中原淳の名言|脅かしてくれる人、慰めてくれる人両方を周囲に置くことが大切

このエントリーをはてなブックマークに追加

僕の場合は、自分の周りに常に「緊張屋さん」と「安心屋さん」がいてくれるようなネットワークをデザインしています。緊張屋さんは「君、このままではヤバいよ」と脅かしてくれる人、安心屋さんは「君は今のままで大丈夫だよ」と慰めてくれる人。周囲が緊張屋さんばかりだとメンタル的につらいし、安心屋さんだけだと研究者として丸くなってしまう。両方がそろっていれば、振り返りの機会を持つことにつながります。


中原淳 の経歴

中原淳、なかはら・じゅん。日本の教育学者。北海道出身。東京大学教育学部卒業、大阪大学大学院人間科学研究科博士課程修了。文部科学省大学共同利用機関メディア教育開発センター助手、東京大学大学総合教育研究センター講師、同助教授、同准教授、東京大学大学院学際情報学府准教授。主な著書に『企業内人材育成入門』『ダイアローグ 対話する組織』『ここからはじまる人材育成』『リフレクティブマネジャー』など。専門は職場学習論、人材発達支援論。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

幸福を数えたら、すぐ幸福になれる。

企業競争力の源泉は、現場力にあると私は考えています。現場力とは企業の各現場が自律的に問題を発見し、解決する能力です。

場数を踏む時は、「うまくいったこと」に気づき、それを次に生かすことが大事。

セコムの強みをさらに強くして、世の中の困りごとの解決策を提示していきたい。お客様のお困りごとからサービスを創っていく。

常にニーズとウォンツを考えた経営をしています。

リーダーが立派な人間性、人格を備えていなければ組織を引っ張っていけない。

マイクロソフト日本社長時代、とくに最初の2~3年は忙しかった。私が対応できたのは「手を抜くところを知っていた」からでしょう。とくに、部下に何でも任せ切りました。意思決定させるだけでなく、報告すら聞かない。だから、アメリカ本社からCFO(最高財務責任者)が来日する際などは、資料を一夜漬けで暗記しました。もっともビル(ビル・ゲイツ)は、「お前、どうせ見てないだろ」と最初からわかっていましたけどね。でも、部下はものすごく成長する。社長がこんなだから、部下たちが直接ビルをはじめアメリカの経営陣とやり取りする。経営センスも身につきますよ。

たとえば、伊勢神宮参りでは、内宮に行く前、宇治橋を渡るだけでもう清涼な雰囲気を感じて、伊勢神宮に来たという気持ちになる。学校でもきちっとした学校は、近くに行っただけでいい学校だと分かります。人間の心は見ているものに似ていく。だからこそ、よい会社の雰囲気をつくっていれば、社員の心情はおのずと安らぎ、正しい仕事につながっていく。これが私の信念なのです。

営業先の経営状態はもちろん、お客様の仕事への思いや価値観といった深い部分をつかむと、面談時に成約する確度が高まります。

コスト削減プロジェクトで重要なのは、削減目標と期限を明確にし、達成することの価値を従業員にはっきりと示すことです。目標を定めるからには、取組前の数値はもちろん、進行中の数値の変化も「見える化」する必要があります。継続的に現状がモニターできないと、成果が見えずモチベーションが続きません。そして、達成したらどんないいことがあるかを、経営者の強い意志とともに従業員に伝えるのです。

ページの先頭へ