川村隆の名言|経営再建のときに本当に大事なこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

経営再建のときに本当に大事だったのは、我々はこの後どうやって生きていくのか、会社の方向性を全社員に示す、ということでした。


川村隆 の経歴

川村隆、かわむら・たかし。日本の経営者。「日立製作所」社長・会長、「東京電力ホールディングス」会長。北海道出身。東京大学工学部電気工学科卒業後、日立製作所に入社。電力事業部火力技術本部長、日立工場長、取締役、常務、副社長、子会社の日立ソフトウェアエンジニアリング会長、同子会社日立マクセル会長などを歴任したのち、日立本社の会長兼社長に就任。世界金融危機によって7873億円という巨額な赤字を計上した同社を2年でV字回復させた。そのほか経団連副会長、東京電力ホールディングス会長を務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私の長い道のりは、まだ終わっていない。

ほかの俳優が経験していない、会社員との両立という道を選ぶことで、私にしか表現できないリアリティーに到達したい。

弊社は去年上場しましたが上場が最終ゴールではありません。それはそれで目標でしたが、次の大きな目標へ行くための機会を得たなと、ステップとして考えています。

いつかは人工衛星製造が一般的となり、日本製品が駆逐される日が来るかもしれない。まだ優位性のあるうちに人工衛星を多く打ち上げ、情報収集や分析といった付加価値サービスまで一気通貫して行うビジネスモデルを構築することが重要。

顧客から選ばれるには、特定分野で首位に立つことが大切。例えば、近所で3番目においしいラーメン店は、そのままでは苦しい。しかし、深夜帯に店を開けば、ニッチで一番手となり、来客数向上が期待できる。

私たちの商品、サービス、そして長年蓄積してきたR&D(研究開発)の力、技術力をフルに活用して、社会が抱えている課題を解決すると同時に企業もそこで成長していく。

資金繰りは厳しかったですが、気持ちが折れることはなかったですね。一番大きな後押しは、実証試験の現場で、介護施設の人たちが「これはいい」と評価してくれたことです。

外部環境が変動するのは、農業にとって天候が不順だったり良好だったりするのと同じです。天候が悪ければじっと耐えればいいだけの話ですし、恵まれればそのチャンスを生かすだけです。

いまのような変化の時代は、組織のタテの力が弱くなるのです。実際に、タテの束縛が緩くなってきています。実力のある個人にとっては、自由度が大きくなってきたわけですから、その方がいいと思います。

どのように感じるかはあなた次第だ。

ページの先頭へ