青木仁志の名言|会社に理念と志が必要な理由

会社とは、「理念」を掲げ、「志」で動かしていくものだと私は考えています。個人でできないことをするために、組織がある。経営者に志があれば、それに共鳴するピカピカのよい人材が集まってくる。それぞれが自分の責任を果たそうとして、結果、経営が上向きになる。企業の発展は、その結果なんですね。

青木仁志 の経歴

青木仁志、あおき・さとし。日本のセールスマン、経営者。北海道出身。10代でセールスの世界に入る。ブリタニカのトップセールスマンとして数々の賞を受賞。同社でトップマネジャーを経験する。能力開発教育会社にヘッドハンティングされ、マネジャー、営業統括本部長、取締役などを務め、売上を7倍にする。その後、独立し人材教育コンサルティング会社アチーブメントを創業。5名でスタートした同社はグループ企業も含め100人を超える規模になっている。主な著書に『売る技術』『伝達力 話すプロの伝わる技術』など。そのほか、日本選択理論心理学会常務理事、NPO日本リアリティーセラピー協会専務理事、社団法人 生命保険ファイナンシャルアドバイザー協会理事、法政大学大学院 政策創造研究科 客員教授なども務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

たとえ人との関係を築くのが苦手でも、たくさんの人と出会っていけば、人に向き合う際の自分の「型」ができてきます。その「型」があれば、どんな相手に対しても心の中では同じスタンスで接することができます。相手によって変わらない態度が、人との絆を深めていくのです。

林文子の名言|人付き合いが苦手だったら多くの人に会うことが重要


こまごまとした雑務を人に任せると、その分空いた時間や労力を新規客を獲得するマーケティングの活動のために使えます。また、本業で忙しくても、これなら両立も可能です。

田渕裕哉の名言|雑務を人に任せる利点


最悪の時期を脱するため、あるいは最悪の状況に陥らないためには、自分の精神のインフラ、下部構造をしっかりしておくことが肝心です。いまのビジネスマンはあまりに多忙ですが、金融はともかくメーカーは1秒、2秒を争うことに本当に意味があるのか。それよりも自分を陶冶(とうや。人間形成や教育)する時間が大切だと思います。

松本正義の名言・格言|ビジネスマンは人間形成に時間を使え


もし雑談が上手になりたいのであれば、まずは自分と相手の経験を重ね合わせることを意識することです。そうすれば徐々に話題が相手にヒットすることも増えて、アプローチするのが苦ではなくなっていくはずです。

山本高史の名言|雑談上手になるには


東京生まれで実家暮らし。僕には「成り上がってやる」みたいなハングリーさはなかった。でも、その場その場でやるべきことは真剣にやる。教わることは素直に学ぶ。それを続けてきた。

小堺一機の名言|やるべきことは真剣にやる。教わることは素直に学ぶ。


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ