内藤忍の名言|ミーティングは相手が何かを得るようにする

このエントリーをはてなブックマークに追加

30分のミーティングであれば、30分という時間を相手からもらうことになります。それによって、相手が得るものがなければ、相手にとってはムダな時間になってしまう。まして、遅刻をしたり、何をしに来たのかよくわからない話をしたりするのは、相手に対して失礼です。そうならないためには、相手に会う目的を明確にすることが大切。相談にうかがうのか、それとも情報交換のための打ち合わせなのか。相手がこちらに期待している以上のメリットを与える気持ちで臨むようにしたいものです。


内藤忍 の経歴

内藤忍、ないとう・しのぶ。日本の経営者。マネックス証券系列会社の金融教育会社マネックス・ユニバーシティ社長。東京大学経済学部卒業後、住友信託銀行に入社し10年にわたり為替ディーリングをはじめ、各種金融商品による運用業務に従事する。MITスローン・スクール・オブ・マネジメントにてMBA取得。シュローダー投信投資顧問で債券と国際分散投資担当のファンドマネジャーを務める。マネックス証券設立に共鳴し同社へ移り商品開発、資産設計などを担当する。各種資産運用セミナーで個人投資家へのアドバイスを行っている。主な著書に『内藤忍の資産設計塾シリーズ』『こんな時代を生き抜くためのウラ「お金学」講義』『高校生にもわかる「お金」の話』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

より大きな成果を上げるためには、周囲の協力が欠かせません。私は人脈を広げるために、お金を相当つぎ込みました。

数字を追いかけるのも大事だが、感謝の気持ちを忘れずにしっかりサービスをするということが最終的な結果につながる。

外国の工場というのは丁寧な開発、精密で微妙な対話や認識を共有しようとしても言葉の制約があったりしてね。単にレーバー(賃金)コストが安いから海外へ出ていく時代はもう過ぎた。

新しい街で、その効果も含めて検証し、既成市街地に住んでおられ一定の住環境を確保されている方たちに対して、効果のほどを提示していく。これをやることによって、さらに住環境が良くなりますよという説明をするについては、実証的なデータが当然必要になりますので。

お客様に好かれる良い社員を育てるために、社員と一緒に店舗の周囲を掃除しています。掃除は掃除する人の心もきれいにする。当初は店の前だけだったのに、人に褒めていただいたりして余分に掃除するうち、2Km以上も掃除したりしています。

損失処理に追われている間は、社内は現場だけでなく部門長クラスまで閉塞感に満ちていました。当社の使命は、日本の不動産に新しい付加価値を創造して、時間と共に価値を増していく魅力的な街づくりを実現することです。私は社員に「負の遺産の処理が終わったら、創造的な取り組みで街づくりをしよう。環境創造型の街づくりを積極的に進めよう」と何度も呼びかけました。

無難な判断ができるようになってきたと思ったら、安全運転ではなく、意識してアクセルを踏み込むようにすべきです。そうやってアクセルの踏み加減とリスクの按配を覚えていくのが本当の成長であり、正しい判断ができるということにもつながるのだと思います。

ページの先頭へ