内藤忍の名言|ミーティングは相手が何かを得るようにする

30分のミーティングであれば、30分という時間を相手からもらうことになります。それによって、相手が得るものがなければ、相手にとってはムダな時間になってしまう。まして、遅刻をしたり、何をしに来たのかよくわからない話をしたりするのは、相手に対して失礼です。そうならないためには、相手に会う目的を明確にすることが大切。相談にうかがうのか、それとも情報交換のための打ち合わせなのか。相手がこちらに期待している以上のメリットを与える気持ちで臨むようにしたいものです。

内藤忍 の経歴

内藤忍、ないとう・しのぶ。日本の経営者。マネックス証券系列会社の金融教育会社マネックス・ユニバーシティ社長。東京大学経済学部卒業後、住友信託銀行に入社し10年にわたり為替ディーリングをはじめ、各種金融商品による運用業務に従事する。MITスローン・スクール・オブ・マネジメントにてMBA取得。シュローダー投信投資顧問で債券と国際分散投資担当のファンドマネジャーを務める。マネックス証券設立に共鳴し同社へ移り商品開発、資産設計などを担当する。各種資産運用セミナーで個人投資家へのアドバイスを行っている。主な著書に『内藤忍の資産設計塾シリーズ』『こんな時代を生き抜くためのウラ「お金学」講義』『高校生にもわかる「お金」の話』など。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

好調なのは一言で言うと、お客様のニーズに各事業が対応できているということだと思います。

青木擴憲の名言|好調なのは、お客様のニーズに各事業が対応できているということ


「順番」が大事。生んだ価値をお金に変えていくのが、目指すところ。合法的でありさえすれば何をやってもいい、とにかく金を儲けようという風に順番をひっくり返して考えてしまうと、結果として思ってもみないところに行ってしまう。

槍田松瑩の名言|順番が大事


最大の苦労は事業を真似されたことでした。くやしいけれど、こっちは美味しいものを出して、差をつけるしかない。真似をしている店の味は本物を超えることは出来ないわけですから。

大石昌明の名言|真似をしている店の味は本物を超えることは出来ない


やっぱり郊外型のお客さんからすれば、近くにヤマダがあることが一番のメリット。当たり前ですよね。投資家さんからもCS(顧客満足)に関する質問をされるんですよ。今度はデータを使って説明できます。実はこうですと。

山田昇の名言・格言|地域によってお客さんの求めるものは違う


顕在化したニーズを新商品にしても魅力が乏しい。

堺美保の名言|顕在化したニーズを新商品にしても魅力が乏しい。


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ