松下幸之助の名言|ダイヤモンドの原石は磨かなければ光らない

このエントリーをはてなブックマークに追加

私は、人間というものは、たとえていえば、ダイヤモンドの原石のような性質をもっていると思うのです。すなわち、ダイヤモンドの原石は、もともと美しく輝く本質をもっているのですが、磨かなければ光り輝くことはありません。


松下幸之助 の経歴

松下幸之助、まつした・こうのすけ。日本の経営者。「松下電器産業(のちのパナソニック)」創業者。9歳の時に父が米相場で破産したため尋常小学校を4年で中退し丁稚奉公に出る。16歳で大阪電燈(現:関西電力)に入社し7年間勤務。在職中に電球ソケットを考案した。その後同社を退社し独立。水道哲学、ダム式経営など独特な経営哲学で同社を日本屈指のグループ企業へと育て上げた。松下政経塾、PHP研究所の設立者でもある。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

創業の目的は、オンリーワンになりたいということ。ジーンズはアメリカから入った文化ではありますが、そこには日本人のモノづくりが生かされていませんでした。そうであるなら我々が日本のデニムとして世界に打って出ようという思いが強まった。

大事なのは、早め早めに上昇相場を捉えて、リズム良く投資リターンを積み上げていくこと。一度の上昇相場で腹いっぱいもうけようとはせず、毎回そこそこの利益を積み上げるので構わない。それらが、複利効果をもたらしてくれるにつれ、とんでもない財産となっていく。避けなければならないのは、相場を意識し過ぎて後手後手の投資を繰り返すことだ。

もし私がこのミドリムシの事業を一人で始めていたらとっくに止めていたと思います。毎日営業の電話をして、ミドリムシの説明をして回る日々が続きました。営業の度に「他に採用実績がないのなら帰れ」と言われる。毎日3年間これがずっと続くのですから。ユーグレナは私を含む3人で始めた会社です。3人だと、「ここまで来たのだからあと1週間頑張ってみようよ」とへこんでいる仲間を励ますことができました。1人ではなく、3人でやるとチームになるのです。ですから、難しい事業を始めるときは、1人ではなく、チームで仕事を始めるのが大切です。

お金がないなら知恵を使い、知恵がないならネットワークを使うこと。

私はこれまで「赤字は罪悪」と公言してきましたが、今回の不況で赤字はさらに深刻な意味を持ち始めました。倒産の引き金と断言してもいいと思います。実際、昨年の大型倒産のなかには、決算は黒字でもキャッシュフローが赤字になり、資金繰りがつかずに破たんした実例があります。

始業時間とは、社員一人一人が自分の任務を負って、仕事に取りかかる時間のことです。そのとき、社員にとって仕事を始める材料がすべてそろっているようにするのが、上司やトップの役割です。始業時間ギリギリに来て、それから部下の仕事に必要な決裁を始め、部下がす部には仕事に取りかかれないような状態をつくり出す上司は失格といわざるを得ません。

自分が顧客だったらして欲しいと思うことをやればいいだけ。

ページの先頭へ