内藤忍の名言|服装から伝わるメッセージにもっと気を配るべき

私の場合、スーツにネクタイというフォーマルな服装をすることはほとんどありませんが、カジュアルであっても、色使いや素材の質の良いものを選んで、艶のある服装をするように心がけています。また、シチュエーションに合わせた服装も重要です。たとえば、普段と違ったカチっとした服装で訪問すれば、「今日は真面目な話をしに来ました」ということが相手に伝わります。反対に、プライベートでの食事の場で堅い格好をすれば、相手とのあいだに心理的な壁ができてしまいます。相手と親しくなりたいのなら、思い切りカジュアルな服装にしてみるとか、服装から伝わるメッセージにもっと気を配るべきです。

内藤忍 の経歴

内藤忍、ないとう・しのぶ。日本の経営者。マネックス証券系列会社の金融教育会社マネックス・ユニバーシティ社長。東京大学経済学部卒業後、住友信託銀行に入社し10年にわたり為替ディーリングをはじめ、各種金融商品による運用業務に従事する。MITスローン・スクール・オブ・マネジメントにてMBA取得。シュローダー投信投資顧問で債券と国際分散投資担当のファンドマネジャーを務める。マネックス証券設立に共鳴し同社へ移り商品開発、資産設計などを担当する。各種資産運用セミナーで個人投資家へのアドバイスを行っている。主な著書に『内藤忍の資産設計塾シリーズ』『こんな時代を生き抜くためのウラ「お金学」講義』『高校生にもわかる「お金」の話』など。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

上手な話し方の原点は、話のセンテンスを短くすることです。文字にした場合、長くても60字~80字が目安です。「私は男性です」というように、短い文は主語と述語が明確なので、話が分かりやすくなります。ところが、センテンスが長くなればなるほど意味が分かりにくくなります。

金井英之の名言|上手に話すにはセンテンスを短くすること


私にとってスキマ時間は、TODO仕分けの時間です。スキマ時間を使い、それぞれのTODOをいつ処理するかを整理しています。

太田彩子の名言|スキマ時間にTODOを整理する


混乱があるからこそ、後発組かつ中小・弱小企業の我々でもチャンスを掴むことができた。もし戦後のインフレが今まで続いていたら、財閥企業がますます大きくなって我々が入り込む隙はなかった。

元谷外志雄の名言|混乱があるからこそ、後発組にもチャンスが来る


リーダーは社内はもちろん、社外からもできるだけ多くの情報を取り入れ、最適解を見つけていく。それが企業の変革に一番重要なこと。日本が輝くためにも、情報力、発想力、決断力を持ったリーダーが今こそ必要。

福川伸次の名言|企業の変革に一番重要なこと


こうして僕がやっている新しい医療に対しては「実験医療」と非難する人たちがいます。15年前に人工心肺を用いないバイパス手術をはじめた時にもそう言われましたし、今のロボット手術やアウェイク手術に対しては、同じ心臓外科医からさえもそんなふうに言われることもあります。でも、僕にとって「患者さんの負担をギリギリまで軽くして、完璧な手術をして帰っていただく」という哲学を持って新しい手術を開拓していることについては、外科医として大切な使命と捉えているんです。

渡邊剛の名言|患者さんのために新しい方法に挑戦する


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ