松下幸之助の名言|トップが働かなければ社員は働かない

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分はタバコくわえて遊んでいて、社員に「働け」と言うたかて、そら働きよらんですよ。


松下幸之助 の経歴

松下幸之助、まつした・こうのすけ。日本の経営者。「松下電器産業(のちのパナソニック)」創業者。9歳の時に父が米相場で破産したため尋常小学校を4年で中退し丁稚奉公に出る。16歳で大阪電燈(現:関西電力)に入社し7年間勤務。在職中に電球ソケットを考案した。その後同社を退社し独立。水道哲学、ダム式経営など独特な経営哲学で同社を日本屈指のグループ企業へと育て上げた。松下政経塾、PHP研究所の設立者でもある。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

会議の前には、日時・場所・議題や、資料などが記載されたものが配られます。これらの情報に加え、これまでの経緯や今後の予定、そして何より、どんな結論が出たら目標が達成されるのか、ゴールが明示されていなくてはなりません。

僕がほかの人にはできないような発想や話をできるのは、自分の思考や経験を紙に吐き出しているから。それが僕の仕事になっている。

我々は、自分たちの理念を通じて、未来を生き抜く力をお子さんたちに与えていきたい。私たちの教育理念は、「やればできる、チャレンジする喜び、夢を持つことの大切さ」。これを伝えていきたい。

企業は人がすべてですが、最近、とくに注視しているのはモチベーションをいかに高く持つことができるようにするか、ということです。

研究開発投資は、目先のことだけではなく中長期的なことを考えながら行う必要があります。世の中の技術が進歩している現在、ひとつの技術だけで完結することは少なくなっています。

会社を創業する前には、建設業界の知り合いの社長何人かに「職人を自前で育てる会社を作りたい」という話をしたんだけど、みんなが反対したね。経営効率を上げるためには、外注が不可欠であるというのが業界の常識だから。「職人を社員として雇うと、仕事がないときでも給料を払わなくてはいけないんだよ。人件費はどうするんだよ」と言われた。でも僕は外注にだって無駄が多いことを知っていた。いろいろな業者が関われば関わるほど、打ち合わせや調整に手間がかかるから工期が長くなる。すると管理コストがかさんでいく。けれども内製化すれば、打ち合わせや調整が社内でできるから手間もかからないわけだよね。それに資材の転用率を上げるなど、そのほかの部分で効率化を図っていくこともできる。だから僕はすべてを内製化しても、利益を確保することは十分に可能だと思っていた。

近い年齢同士の活発なコミュニケーションの中、若い医師たちはとにかく惜しみなく自分の知識や技術を後輩に与えます。教えることで教える側の質も向上してきます。

ページの先頭へ