フランソワ・ティボーの名言|創業者のためではなく、消費者のために働く

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブランド名のティソは創業者の名前ですが、私も社員も、一度も創業者のために仕事をしたことはありません。では、誰のためか? それは消費者のために他なりません。どうすれば消費者を喜ばせることができるか、そのことだけを考えながら時計作りをしています。


フランソワ・ティボー の経歴

フランソワ・ティボー。スイスの時計メーカー「ティソ」の社長。スウォッチ・グループに入り、傘下のティソブランドの責任者に就任。同社の社長を務めた。そのほかバーゼルワールド(世界最大の宝飾と時計の見本市)の諮問委員、スイス時計協会役員などを務めた。スイス時計業界の重鎮。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

米ディスカウントストア大手のターゲットで2013年、大規模な情報漏洩が起き、CEOが辞任に追い込まれました。株価は瞬時に暴落し、集団訴訟も起こされました。セキュリティー対策は、こうした事態を防ぐために必要な投資なのです。サイバー攻撃からどうやって企業を守るのか。経営者は戦略を真剣に考え直すべきです。

問題があった時には、物事の本質を見抜くことが重要。そして、問題点を整理して改革を実行していく。

企業の歴史や本質を踏まえた差別化戦略でないと意味がない。

社長就任以来、私は「元気、勇気、夢」という言葉を掲げてきました。仕事とは厳しくて大変なものです。しかし、だからこそ楽しくやりたい。元気を出して自分から動けば楽しくなります。問題には勇気をもって正面から当たる。そうすれば夢につながります。

営業マンは、個人の成績が重視され、個人プレーに陥りがちです。しかし、営業に課題解決力が求められる中、個人のアイデアや成功体験をチームで共有し、強いチームをつくることが必要になります。チームミーティングで営業実績を報告し、次はもっと頑張れとハッパをかけるだけでは、チームの活性化にはなりません。

人生では「ここは踏ん張らなきゃ」ってときが必ずある。そんなときに「もうちょっとだけ踏ん張ろう」と生きてきた。

新入社員にオリジナリティはない。謙虚の一語を叩きこみ、この人だと思う人の真似をするといい。

ページの先頭へ