内藤忍の名言|服装から伝わるメッセージにもっと気を配るべき

このエントリーをはてなブックマークに追加

私の場合、スーツにネクタイというフォーマルな服装をすることはほとんどありませんが、カジュアルであっても、色使いや素材の質の良いものを選んで、艶のある服装をするように心がけています。また、シチュエーションに合わせた服装も重要です。たとえば、普段と違ったカチっとした服装で訪問すれば、「今日は真面目な話をしに来ました」ということが相手に伝わります。反対に、プライベートでの食事の場で堅い格好をすれば、相手とのあいだに心理的な壁ができてしまいます。相手と親しくなりたいのなら、思い切りカジュアルな服装にしてみるとか、服装から伝わるメッセージにもっと気を配るべきです。


内藤忍 の経歴

内藤忍、ないとう・しのぶ。日本の経営者。マネックス証券系列会社の金融教育会社マネックス・ユニバーシティ社長。東京大学経済学部卒業後、住友信託銀行に入社し10年にわたり為替ディーリングをはじめ、各種金融商品による運用業務に従事する。MITスローン・スクール・オブ・マネジメントにてMBA取得。シュローダー投信投資顧問で債券と国際分散投資担当のファンドマネジャーを務める。マネックス証券設立に共鳴し同社へ移り商品開発、資産設計などを担当する。各種資産運用セミナーで個人投資家へのアドバイスを行っている。主な著書に『内藤忍の資産設計塾シリーズ』『こんな時代を生き抜くためのウラ「お金学」講義』『高校生にもわかる「お金」の話』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

大統領選挙後、「実はヒラリーの言っていることは難しくてよくわからなかった」という声も聞かれた。でも見栄もあるから、選挙期間中ははっきり口にできなかった。一方でトランプの言うことはとてもよくわかる。その差が最後の逆転劇につながった。

労働生産性が低いということは、改善の余地が大きいということ。当たり前のことを当たり前にやるだけで、高い成果を出せる可能性がある。

ビジネスパーソン個人は次の3つを心がける必要がある。

  1. 自分が属する会社・業界のビジネスが陳腐化のリスクに常にさらされていることを自覚する。
  2. 常に自ら刷新のイニシアチブをとるように努力する。
  3. ほかの企業や業界に移動できるだけのポータブルスキルを身につけておく。

上場して最も変わったのは、世間からの注目度です。従来もIT業界ではある程度のブランド力があったのですが、上場によって投資家の方々の間での知名度も上がってきました。ビジネスに関する問い合わせも増えています。また売り手市場といわれた今年の新卒採用でしたが、優秀な人材が集まってくれました。

商品説明の場で魅力を端的に表現できない、時間配分を考えずに話してしまう、という方も多い。良い商品を作り、それを伝える術を磨くことは両輪の関係。

先行き不透明な現在は、有名な企業に勤めていたとしても、将来の安定が約束されていません。だからこそ、いつどうなっても対応できるように「将来、何がしたいのか」を考えておくべきです。しっかりと自分と向き合い、将来の目標を見据えることが大切です。

ビジネス上のやり取りや交渉はむしろ、それが終わった後の方が大事なことが多いのではないでしょうか。何となく不満だけれども交渉で負けたのだから仕方がないというのでは、相互の関係を長期的に継続させることは難しい。相手も自分も納得できるようなやり取りにしなければなりません。

億劫がってはいけません。誰かに会いたいと思ったなら、手紙を書く。講演会に参加するのもいいでしょう。自分と違う経験をした人と、会って話してみるだけでもいい。そうやって、人生のタッチポイント(接触点)を増やすのです。その数が多ければ多いほど、知識と視野は広がっていきます。そしてそこから、道は開けていく。

愛情は大切です。僕はいつも愛情の反対語は無関心だといっています。無視こそがコミュニケーションの最大の敵です。いかなるときも関心をもって人に接していくことが大事です。

企業の成長の原動力は、従業員の結束と、創造性の発揮。

ページの先頭へ