鈴木敏文の名言|売り手側が変わり続けることで、顧客には変わらず満足してもらえる

このエントリーをはてなブックマークに追加

売り手側が変わり続けることで、顧客には変わらず満足してもらえる。


鈴木敏文 の経歴

鈴木敏文、すずき・としふみ。日本の経営者。セブン&アイホールディングス会長。中央大学経済学部卒業後、書籍取次大手のトーハンに入社。その後、イトーヨーカ堂へ移り、創業者伊藤雅俊の右腕として活躍し、セブン-イレブン・ジャパンを設立。コンビニエンスストアという形態を全国に広め小売業界を激変させた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

会議はなるべく減らしています。何かを決めるのは、べつにメールとかLINE上でもできるので。いわゆる定例会議はなるべくなくしています。

どんな仕事でも同じだと思いますが、すべて成功することなどありえません。私自身もこのようにトライ&エラーを繰り返し、失敗から多くを学んできたのです。

初心者の方はいきなり大きな投資をしないでください。まず投資というものに慣れてから、投資額を大きくしていくことです。なにごとも最初から上手くいきません。世の中にはビギナーズラックというものもありますが、決して長続きするものではありません。投資の腕を上げるには順序が必要です。

独立を目指したのは、事業を興した父に対する尊敬と、それを越えたいというライバル心があったからです。

いまの選手はあまり努力をしない。彼らは憧れだったプロ選手になったことで満足してしまっているんです。本当はようやく出発点に立ったに過ぎないというのに、そこがゴールと勘違いしてる。だから、チームから与えられたメニューしかやらない。それで一流の結果なんて出せるはずがないじゃないですか。

人間力とは、自分の頭でものを考える力でもあります。今日のような大きな構造変化の時代、新しい状況を自分の頭で理解し、その理解に基づいて問題を解決できること。借り物の考えではなく、自分の頭でものを考えることができる力です。

皆、夢を見なさすぎだ。大きな夢を見て、一心不乱に努力する。そうすればここぞと思ったら掴みかかることができる。

ページの先頭へ