中原淳の名言|付加価値の高い経験を手にするには

このエントリーをはてなブックマークに追加

誰もが付加価値の高い直接経験を手にできるわけではありません。獲得するためには、経験の持つ3つの特徴を押さえておく必要があるでしょう。

  1. 経験とは「資源」であるということ。それは、悲しいかな、全員に均等配分されるわけではありません。将来の見通しを持って付加価値の高い経験へと前向きに取り組み、こなせる人に対し、上司の手によって選択的に配分されるということです。
  2. 経験とは「資本」として機能するという側面があるということ。つまり、付加価値の高い経験を成し遂げた個人は、上司に「あの経験を積んでいるから、これもこなせるだろう」と判断され、さらに大きな経験を付与されます。
  3. 経験によって得られた価値を第三者に示すには、ストーリーが必要であること。どのようなことを経験し、そこから何を得たのか。定期的に内省(振り返り)し、語れるようにしておくことが求められます。

中原淳 の経歴

中原淳、なかはら・じゅん。日本の教育学者。北海道出身。東京大学教育学部卒業、大阪大学大学院人間科学研究科博士課程修了。文部科学省大学共同利用機関メディア教育開発センター助手、東京大学大学総合教育研究センター講師、同助教授、同准教授、東京大学大学院学際情報学府准教授。主な著書に『企業内人材育成入門』『ダイアローグ 対話する組織』『ここからはじまる人材育成』『リフレクティブマネジャー』など。専門は職場学習論、人材発達支援論。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私は社長になって、資本主義の厳しさを痛感しました。過酷な資本主義の中では、収益をあげるために人材を過酷に使いますが、それで社員が幸せになれるのでしょうか。また、大企業は優秀な人材を集めて、つまらない仕事も優秀な人にやらせます。これはおかしいという思いもありました。中小企業は大企業のように優秀な人材を潤沢には集められません。社員を会社の中で有効に使い会社が繁栄するとともに、かつ社員が幸せになる道をと考えた制度です。
【覚書き|同社の独自な人事制度について語った言葉】

うちの本社は創業以来、東広島にあります。全国展開するようになってからもずっと動いていないので、「何か特別な理由があるんでしょうね」と言われますが、何もありません。私の地元なので、個人的な愛着はあるけれど、海外展開のことを考えたら、将来はもっと便利なところに本社を移すかもしれません。先のことはわかりません。すべては状況次第です。

いつも偉そうで、すぐキレる上司の場合、心理学的に見ると、彼らが偉そうにしているのは常に心のどこかに不安を抱えているから。周りから凄いと思われたい承認欲求が強いけれど、実際には自らが望むような評価が得られていない。偉く見せることで自分の気持ちを保っているのです。これまでの成長プロセスのなかで身につけた姿勢ですから、彼らの生き方は今さら変えられません。

多くのサラリーマンに欠けているのが、「いかに収入を増やすか」という視点です。

私は気が短いので仕事は即断即決。

M&Aの場合、相手先企業があっての話になりますので、人と人とのつながりがどうなっているのかがポイントになります。ですから、スキルを勉強するだけでなく、人とのつながりを大切にする人間性も必要。

当社のモットーは、「1社に100台のモーターを売るより、100社に1台ずつ売る」ということです。非常に多くのお客様と取り引きさせていただき、その業種も多岐にわたっています。そのお陰で、景気動向の影響を受けにくい体質になっています。

ページの先頭へ