青木仁志の名言|会社に理念と志が必要な理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

会社とは、「理念」を掲げ、「志」で動かしていくものだと私は考えています。個人でできないことをするために、組織がある。経営者に志があれば、それに共鳴するピカピカのよい人材が集まってくる。それぞれが自分の責任を果たそうとして、結果、経営が上向きになる。企業の発展は、その結果なんですね。


青木仁志 の経歴

青木仁志、あおき・さとし。日本のセールスマン、経営者。北海道出身。10代でセールスの世界に入る。ブリタニカのトップセールスマンとして数々の賞を受賞。同社でトップマネジャーを経験する。能力開発教育会社にヘッドハンティングされ、マネジャー、営業統括本部長、取締役などを務め、売上を7倍にする。その後、独立し人材教育コンサルティング会社アチーブメントを創業。5名でスタートした同社はグループ企業も含め100人を超える規模になっている。主な著書に『売る技術』『伝達力 話すプロの伝わる技術』など。そのほか、日本選択理論心理学会常務理事、NPO日本リアリティーセラピー協会専務理事、社団法人 生命保険ファイナンシャルアドバイザー協会理事、法政大学大学院 政策創造研究科 客員教授なども務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

一生懸命に頑張るからこそ、いまがチャンスというタイミングがわかる。

じっくりと構え、兵法を修行することは武士の役目と心得て、今日は昨日の自分に勝ち、明日は自分より下の者に勝ち、後には上手に勝つというように考え、修行して、少しも脇道に心引かれないように心がけるべきである。

今年は「イノベーションへの挑戦」をテーマに、インフラ整備、営業や店舗運営責任者のスキル強化に加え、新たなビジネス・オポチュニティの獲得にも前向きにトライしています。これまでドライブスルー、サービスエリア、病院、公園など、スターバックスは常に新たな立地を開拓してきましたが、今後は住宅地に進出することも視野に、繁華街の店舗とは異なるコンセプトでの出店の可能性も探っていく考えです。

ひとりで歩道を歩いているとき、前方から自動車が突っ込んできた。自分は交通規則にのっとって歩いている。自動車は本来、車道を通行するべきものだから、私が自動車を避ける必要はない。たとえそう考えたとしても、実際には自動車を避けることになるはずだ。つまり「自分は悪くないのだから、何もする必要はない」という考え方は正論ではあるが現実的ではない。

社長になったときに「ノーと言える社内風土を作ろう」と呼びかけました。大屋晋三元社長が1980年になくなった後、当社は堅実な会社になり、利益も結構出ていました。ただ、成長はほとんどなく、守りに入ってしまっていた。上が言うことには従うが、自発的に考えるということが少なかった。そこを変ええないと、会社は変わらないし、活気は出ないと思ったのです。私は若いころに会社のトップにノーと言った経験があります。こんな経験から、社長になってからは遠慮なく意見を言おうと呼びかけたわけです。

トータルで600万台という目標数値に意味があるのではなくて、各々の地域がお客様に継続的に喜ばれる活動ができる地盤を作り上げることが大事。

地頭が良い人は、「そのセオリーが成り立つ前提は何か」ということまで理解していて、矛盾する現象が起きたときには、前提のどこが崩れたのかきちんと考えます。

日本はいま、社会的にも経済的にも厳しい状況にあります。従来経済をけん引してきたはずの製造業も、いまは苦しい立場に陥っています。この局面を乗り越えるには、創造性のスキルを身につけることが何より大切になってきているのです。

活後もしっかりサポートすることで「IBJで活動してよかった」と感じてくださる人が増えれば、会社の評判は高まります。手間をかけてサービスへの満足度を向上させることを、短期的な売り上げよりも重視しています。

執行をする人が中途半端に監督を兼務しても、トップに何も物が言えない。私が創業家出身だからという背景もありますが、それを抜きにしても、執行と監督は分けるべきです。

ページの先頭へ