青木仁志の名言|会社に理念と志が必要な理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

会社とは、「理念」を掲げ、「志」で動かしていくものだと私は考えています。個人でできないことをするために、組織がある。経営者に志があれば、それに共鳴するピカピカのよい人材が集まってくる。それぞれが自分の責任を果たそうとして、結果、経営が上向きになる。企業の発展は、その結果なんですね。

青木仁志 の経歴

青木仁志、あおき・さとし。日本のセールスマン、経営者。北海道出身。10代でセールスの世界に入る。ブリタニカのトップセールスマンとして数々の賞を受賞。同社でトップマネジャーを経験する。能力開発教育会社にヘッドハンティングされ、マネジャー、営業統括本部長、取締役などを務め、売上を7倍にする。その後、独立し人材教育コンサルティング会社アチーブメントを創業。5名でスタートした同社はグループ企業も含め100人を超える規模になっている。主な著書に『売る技術』『伝達力 話すプロの伝わる技術』など。そのほか、日本選択理論心理学会常務理事、NPO日本リアリティーセラピー協会専務理事、社団法人 生命保険ファイナンシャルアドバイザー協会理事、法政大学大学院 政策創造研究科 客員教授なども務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ名言

ページの先頭へ