大橋禅太郎の名言|「なぜ」よりも「どうすれば」という質問が大切

人は「なぜ?」と質問されれば言い訳を考えたくなるし、「どうすれば?」と質問されれば解決策を考えようとするものです。

大橋禅太郎 の経歴

大橋禅太郎、おおはし・ぜんたろう。日本のコンサルタント。フランスの石油探査会社シュルンベルジェに入社しブルネイやインドネシアで石油調査に携わる。同社で貯めた資金1000万円を元手に各国の在東京大使館向け情報コンサルティング会社を設立。アメリカにわたり、シリコンバレーでインターネットマーケティング会社ガズーバを創業。ユダヤ人マネージメントコーチのハワード・ゴールドマンより経営ミーティングの方法を伝授される。その後、同社を売却し、日本で会議コーチングを教えることとなる。主な著書に『秘伝すごい会議』『行動力・力』『ガズーバ!奈落と絶頂のシリコンバレー創業期』など。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

未開拓の市場で商品を売る苦労や、新しい顧客層が望む技術を開発する難しさを体験させる。そうして修羅場をくぐらせる中から、異才を持つ人材を見いだし、育成していくことが求められています。

小池利和の名言|異才を見いだすには


家庭やプライベートの人付き合いに振り回されている場合、まず課題の所在をはっきりさせよう。

小倉広の名言|まず課題の所在をはっきりさせよう


役員とは当初、2020年東京オリンピックの年に向けての目標を話し合っていましたが、近い目標であると具体的になりすぎてしまうということになり、何か違うと思いました。そこで、時間軸をぐっと長くして、2100年に向けて私たちはどういう会社でありたいのか、議論しました。そこから紐解いて、第一ステージとしての2020年という位置付けにした方がブレない会社のあり方になると考えました。

宇佐美進典の名言|近い目標であると具体的になりすぎてしまう


どんなに高学歴でも、人がついてこなければ大きな仕事は成し遂げられません。

枡野俊明の名言|人がついてこなければ大きな仕事は成し遂げられない


統合には立場を超えて相手を思いやる気持ちが一番大切。

折目光司の名言|統合には立場を超えて相手を思いやる気持ちが一番大切。


現場の人材力が事業の成否を左右するサービス業は、やはり優秀な人材を確保して現地化することが不可欠。

田崎ひろみの名言|優秀な人材を確保して現地化することが不可欠


今でこそエリンギは広く知られています。しかし、20数年前にはまだ日本にありませんでした。そのため、当社が世界で初めてエリンギの量産を始める際、父はびんから出ているエリンギを、スーパーの店頭でもぎ取って販売するという方法を発案し、そのための専用トラックまでつくらせました。

水野雅義の名言|初めての商品は売り方を工夫する


私が最も重要視するのは価格ではなく、得られるリターンだ。キャピタルゲインを狙って投資してはいけない。「キャッシュフロー」を狙うべきだ。

ロバート・キヨサキの名言|キャピタルゲインを狙って投資してはいけない


早稲田大学、明治大学の社会人講座はとくに充実しています。「もう一度、キャンパスに戻って、しっかり学びたい」というビジネスマンが通っています。

いぬかいはづきの名言|大学の社会人講座を受けてみるという選択肢


当たり前ですが、ハガキや手紙を出すことではなく、相手との関係を築くことが目的です。書く枚数を目標にしたり、義務感や惰性で書いたりすると、その点を履き違えてしまう。そうではなく、受け取った相手に何を感じてもらえるかを考えて書くことが大事でしょうね。

加藤秀一の名言|目的と手段を混同しないことが大切


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ