川村隆の名言|悪い事業は悪くはっきり見せて、直すか潰すかしなきゃいけない

このエントリーをはてなブックマークに追加

悪い事業は悪くはっきり見せて、直すか潰すかしなきゃいけない。良い事業がそれを補っちゃって、何となく、そこそこいいような格好にしておくのが一番良くない。


川村隆 の経歴

川村隆、かわむら・たかし。日本の経営者。「日立製作所」社長・会長、「東京電力ホールディングス」会長。北海道出身。東京大学工学部電気工学科卒業後、日立製作所に入社。電力事業部火力技術本部長、日立工場長、取締役、常務、副社長、子会社の日立ソフトウェアエンジニアリング会長、同子会社日立マクセル会長などを歴任したのち、日立本社の会長兼社長に就任。世界金融危機によって7873億円という巨額な赤字を計上した同社を2年でV字回復させた。そのほか経団連副会長、東京電力ホールディングス会長を務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

本当にすごいアイデアなら認められるはず。認められないということは、何かが足りないんじゃないか。そう考えてみてほしい。認めない上司に文句を言う前に、もっと突き詰めて考えてほしい。

社員を大きく成長させる秘訣は、系列会社などの、物理的に組織の大きくないところで仕事をさせることです。とくに海外の子会社などでは、日本の平社員がいきなりマネージャーになって、一人で二役も三役もこなさなくてはならないのが普通です。これは成長の場として非常に有効性が高いと思います。

医学生時代に、医師国家試験に合格するためにこんな参考書があればいいなという思いから作り始め、現在もユーザーの視点で作っているので、多くの読者の支持を得られているのだと思っています。経営者となった今でも、私自身が企画の段階から目を通し、現場の編集者にはもっとこうしたらわかりやすくなるんじゃないかとアドバイスしています。
【覚書き|メディックメディアのベストセラーのイヤーノートについて語った言葉】

部下がいる場合は、なんでも自分でやっていては部下が育たない。それでは管理職としての能力も問われてしまう。それに自分でこなす仕事量も増えるので最後には体に不調をきたします。

企業のトップとは社会のリーダーだからです。これからの社会をつくっていく立場にあるリーダーだからこそ、真剣に考えていただきたい。

人は確信をもってはじめると、それは疑いに終わる。しかし、疑いながらはじめることに満足するなら、それは確信に終わる。

組織というものは、全部悪いということはないんです。カルビーもそう。いいところもたくさんあったけれど、弱点もあったと。

ページの先頭へ