鍵山秀三郎の名言|土台をおろそかにしたまま、いくら策を講じても儚い

本当の力を蓄えるにはやっぱり時間がかかるということを忘れてはいけません。まずそれには、明治維新のときのように、日本人としての精神の土台がきちっとしなければならないと思うのです。土台をおろそかにしたまま、いくら策を講じても儚いものです。

鍵山秀三郎 の経歴

鍵山秀三郎、かぎやま・ひでさぶろう。日本の経営者。カー用品販売大手のイエローハットの創業者。東京都生まれ。疎開先の岐阜県の高等学校卒業後、上京。東京でカー用品販売のデトロイト商会に入社。10年程同社で実務を経験したのち、独立してイエローハットの前身であるローヤルを創業した。掃除にこだわりを持ち、清掃美化の啓蒙促進活動をしているNPO法人日本を美しくする会の相談役なども務めている。

こんな名言はいかがですか?新着 名言

名言レコメンド
このボタンクリックすると、おすすめ名言が表示されます。

ページの先頭へ