内藤忍の名言|服のセンスに自信がない人が上手に服を選ぶには

このエントリーをはてなブックマークに追加

私がお勧めするのは、服をまとめ買いをして、お店の店員と仲良くなることです。多くの人は、一回の買い物で一着だけを買うことが多いと思います。しかし、そうやって買っていくと、好きな色の洋服ばかり買うことになり、結果的に洋服ダンスに同じような色の服が並ぶことになります。気に入ったお店の気に入った店員を見つけたら、その人を指名して、すべての服をその人から購入し、管理までお願いしてしまう。つまり、店員を自分のスタイリストにしてしまうのです。まとめ買いは、一見高くつきそうですが、ムダな洋服を買わなくなり、結局はお得。大切なお得意さんとして、踏み込んだアドバイスもしてもらえるし、一石二鳥です。とくに、洋服を選ぶのが苦手な人や、センスに自信がないという人は、店員を上手に活用すると良いでしょう。


内藤忍 の経歴

内藤忍、ないとう・しのぶ。日本の経営者。マネックス証券系列会社の金融教育会社マネックス・ユニバーシティ社長。東京大学経済学部卒業後、住友信託銀行に入社し10年にわたり為替ディーリングをはじめ、各種金融商品による運用業務に従事する。MITスローン・スクール・オブ・マネジメントにてMBA取得。シュローダー投信投資顧問で債券と国際分散投資担当のファンドマネジャーを務める。マネックス証券設立に共鳴し同社へ移り商品開発、資産設計などを担当する。各種資産運用セミナーで個人投資家へのアドバイスを行っている。主な著書に『内藤忍の資産設計塾シリーズ』『こんな時代を生き抜くためのウラ「お金学」講義』『高校生にもわかる「お金」の話』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

現代では年収200万円で負け組と言われている人でさえ、その多くは貧窮しないで、昔の王様並みの生活ができます。ちょっとお金の使い方のバランスを変えれば、豪華な食事もできる。デジタルツールで瞬時に他人とつながることもできます。お金を出せばいくらでも自分の欲を満たせて脳内麻薬を生み出せる。歴史上、大半はそういう状況にない中で人間は自己形成されてきました。快感スイッチを連続入力するような現代の生活は、人間の生き物としての仕組みを壊してしまう気がします。

オフィスの一部を改装して、企画を練る場所と実験をする場所を同じ空間に配置しました。リーダーがチーム全体を見渡せて、現場の社員同士がより気軽に意見交換や相談をやりやすい環境をつくることにより、商品開発力強化することが狙いです。

時には(先代社長の父と)意見がぶつかることもありますし、手順をもっとこうしたらいいかもと思うこともあります。しかし、議論の中で学ぶものもありました。

長期的にビジネスを成功させていくためには、自分の会社のみならず、相手の会社にもプラスになるようにしなければならない。フェース・ツゥー・フェースでぶつかり合って、お互いに信頼関係が生まれて「この人となら」と思えたときから、ビッグビジネスへの機会が生まれるのです。

開演前「コレを飛ぶの!?」と驚き、開演後「コレを飛んだの!?」と実感してもらうわけです。
【覚え書き|シアターの入り口にモンスターボックス(20段の跳び箱)を置いていることについて】

教養は培養である。それが有効であるためには、まず生活の大地に食い入ろうとする根がなくてはならない。

一時は栄華を極めたものの、時代の変遷で廃れることはよくあります。ただ、波に乗り遅れた「過去の遺物」にも価値はある。むしろ、たくさんの英知が集結している「宝の山」と言っても過言ではありません。

ページの先頭へ