川村隆の名言|人事というものは、モノの考え方を社内外に示す非常によい手段です

このエントリーをはてなブックマークに追加

人事というものは、モノの考え方を社内外に示す非常によい手段です。


川村隆 の経歴

川村隆、かわむら・たかし。日本の経営者。「日立製作所」社長・会長、「東京電力ホールディングス」会長。北海道出身。東京大学工学部電気工学科卒業後、日立製作所に入社。電力事業部火力技術本部長、日立工場長、取締役、常務、副社長、子会社の日立ソフトウェアエンジニアリング会長、同子会社日立マクセル会長などを歴任したのち、日立本社の会長兼社長に就任。世界金融危機によって7873億円という巨額な赤字を計上した同社を2年でV字回復させた。そのほか経団連副会長、東京電力ホールディングス会長を務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

短時間で身につくスキルでは他人と差がつかない。イシュー(問題の核心)に腰を据えて向き合う中で、時間をかけて得られるスキルこそが、価値のあるスキルなのです。

ノートをとる代わりにパソコンを打ち込む人もいますが、私はできるだけ手書きでやっています。原稿を書くときは文章を入れ替えたり、文体を整えたり推敲を重ね、書き直しをするのでパソコンを利用します。

ベルギーとオランダに先駆的なリサイクル炉があり、当社の技術者を派遣して、教えを請うた。「こんな炉は難しいからやめなさい」と言われながら、データを蓄積していった。公開されている技術を勉強して、当社独自のリサイクル炉を目指した。

人間は、自分が「こうだ」と思ってしまうと、その思いを裏づけるのに都合のよい情報だけを集めて、他の都合の悪い情報は省いてしまう傾向があります。目に見えていても見ない、あるいは軽視してしまうのです。これは、偏った根拠の一つ、「確証バイアス」です。

好きな仕事を探すより、目の前の仕事を好きになるほうがずっと簡単で現実的だと思います。「自分の好きな仕事は何だろう?」といくら考えてもわからないし、仮に「これだ」と思っても、それが実現できる保証はありませんから。

ギクシャクしそうな話題から早めに話題を変えるときは「話は変わりますけど」という言葉はNGです。相手は「私の話を聞きたくないのか?」と思ってしまいます。話題を変えるときには、相手の話を肯定してから、自分の意見を述べることです。「それは、素晴らしい考え方ですね。とkろおで、このような考え方もありますが、どうでしょう?」というように、言葉の使い方を工夫しましょう。

短くても過不足のない文章を書くには、次の5点を押さえるようにしましょう。
(1)目的(相手が抱える課題+解決するためのアイデア)(2)実現できたときの状態(3)相手側のメリット(4)具体的な実現方法(5)一言でまとめ(5W1H)実際、提案書や企画書をA4一枚に収めるのは難しいかもしれませんが、最後は一言でまとめましょう。

ページの先頭へ