内藤忍の名言|ミーティングは相手が何かを得るようにする

このエントリーをはてなブックマークに追加

30分のミーティングであれば、30分という時間を相手からもらうことになります。それによって、相手が得るものがなければ、相手にとってはムダな時間になってしまう。まして、遅刻をしたり、何をしに来たのかよくわからない話をしたりするのは、相手に対して失礼です。そうならないためには、相手に会う目的を明確にすることが大切。相談にうかがうのか、それとも情報交換のための打ち合わせなのか。相手がこちらに期待している以上のメリットを与える気持ちで臨むようにしたいものです。


内藤忍 の経歴

内藤忍、ないとう・しのぶ。日本の経営者。マネックス証券系列会社の金融教育会社マネックス・ユニバーシティ社長。東京大学経済学部卒業後、住友信託銀行に入社し10年にわたり為替ディーリングをはじめ、各種金融商品による運用業務に従事する。MITスローン・スクール・オブ・マネジメントにてMBA取得。シュローダー投信投資顧問で債券と国際分散投資担当のファンドマネジャーを務める。マネックス証券設立に共鳴し同社へ移り商品開発、資産設計などを担当する。各種資産運用セミナーで個人投資家へのアドバイスを行っている。主な著書に『内藤忍の資産設計塾シリーズ』『こんな時代を生き抜くためのウラ「お金学」講義』『高校生にもわかる「お金」の話』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

市場が成熟している日本や欧米のような市場においては、その中でもこれから成長するカテゴリーを見つけます。今でいえば、ペットやシニアといったことになると思います。逆に成長市場やその手前の勃興市場というのは、市場に存在しないものを提案する。市場やカテゴリーの発展段階など、需要に応じてやっていく。

リーダーは、本社に隠れてはいけません。経営者は最も厳しい状況、すなわち危機の現場に自ら出向くのが基本です。リーダーが現場をサポートすることを示す必要があります。

考えることを怠り、情報やマニュアルに全面的に頼ることで安心を得る人がいます。でもそれは、自分の価値観を人に委ねていることと同じ。いつまでも自信はつかないし、達成感や満足感を得られません。

おもてなしのコツは、「相手がしてほしいことは何か」を考えて、その通りにして差し上げることです。

いまの事務所のオーディションを受けたのは中学のとき。じつは私、不合格だったんです。面接で社長から「色が黒いね」「訛りがあるね」といわれたことが気になって。出身が宮崎だから仕方ないけど、それが原因ならなんとか自己改造しなくちゃと心に決めて、その後の1年間はもう必死でしたね。

より本質的な問題を発見するためには、現状を様々な対象と、様々な切り口で比較して、「差」を浮き彫りにすることが大切。

僕のキャリアは、周りが与えてくれたものです。仕事ってそういうものだと思います。自分が「こうしたい」と決めたことしかやらないと、自己の可能性を狭めてしまいます。それよりは、自分を取り巻く人々の求めに素直に呼応して、与えられた仕事に夢中になって取り組む方が、新しい展開が訪れ、仕事も楽しくなると思います。

僕は自分で経営をやってみて、初めは夜中にガバッと目が覚めるくらい危機感がありました。だから全部自分でやらないと気が済まなかった。でも、あるときスポンサーから「最近の岡田さん面白くない」と言われて、そうか、自分がすべきことはビジョンや夢を語ることだと気づいたんです。それで最近は社員に任せるようにしています。

私どもが、取引先からお中元やお歳暮の受け取りを固辞しているのも、「それならお客様に1円でも安く供給してほしい」という思いからなのです。

苦しくても、常に正直でいる。長い目で見れば、それが仕事で成果を上げる近道。

ページの先頭へ