永井孝尚の名言|朝の勉強会に集まる人はポジティブ

朝早く集まる人の勉強会というのは、約束を守れる、ポジティブな人々の集まりともいえるだろう。会全体の空気も自然と前向きでエネルギッシュなものになるから学べることも非常に多い。

永井孝尚 の経歴

永井孝尚、ながい・たかひさ。日本のコンサルタント。慶應義塾大学工学部計測工学科卒業後、日本IBMに入社。マーケティングマネージャー、ソフトウェア事業部SWGイネーブルメント部長などを務めたのち独立し、マーケティング、戦略思考、問題解決などのビジネススキルについて教えた。著書に『100円のコーラを1000円で売る方法』『残業3時間を朝30分で片づける仕事術』『「戦略力」が身につく方法』ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

あなたがどのような決断を下しても、前向きに生きようとしている限り、辛い経験はいずれ必ずあなたの力になる。

小さくても感謝、幸福、幸運を感じることが個人の意識を前向きな思考に変える。

環境や他人のせいで嫌いになるなんていうのも、結局はその人本人の責任なんだもんね。どんなに悪い条件のときにも、前向きに考える余地はあるはずですから。

組織は上司が動かすものではない。前向きな言葉を投げかけて、改善策を練る。こんな部下の言動ひとつで社内の雰囲気が変わるし、解決できる課題は意外と多い。

「粘り強く、どんな困難にぶつかっても、決してあきらめない人」「前向きな気持ちを持ち続けられる人」「つねに謙虚な気持ちをもっている人」。この三要素を兼ね備えた人は、成長し続けられる人であると思います。

気の合わないメンバーとチームを組んで行なうプロジェクトなどに対しては、積極的に向き合う気持ちも失せてしまいがちです。しかし、こうした場面でも、無理やりにでも楽しむことで驚くほど状態が変わることがあります。「この経験で成長できるかも」「これを機に、この人のよいところを見つけられそうだ」などなど、前向きな言葉を声に出して気持ちを高めましょう。

経済や金融市場の先行きは、今、極めて不透明です。受け身の姿勢だけで対応するのは難しい。前向きな行動が求められる。

常に前向きに挑戦し続けることが大事。そして自分のやったことには自信を持て。

人生には波があることをスケートから教わりました。それを受け入れた時、過去の成功体験に固執しなくなりました。ですからどんな状況に置かれても、前向きに変化しようと思えるんです。

私のモットーは「常に謙虚に、意気高らかに」です。私は、常に前向きに走り続けます。

ページの先頭へ