と。夢に挑み続ける生き方、そして仲間がたくさん集まってくる生き方、それを僕は目指していきたい。

部下の弱点をうるさく指摘するのではなく、強い部分を引き出して伸ばしてやる。部下と接するとき、私はいつもそういう言葉を投げかけるよう心掛けてきたつもりです。

「閉じこもる」「ぶらさがる」「しがみつく」の3つは日本人の悪い癖です。生き残りのために合併を決めながら、旧会社の経営幹部が何らかの形で新会社に居残るのはみっともない。

ページの先頭へ