内藤忍の名言|服装から伝わるメッセージにもっと気を配るべき

このエントリーをはてなブックマークに追加

私の場合、スーツにネクタイというフォーマルな服装をすることはほとんどありませんが、カジュアルであっても、色使いや素材の質の良いものを選んで、艶のある服装をするように心がけています。また、シチュエーションに合わせた服装も重要です。たとえば、普段と違ったカチっとした服装で訪問すれば、「今日は真面目な話をしに来ました」ということが相手に伝わります。反対に、プライベートでの食事の場で堅い格好をすれば、相手とのあいだに心理的な壁ができてしまいます。相手と親しくなりたいのなら、思い切りカジュアルな服装にしてみるとか、服装から伝わるメッセージにもっと気を配るべきです。


内藤忍 の経歴

内藤忍、ないとう・しのぶ。日本の経営者。マネックス証券系列会社の金融教育会社マネックス・ユニバーシティ社長。東京大学経済学部卒業後、住友信託銀行に入社し10年にわたり為替ディーリングをはじめ、各種金融商品による運用業務に従事する。MITスローン・スクール・オブ・マネジメントにてMBA取得。シュローダー投信投資顧問で債券と国際分散投資担当のファンドマネジャーを務める。マネックス証券設立に共鳴し同社へ移り商品開発、資産設計などを担当する。各種資産運用セミナーで個人投資家へのアドバイスを行っている。主な著書に『内藤忍の資産設計塾シリーズ』『こんな時代を生き抜くためのウラ「お金学」講義』『高校生にもわかる「お金」の話』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

必要なのはとにかく成功例を増やすことです。間近に成功例を目にするようになれば、起業にチャレンジする人も増え、日本の雰囲気も大きく変わっていくでしょう。

出前展示会(顧客の事業所や研究所で自社製品を展示説明する会)で説明するのは開発部門で設計を担当する20代から30代の若手と決めています。取引先のエンジニアや研究者に直接説明することは、人脈づくりのきっかけにもなるし、理解不足や研究不足から質問に答えられず、冷や汗をかくこともあります。若いときにこうした経験を積み重ねることが技術者育成には重要です。

顧客志向のサービスを提供しながら、教育の振興に寄与したい。民間企業の立場から国力強化を推進することが私の夢です。

うちでは、時間のかかるカツカレーを注文した方がイライラしているようなそぶりをしたら、その方に代わって、従業員が厨房に、「カウンターの方のカツカレーはまだですか?」と聞くようにしています。そうすれば、待っている方は、「ああ、自分のことを忘れていないんだな」と思えます。

買ってくれるということは、お客様が財布からお金を出して投票してくれたということ。

古より議論は易(やす)くして事業は難(かた)し。
【覚書き|事業=物事を実行に移すこと】

日本製は優秀なのだから黙っていても売れるということではなく、相手国のニーズにきめ細かく貪欲に対処していく気持ちが必要。

ページの先頭へ