内藤忍の名言|服のセンスに自信がない人が上手に服を選ぶには

私がお勧めするのは、服をまとめ買いをして、お店の店員と仲良くなることです。多くの人は、一回の買い物で一着だけを買うことが多いと思います。しかし、そうやって買っていくと、好きな色の洋服ばかり買うことになり、結果的に洋服ダンスに同じような色の服が並ぶことになります。気に入ったお店の気に入った店員を見つけたら、その人を指名して、すべての服をその人から購入し、管理までお願いしてしまう。つまり、店員を自分のスタイリストにしてしまうのです。まとめ買いは、一見高くつきそうですが、ムダな洋服を買わなくなり、結局はお得。大切なお得意さんとして、踏み込んだアドバイスもしてもらえるし、一石二鳥です。とくに、洋服を選ぶのが苦手な人や、センスに自信がないという人は、店員を上手に活用すると良いでしょう。

内藤忍 の経歴

内藤忍、ないとう・しのぶ。日本の経営者。マネックス証券系列会社の金融教育会社マネックス・ユニバーシティ社長。東京大学経済学部卒業後、住友信託銀行に入社し10年にわたり為替ディーリングをはじめ、各種金融商品による運用業務に従事する。MITスローン・スクール・オブ・マネジメントにてMBA取得。シュローダー投信投資顧問で債券と国際分散投資担当のファンドマネジャーを務める。マネックス証券設立に共鳴し同社へ移り商品開発、資産設計などを担当する。各種資産運用セミナーで個人投資家へのアドバイスを行っている。主な著書に『内藤忍の資産設計塾シリーズ』『こんな時代を生き抜くためのウラ「お金学」講義』『高校生にもわかる「お金」の話』など。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

多くの仕事が舞い込んで、立ち止まってしまうと焦りの感情が発生してしまう。それを避けるには、すぐに行動に落とし込むこと。

築山節の名言|立ち止まらず、すぐに行動に落とし込む


営業マンは皆、それぞれ個性があります。会社として均質化するつもりはありません。ただし、成功・失敗は情報を集めて水平展開しています。支店長の合宿は1カ月に1度開催し、成功例は共有しています。

成田和幸の名言|情報は共有しつつも均質化させない


大脳は連続運転に弱い臓器で、動き続けると誤作動しやすくなる。それを回復させるのが睡眠。

井上昌次郎の名言|大脳は連続運転に弱い臓器


以前は、東京でいろんな仕事をして、そのやり方を北海道でも活かしたいと思ったりしていたんですが、最近ではローカルのつくり方も、それはそれで面白いと思うようになりました。

大泉洋の名言|別の場所から見てみる効用


金融商品を選ぶときは、預けたお金が減る可能性はあるのか、減るとすればどこまで減るのか、つまり元本割れの可能性があるのかどうかをチェックしましょう。また、増える場合は1年でどれくらい増えるのか、利率ではなく金額に直して判断しましょう。さらに中途解約ができるか、解約した場合どれくらい損をするのか、といった解約の条件なども確認しておくことが大切です。

荻原博子の名言|金融商品を選ぶときに調べるべきこと


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ