渡部卓の名言|部下を叱るときのポイント

部下を叱るときは手短に理由を話すことが大切です。相手本人の頭で理解させ、責任の追及が目的ではないと理解させることがポイントです。

渡部卓 の経歴

渡部卓、わたなべ・たかし。日本の産業カウンセラー、エグゼクティブコーチ。早稲田大学政治経済学部卒。モービル石油に勤務したのち、コーネル大学で人事組織論を学び、ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院でMBAを取得。その後、日本ペプシコ、AOL、シスコシステムズ、ネットエイジなどを経てライフバランスマネジメントを設立。そのほか、ビジネス心理士協会常任理事、帝京平成大学現代ライフ学部教授などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

部下が自分の役割として、すべきことをしていないとき、いい加減に取り組んで判断を間違えたときは、真剣に叱りました。チームとしていい方向に導き、目標を達成するという使命がありますから。当時の部下から「怖かった」と言われます。

川村誠の名言|目標を達成する使命に従って叱る


部下を叱るとき感情そのものを消し去ることは非常に難しく、薬でも使わない限り、そんなことは不可能です。ではどうすればよいかというと、感情の背景にある自己の思考をコントロールするしかありません。相手が置かれている状況を冷静に情報収集しながらロジカル(論理的)に考えられれば、感情の暴走は最小限にとどめられます。また、感情が暴走しそうなときは、まず一呼吸置くことです。

最上悠の名言・格言|感情を抑えるにはロジカルに考える


叱るのは瞬間的な判断です。その場の行為を見て、「このやろう」と思ったときに叱るのです。タイミングを失ったら叱る効果がなくなります。しかも、私は人前で叱るべきだと思います。そうすることで周囲の人間にもぴーんと響きます。次の日、応接間に呼んで叱っても意味はありません。叱るにもタイミングが大切なのです。

染谷和巳の名言|部下を叱るときは、その場で、いますぐ、人前で


スタッフのミスも頭ごなしに叱ることはしないで、そのスタッフの言い分もしっかり聞くようにしました。部下からの信頼を得て、それをもとに彼、彼女らの仕事の質を上げていくためには必要なことだと思います。

岩片和行の名言|スタッフの言い分もしっかり聞くことの大切さ


部下を叱るというコミュニケーションの場で起こりがちな問題は、そこに上司の感情が入りすぎてしまうことです。基本的に人は感情をぶつけられると苦しく感じるものです。ただし、受け取る側が理解し、コントロールできる範囲の感情であれば心地よく感じることもあります。体育会系で先輩に殴られても感謝しているような人はその極端な例でしょう。

最上悠の名言・格言|部下を叱るときには感情を抑えて行う


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ