青木仁志の名言|会社に理念と志が必要な理由

会社とは、「理念」を掲げ、「志」で動かしていくものだと私は考えています。個人でできないことをするために、組織がある。経営者に志があれば、それに共鳴するピカピカのよい人材が集まってくる。それぞれが自分の責任を果たそうとして、結果、経営が上向きになる。企業の発展は、その結果なんですね。

青木仁志 の経歴

青木仁志、あおき・さとし。日本のセールスマン、経営者。北海道出身。10代でセールスの世界に入る。ブリタニカのトップセールスマンとして数々の賞を受賞。同社でトップマネジャーを経験する。能力開発教育会社にヘッドハンティングされ、マネジャー、営業統括本部長、取締役などを務め、売上を7倍にする。その後、独立し人材教育コンサルティング会社アチーブメントを創業。5名でスタートした同社はグループ企業も含め100人を超える規模になっている。主な著書に『売る技術』『伝達力 話すプロの伝わる技術』など。そのほか、日本選択理論心理学会常務理事、NPO日本リアリティーセラピー協会専務理事、社団法人 生命保険ファイナンシャルアドバイザー協会理事、法政大学大学院 政策創造研究科 客員教授なども務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

経営といい、商売といっても、これは結局、人間が行なうものである。人間が行なうものであるからには、経営や商売は人間をぬきにしては考えられない。というよりもむしろ、人間を中心において考える、人間を主体に考える、ということが非常に大切ではないかと思う。

未来を不安に思って悩んでいたら、今が疎かになってしまう。変えられる未来を作れるのは、今しかない。一番伝えたかったことは、「今を生きる」こと。

僕はいつもシンプルに物事を考え、決断してきた。ごちゃごちゃ余計なことを考えるから、失敗しちゃうんだ。シンプルに本質に迫ることは解決への近道。

スズキのクルマづくりがここまで進化できたのは、GMという「いい師匠」に恵まれて、技術者を育ててもらったということ、これはもう120%確かなことです。

海外展開を今後やるなら、有名な海外サイトとリンクして、一体が抱える約2300軒のホテルや旅館に誘導するのが正しいかもしれない。海外の予約サイトは日本の旅館の開拓なんてできるはずがない。ですから、裏方に徹してインフラを提供し、表面上はほかのサイトで予約している形にする、ということは考えています。その時の一体の強みはJTBでさえ圧倒的に及ばない高級旅館のネットワークです。

自分を「頑張れる奴」と定義して歯を食いしばるか。それとも「バカ」と定義して甘えるか。どちらが人を伸ばすかは明らか。だから、言葉を発する時は、それが「プラスになるのかマイナスになるのか」と、一歩引いて見る目を養うことが、とても大切。

近年、人類のサステナビリティにかかわる地球規模の社会問題が相次いで浮上してきました。その多くは、従来の考え方や過去の技術の延長では簡単に解決することはできません。こうした状況の中で、企業が果たすべき役割も変わるべきだと思っています。半導体・電子部品メーカーのロームは、「省エネルギー」や「小型化」の技術を追求しながら、様々な形で社会に貢献するつもりです。

株式市場は決して崇高な場所などではありません。相場は相場の中から生まれ、相場は理論や分析ではなく人の心理と心理の戦争で成長するものです。機械的なスクリーニングなどではなく、人間が主役であるべき企業を人間の目でみることが大切ということです。

米国のサウスウエスト航空は格安航空会社(LCC)の先駆けとして大成功した企業で、創業者らは銀行家や弁護士など航空ビジネスの素人でした。しかし経験がないからこそ、「常識」を無視した戦略を打ち立てられました。インディ500のピットインを真似て航空機の地上滞在時間を短縮したり、パイロットや客室乗務員が荷物の積み込みを手伝ったりするなど、その手法は型破り。従業員の募集条件は、「経験不問」ではなく、「経験者不可」。つまり「業界のプロ、お断り」です。プロでは柔軟な発想ができないと知っていたからです。

夢を実現する過程が明確化すると、自然と「やれそうだな」という気持ちになります。これは心理学用語で「内発的動機」と呼ばれ、人に強制される「外発的動機」より練習の効果を高めることが分かっています。

ページの先頭へ